浮気問題 浮気相手を自宅に入れる妻

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

北見市在住のAさん(38歳)から妻 B子さん(31歳)の調査を依頼される。

Aさんの仕事は看護師である。

数ヶ月前からB子さんの不審な行動があったらしい。

頻繁に実家に帰ると言っては外泊、飲み会と称しては外出する。

そして先日、妻のスマホを覗き見したらラインで男性とのやりとりが確認された。

早速、調査を開始する。

やはりB子さんの浮気が確認された。

浮気相手の男性 C(27歳)はB子さんが通うフィットネスクラブのインストラクター。

二人は週に何度も会い、密会を重ねていた。

そして驚くことにAさんが夜勤の時は自宅にCを泊らせていたのであった。

調査を終了し、全ての状況をAさんに報告させていただく。

Aさんも自宅に浮気相手を泊らせていた事実に憤慨していた。

Aさんは探偵に言った。

「次の夜勤、家に乗り込みます」と。

4日後の夜勤の日、Aさんは同僚に頼み、夜勤を替ってもらう。

当日、午後5時・・・・ Aさんは夜勤に行くと言って家を出る。

午後8時・・・Cが家にやってくる。

探偵は事前に自宅にマイクをしかけ、Aさんが乗り込むタイミングを確認する。

午後11時・・・スピーカーに声が入る。

どうやら二人がセックスを始めたようだ。

探偵がAさんに「今です」と促す。

Aさんは静かに自宅玄関のドアの鍵を開ける。

やはりドアチェーンがしてある。

探偵がチェーンを切るのを手伝う。

Aさんはゆっくりと寝室に向かう。

何も知らない二人は夢中でセックスをしている声が聞こえてくる。

Aさんが寝室のドアを開け、声をあげた。

「何やっているんだ・・・・」

B子さんとCは状況を理解できないでいたのだが、

その後、Cが慌てて裸で外に逃げていった。

B子さんは開き直り、逆ギレ。

「アンタ、今日は夜勤でしょう・・・」

「なんで急に帰ってくるのよ」と。

3日後、Aさんは離婚を決断し、市役所へ向かった。

(株)アイシン興信所では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所 ホームページ

カテゴリー: 北見   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。