浮気をして責任逃れはさせない。

慰謝料を払わないで済むように画策する浮気夫たちが多い。

このような夫たちの傾向として、とにかく妻を精神的に追いこんでくる。

毎日のように妻に離婚を迫ってくる。

なぜ、お前は離婚を承諾しないんだ・・・

今、離婚すれば養育費は払ってやる・・・

離婚しないお前の目的は何なんだ?・・・

もうこの家庭に何の意味があるんだ・・・

妻を精神的に弱らせて離婚を承諾させる作戦なのだ。

全くセコイ話である。

もしアナタの夫が突然、毎日のように離婚を迫ってきた場合、

「浮気がバレないうちに離婚しよう作戦」である可能性が高いのです。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  ホームページ

でっち上げのDVと保護命令

依頼の内容は別居をしている奥さん(B子さん37歳)の行動調査であった。

経緯としては半年前からB子さんの不審な行動が目立ち始めた。

週末になると子供(C君6歳)を連れて実家に帰る。

だが、AさんがC君に話を聞くと、

B子さんはC君を祖母に預け、いつも出かけているらしい。

そしてAさんがB子さんを問い詰めた。

B子さんは逆ギレをして話し合いにもならなかったそうだ。

翌日、B子さんはC君を連れて実家に帰ってしまう。

Aさんは何度かB子さんの実家に行くのだが、

B子さんは一切、出てこようとしない。

その後、Aさんの元に裁判所から一通の書面が届く。

B子さんの申し立てによっての「接見禁止命令」であった。

B子さんはありもしないAさんからのDV被害をでっちあげ、

そしてAさんが自分に近づけないようにしたのであった。

そこで探偵に調査を依頼されたのだ。

早速、調査を開始する。

すぐにB子さんの浮気の事実が確認された。

C君を実家に預け、B子さんは浮気相手の男のマンションに入り浸りの状況であった。

探偵の報告を受け、Aさんは怒りがこみ上げてきたそうだ。

自分の浮気を隠すため、DVをでっちあげ、そして裁判所に接見禁止を申し立てる。

Aさんが怒るのは当然であろう。

その後、AさんはB子さんとその浮気相手に慰謝料を請求する。

そしてC君の親権を要求。

最終的にB子さんと浮気相手は慰謝料を支払い、

C君の親権、観護権はAさんが得ることとなった。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所ホームページ

冷静に現実を受け入れる

例えば夫の浮気問題が発覚。

妻(女性)は的確に夫の行動を分析し、状況を受け入れることができる。

だが、夫(男性)の場合、なかなか妻の浮気の事実を受け入れることができない。

探偵がいただくご相談・・・・・

妻が最近、外泊をするのですが、浮気しているのでしょうか?

妻がラインで男とデートの約束をしているのですが、浮気をしているのでしょうか?

妻が男とラブホテルから出てくるところを見たのですが、浮気しているのでしょうか?

明らかに妻の浮気の事実があるのに、

それを現実として受け入れられない夫(男性)が多い。

夫(男性)は現実を受け入れてください。

そこからが浮気問題の解決へのスタートです。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所 ホームページ

浮気と車の傾向

探偵は色々な調査を通じ、浮気のあらゆる傾向が見えてくる。

その傾向の一つ・・・・

妻の乗っているクルマの背が高いほど浮気率が高いことです。

例えばダイハツ車の場合、背の低い順にミラ、ムーブ、タントとなる。

そして圧倒的にタントに乗る妻の浮気が多い。

その次にムーブとなる。

また、スペーシア、エヌボックスなど他のメーカーの車にも同じ傾向がある。

理由は分からないが明らかにその傾向があるのです。

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所 ホームページ

カーセックスの最中に御用!!

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

旭川市在住のA子さん(39歳)から
夫 Bさん(35歳)の浮気調査をご依頼いただく。

数ヶ月前からBさんの帰宅時間が遅くなり、

自宅にいる時は常に携帯電話を離さない。

子供にも無関心になっていったらしい。

そのような経緯があり、探偵に依頼することになった。

早速、調査を開始する。

やはりBさんの浮気が確認された。

相手はBさんの会社の同僚女性 C子さん(33歳)。

なんとC子さんも結婚しており、W不倫であった。

密会のパターンは退社後、公園の駐車場にそれぞれの車で行く。

そしてBさんの車にC子さんが乗り込む。

Bさんの車は8人乗りのアルファード。

探偵は車内の状況をあらゆる方法で確認する。

やはりカーセックスをしていたのだ。

互いに結婚しているため、ラブホテルに行くほどの時間が取れないため、

カーセックスでの浮気を楽しんでいるのだろう。

以上をA子さんにご報告させていただいた。

休日には自分と子供を乗せて、買い物や遊びに出かける車で

カーセックスをしていることにA子さんは怒っておられた。

そしてA子さんは調査の最終日にある計画を実行した。

○月○日・・・・ 午後6時。

A子さんはBさんの職場の駐車場に行き、合鍵を使い、

Bさんのアルファードの3列目のシートに隠れる。

その後、何も知らずにBさんは会社を出てきて、車に乗り込み走行を開始する。

C子さんといつも待ち合わせる公園の駐車場に行く。

C子さんはすでに到着しており、Bさんの車が来るとすぐに乗りこんできた。

探偵が渡した無線機を持って車内に侵入しているAさん。

その無線機から車内の会話が聞こえてくる。

その後、カーセックスが始まった。

いよいよ・・・ その時・・・ と思われた時、

A子さんの声が探偵の持つ無線機に響いた。

「アナタ達、何をやっているの・・・・」とA子さんが怒鳴っている。

びっくりしたのか、後部ドアからC子さんが飛び出してきた。

なんとC子さんは全裸であった。

撮影をしていた探偵もその状況に驚く。

BさんもC子さんも何の言い訳もできず、唖然としていた。

その後、C子さんはA子さんに謝罪をし、会社を辞められた。

そしてAさんは車での通勤を止め、

電車とバスを使い1時間30分をかけて会社に通っている。

(株)アイシン探偵社では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  ホームページ

「愛人とは別れたからお前とも離婚だ」????

最近、結婚観の変化に探偵も驚くことがある。

結婚に対する責任をまるで持たないまま結婚する。

そして簡単に離婚しようとする。

例えば夫の浮気が発覚する。

だが、夫は逆ギレをして開き直る。

浮気をする前からお前とは離婚することは決めていた・・・

お前と結婚したことを後悔している・・・

お前といると吐き気する・・・などと妻に離婚を迫ってくる。

そして最後には「俺は彼女とも別れる、だからお前とも離婚する」と

更に妻に離婚を強要してくる。

このように言ってくる浮気夫たちが多いのです。

当然、夫が言っていることはまるで理屈が通らない。

浮気がバレたら浮気相手と別れるのは当然のこと。

「だからお前とも離婚する」は何の理屈にもならないのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚する。

「俺は彼女とも別れる、だからお前とも離婚する」などと言ってきたら

「浮気相手とは別れなさい・・・そして私は離婚しません」と

ハッキリと夫に言いきって下さい。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 北海道ホームページ

浮気問題 幸せ感度を上げる

探偵は様々な浮気の所業を見るにつけ、
日本人全体において「幸せの感性」が低くなっていると感じます。

安定した仕事があり、妻と子供のいる温かい家庭がある。

これ以上、なんの幸せがあるのだろうか。

だが、幸せの感性の低い人たちは、このような状況を「平凡」と言いだし、

浮気という刺激を求めていく。

例えば夫の浮気。

穏やかで優しい妻・・・ 無邪気な子供。

その幸せの塊のような家庭に夫は帰らなくなる。

そして不倫という一時的な刺激にのめり込んでいく。

そのような人たちを探偵はたくさん見るのです。

その後、その人たちはどうなるのか?

一時的な不倫の刺激の先に幸せな人生はないのです。

不倫という無責任な関係はすぐに終わりをむかえるからです。

幸せの感性を高めてください。

家庭という一番の幸せをを見失って不幸にならないで下さい。

一度、失ってしまった幸せは元に戻らないのです。

(株)アイシン探偵社では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  北海道ホームページ

浮気問題 精神的に弱る前に動く

毎日、妻に強引に離婚を迫ってくるようになる。

俺はお前のことが嫌いなんだ・・・・

お前と一緒にいると吐き気がする・・・・

なぜ、離婚をしないんだ・・・・

今、離婚を承諾すれば養育費は払ってやる・・・・

お前と結婚したことを後悔している・・・・ 等などと言って

妻に離婚を迫ってくる。

毎日、離婚しろ・・・離婚しろ・・・と言われ続けられると

妻はだんだんと精神的に弱ってくる。

そうして自分の浮気がバレル前に離婚してしまおうとする作戦なのである。

もしアナタの夫が毎日、離婚を迫ってきた場合、

「妻を弱らせて離婚しよう・・・作戦」かもしれません。

そのような場合、早い段階で自分の身内などに相談して下さい。

(株)アイシン探偵(興信所)では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所) ホームページ

浮気で二度苦しまないために

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は完全にバレタと観念し、妻に何度も謝罪をする。

その後、妻は夫の謝罪を受け入れて、やり直すことを決めた。

だが一年後・・・・・

夫の浮気は続いていた。

以前、浮気がバレタことを教訓にして、より巧妙に続けていた。

実際、このようなケースが多いのです。

夫の浮気を「いつ・・・・」「どのように・・・・」許すのか?の判断は難しい。

状況を冷静に判断し、まだ浮気が続いている可能性が

少しでも感じられたなら安易な決着をしないで下さい。

本当にその浮気・・・終わっていますか?

(株)アイシン興信所では北斗市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  ホームページ

浮気夫が妻の浮気を疑いだすとき

これまで数多くの浮気夫たちを見てきました。

その浮気夫たちには一つの傾向があります。

自分が浮気をしていると妻も浮気をしていると疑いだすことです。

俺が浮気をしているのだがら、妻もきっと浮気をしているに違いないと。

他人を騙す人は、常に人を疑い続けるのと同じ真理なのだろう。

例えば、常に浮気を繰り返していた夫。

妻は迷い、悩んだ末に離婚を決断する。

夫に離婚の意思を伝えると夫は開き直り、妻にこう言った。

「お前もずっと浮気をしていただろう・・・」と。

夫は自分が浮気をしていることで、

妻もずっと浮気をしていると思い込んでいたのだ。

もし、夫がアナタの浮気を疑ってきたのなら、

それは夫自身が浮気をしている可能性が高いのです。

(株)アイシン探偵(興信所)では中標津市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など 
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所) ホームページ