浮気で離婚し、ストーカーになる夫

例えば、結婚後、何度も浮気を繰り返す夫。

妻は何度も夫に浮気を止めるように言うのだが、

夫は「浮気くらいで文句を言うなら離婚だぞ」・・・・と逆ギレをする。

妻はまだ子供も小さく、離婚をせずに頑張っていた。

そして、夫はその後も、相手を変えながら浮気を繰り返していた。

数年後、子供が学校を卒業する。

妻は離婚の決意をする。

そして、妻は夫に離婚を要求し、家を出る準備を進める。

すると、夫は「絶対に離婚などしない」と抵抗する。

妻がやむなく調停を申し立て、離婚が成立した。

だが、元夫(既に離婚が成立している)は執拗に元妻に連絡をしてくる。

俺は離婚など納得していない・・・・

もう浮気は止めるから、よりを戻してくれ・・・・

俺は一人では生きていけないんだ・・・・

元妻の家を訪れたり、手紙を送りつけてきたりする。

普通は離婚し、独身なのだから、

もっと浮気(離婚したので恋愛)をすればよいのに・・・・・

このような夫たちは実に多い。

探偵もこのような夫をたくさん見てきました。

探偵がこのような夫たちを分析すると、このような夫たちは

自分自身に自信の持てないタイプである。

そして、妻という保険を持ち、満たされない自分の自信を

浮気で満たそうとしている。

だが、その根幹の妻がいなくなると、その妻に執拗にしがみついてくる。

浮気癖の酷い夫ほど、離婚後にストーカーになります。

妻たちはその点を踏まえて対応しなければなりません。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  札幌市ホームページ

浮気問題 動いて少しでも不安を取り除く

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

妻がその浮気を問いただすが、夫は開き直り、逆ギレ。

そんな夫に対して、妻は悩み、途方にくれてしまう。

家の中でじっと堂々巡りで悩んでいても、答えはなかなかでない。

浮気をして逆ギレをする夫に対して、結婚生活を続けることは辛い・・・・

でも、まだ子供も小さく、離婚することは不安だ・・・・

こんな時、探偵は行動しながら悩む(考える)ことをお勧めします。

離婚した場合、一人手当てについて役所に聞きに行く・・・・

調停申立書を家庭裁判所に資料を貰いに行く・・・・

弁護士に離婚についての相談に行ってみる・・・・

実家に行き、母親に相談してみる・・・・

友人と会って、友人の意見を聞いてみる・・・・

とにかく行動をしながら悩んでみることです。

ここで1つ、注意点があります。

それは「行動」をすることです。

電話やラインを使い、相談したりするのではなく、

自分の体を動かし、実家に行ったり、友人に会いに行くことです。

体を動かすことによって、頭も動きます。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気に直面している奥さんたちへ・・・・

行動しながら、悩む(考える)ことをお勧めします。

(株)アイシン興信所では
札幌・小樽・函館・北斗・歌志内・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  釧路市ホームページ

浮気問題  最悪の浮気のタイミング

夫が浮気をするタイミングで圧倒的に多いのが、妻が妊娠中のときである。

妻とのセックスができなくなる・・・・

妻は妊娠で、夫に気が回らなくなる・・・・

そして、夫は浮気を始める。

妊娠、出産は妻にとっては命がけのことです。

本来であれば、夫は妊娠している妻を全面的にサポートしなければなりません。

でも、実際には、妻の妊娠中に浮気をする夫が多いのです。

そして、妻が出産をする頃には、浮気相手との関係が深まり、

出産後には、妻に離婚を迫ってくる夫さえいるのです。

妊娠、出産は妻にとっては命がけのことです。

妻の妊娠中には浮気をしない。

これは夫婦の最低限のルールです。

(株)アイシン探偵・興信所では
札幌・小樽・函館・北斗・旭川・帯広・北見・紋別・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  帯広市ホームページ

浮気離婚問題 気が済むまで・・

例えば、夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

そんな夫に対して、妻は悩み、迷ってしまう。

だが、日増しに夫の態度は悪くなっていった。

ある日、夫が家に帰って来なくなる。

浮気相手の女性宅で同棲を始めだしたのであった。

奥さんは調停を起こし、夫に対して婚姻費用の申し立てをする。

調停で「婚姻費用」の金額が決まるのだが、ごくわずかな金額であった。

金額的には離婚した場合、一人親手当てより低い金額である。

夫は何度も妻に離婚を要求してきた。

慰謝料の提示金額も、相場より高額である。

だが、奥さんは絶対に離婚を承諾しない。

奥さんは「絶対に離婚しない」と夫のどんな提示もはねのける。

このような状況に置かれている奥さんたちも多い。

当然、夫が浮気をしていて、妻に離婚を要求したところで、

有責配偶者(夫)からの離婚は認められない。

妻が離婚に合意しなければ、離婚は成立しないだろう。

奥さんは意地で離婚をしないでいることも当然、できる。

でも、探偵は「人生の時間」も考えなければならないと思います。

夫としての自覚も責任も持たない夫に対して、

妻の意地を貫いて費やされる人生の時間。

この点も考えなくてはなりません。

探偵はハッキリと言います。

妻の意地と人生の時間。

大切な人生の時間を費やしてまで、その意地は必要ですか?

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  深川市ホームページ

浮気問題 「もう」より、「まだまだ」

夫が突然、家に帰って来なくなる。

夫は浮気相手の女性の家で同棲を始めたのであった。

奥さんに生活費も入れなくなる。

夫は逆ギレ、そして浮気相手の女性が妊娠をしてしまう。

全く無責任な夫であった。

だが、奥さんは常に前向きであった。

まだまだ、私には仕事があります・・・・・

子供たちの寝顔を見るとまだまだ頑張れます・・・・・

病気をしないだけでも、まだまだ頑張れますよ・・・・・

どんな言葉にも「まだまだ」という言葉を使われるのです。

探偵は思いました。

「もうダメだ・・・・」と言葉に出したとき、人は気力を失ってしまいます。

「まだまだ・・・・」と言葉に出すと人は気力がわいてきます。

人生、辛い時こそ大きな声で言いましょう。

まだまだ人生、頑張ろう・・・・・と。

(株)アイシン興信所では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・失踪人調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ

浮気離婚問題 変化を恐れるばかりに・・・

例えば、夫は浮気を常に繰り返し、暴力もふるう。

友人は「そんな夫、早く別れなさいよ」、「まだ若いんだから・・・」と言ってくれる。

でも、妻は夫と離婚することに決断ができない。

それは夫に対しての執着もあるが、

自分の生活に変化が起こるのを恐れてしまうのです。

人は不思議な思考があります。

今、自分が置かれている状況が不幸なことであっても、

長年、その状況に置かれると、それが不幸なことであっても変化を恐れる。

今、アナタは不幸にしがみついていませんか?

変化を恐れない勇気がホンの少しあれば、人生は幸せに向かいます。

(株)アイシン探偵社では
札幌・小樽・小樽・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・根室・富良野  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  稚内市ホームページ

浮気問題  限界手前の決断

配偶者の浮気問題に悩まれている方々のご相談をお受けします。

そして、どの方も疲れきった顔をされ、

食事ものどを通らずに痩せてしまった姿をされています。

中には「夫の浮気で食欲がわかず、痩せてしまいました」

「でも、ちょうどダイエットしようと思っていたので・・・」と

言われる奥さんもいます。

前向きに考えることは決して悪いことではありませんが、

でも、体重が急激に減ることは体が悲鳴をあげていることです。

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

このような時、妻は自分の心がどんどん疲弊していくのが分かる。

でも、体の悲鳴には意外と気づかないことが多い。

体が悲鳴をあげてしまうと免疫力が低下し、

大きな病気を患ってしまうのです。

 

体重が5キロ以上、減った時は体も限界だと思って下さい。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題が発覚する。

体重が5キロ減ったら、もう限界です。

我慢することをやめ、次の決断をしてください。

(株)アイシン興信所では
札幌・小樽・函館・旭川・名寄・士別・紋別・稚内・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイ シン興信所  旭川市ホームページ

浮気の兆候 疑い深い

例えば、浮気癖のある夫。

その夫は、常に浮気相手を探して生きているような人物。

探偵はこのような夫たちをたくさん見てきました。

そして、このような夫たちには共通して妻に対して疑り深い。

自分が浮気をするのだから、妻もするはずだ・・・・と。

自分は好き勝手な理由をつけて、朝帰りをするくせに、

妻が少しでも帰宅が遅くなると、いろいろと疑ってくる。

どこに行っていたの・・・・

なんの用事だったの・・・・

誰と行っていたの・・・・

自分が浮気をしているので、妻も浮気をするかもしてない・・・と

常に妻を監視してくる。

探偵はハッキリと言います。

自分が浮気をしていると相手も疑わしく思える・・・・

もし、夫がアナタのことを疑ってきたら、

それは浮気の兆候かもしれません。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  岩見沢市ホームページ

夫婦問題は不平等

近年、夫の浮気調査より、妻の浮気調査が多い。

つまり、妻の浮気が夫の浮気より多いのです。

そして、妻の浮気に対して「法律」も「社会」も夫に対しては不平等なのです。

まず、子供が幼い場合は「母子優先」で、夫が親権を取れることは少ない。

また、ありもしない「夫のDV」をでっち上げ、

「保護命令」を裁判所に申請する妻も多い。

夫が自分に近づくことができないようにしておいて、

自分は浮気相手の男性と同棲をする。

中には浮気相手の男と同棲しながら、夫に対して「婚姻費用」を請求してくる妻もいる。

また、警察の対応も、「DV被害者の妻」、

「DV加害者の夫」と決めつけて、夫の言い分を聞こうとしない傾向がある。

調停でも、妻は弱者、夫は強者と決めつけてくる調停員も多い。

いずれにしても、「社会」も「法律」も夫(男)は不利なのです。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気問題に直面している夫たちへ。

これから、アナタは不利な戦いに挑まなければなりません。

だからこそ、自分が不利であることを自覚して準備をして下さい。

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  登別市ホームページ

浮気問題 この先も人生をともにできますか?

例えば夫の浮気が発覚する。

夫が謝罪をして浮気を止めてくれれば良いが、

多くは開き直り、逆ギレをする場合が多い。

この時、妻はたくさんのことに考えを巡らす。

子供がまだ幼い・・・・だからこそ離婚するのなら早いほうがよい・・・・

離婚するのは不安だ・・・・でも、浮気をして開き直る夫も許せない・・・・

実家に帰って別居しようか・・・・でも、子供が転校をしなければならない・・・・

浮気をしている夫は許せない・・・・でも、思い出の中の夫は優しい・・・・

そして結論をだせずにいる奥さんたちも多い。

このような時、論点を1つにして考えてみることをお勧めします

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題に直面している方々へ。

悩んだときは1つの論点で決断をする。

私はこの人とこれからの人生を共に生きるのか? 否か?

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  釧路市ホームページ