浮気問題 幸も不幸も考え方次第

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。
当社は伊達市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

夫の浮気調査を依頼されたD子さん。

探偵が調査をすると、やはりD子さんの夫は浮気をしていた。

その結果を踏まえ、D子さんは夫にその浮気を止めるように促す。

だが、夫は逆ギレをして開き直る。

D子さんは何度も、何度も夫と話し合いをするが、夫は開き直るだけであった。

ご夫婦にはまだ1歳の子供さんがいる。

子供のためにどうしたら良いのか?をD子さんは迷い、悩まれた。

結局、Dさんは離婚を決断された。

探偵もその決断を聞き、弁護士を紹介し、

また今後についてのことなど、ご相談にのらせていただく。

半年後、離婚が成立する。

その後、D子さんが探偵を訪ねてくれた。

D子さん   「このたびは色々とお世話になりました」

探偵     「子供さんのためにも頑張ってくださいね」

        「これからも応援させていただきます」

D子さん   「ありがとうございます」

        「私、あの人(元夫)に感謝しているんですよ」

        「あの人と結婚しなければ、この子も授かっていませんから」

そう言ってD子さんは子供を抱き上げた。

子供さんも幸せそうにお母さんに笑顔を見せていた。

D子さんは、心のそこから「この子を授けてくれた」と

元夫に感謝しているようだった。

探偵は思いました。

どんなにひどい夫でも、かけがえのない子供を授けてくれた人・・・と

理解する。

そんな考え方もあるのだな・・・・・と。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・千歳・苫小牧・室蘭・伊達・登別・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  伊達市ホームページ

カテゴリー: 伊達   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。