浮気問題 添い遂げると誓ったはずなのに

例えば夫の浮気が発覚する。

だが夫は謝るどころか開き直る。

俺はずーと離婚を考えていたんだ・・・ だから浮気して何が悪い。

お前は俺が仕事で大変な時、何もしてくれなかったじゃないか。

俺はこの家庭に居場所がなかったから浮気をしたんだ。

浮気ぐらいで文句を言う・・・そんなお前が嫌なんだ。

調停でも裁判でもすればいいだろう。

とにかく自分の浮気を反省するどころか、

自分の身勝手な浮気を正当化しようとする夫。

だがこの夫は開き直る前に考えるべきことがある。

結婚する時は一生を誓いあったはずである。

俺は浮気をするぞ、その時は文句を言うなよ・・・等と

結婚を誓い合っているはずはない。

「君を一生、幸せにします」と結婚をしたはずです。

探偵はハッキリと言います。

自分の浮気を開き直る前にまずは思い出してほしい。

結婚の時、誓い合った言葉を守らなかったことの責任を・・・

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 北海道ホームページ

興信所 赤平 浮気問題~浮気と親権

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は何度も妻と話し合いを持つが、話し合いは平行線をたどる。

結局、夫婦は離婚をすることになる。

妻の慰謝料は財産分与の一部で相殺。

家財、持家の処分なども決まる。

だが最後まで結論が出なかったのが「親権」であった。

妻も夫も親権は自分が・・・と。

その後、調停で親権を決めることになる。

このような展開は多い。

だが調停員も裁判官も

「子供が小さいうちは母親が親権者」との固定観念がある。

だが探偵は親権者を決める時は

もっと個々のケースによって考えるべきだと思う。

夫に浮気がバレルと逆ギレをして離婚。

その後、すぐに子供を連れてその時の浮気相手の男性と同棲。

だが子供が邪魔になり、施設へ入れる母親・・・

子供を引き取って離婚した妻。

だがその後、彼氏ができて子供を実家に預けっぱなしにする母親・・・

果たしてこのような母親が親権者として適切なのだろうか?

探偵は父子家庭で日々、がんばっているお父さんをたくさん見る。

毎日、保育園児のキャラ弁を悪戦苦闘しながら作るお父さん・・・

子供を引き取るため、仕事も変えてがんばっているお父さん・・・

このような父親たちも現実にはたくさんいるのです。

探偵はハッキリと言います。

調停員も裁判官も

子供が小さいうちは母親という固定観念は捨てるべきです。

子供にとってお父さんとお母さんの

どちらが適任なのかを十分に考えて下さい。

(株)アイシン探偵では
札幌・砂川・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・根室・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ

興信所 赤平 浮気問題~安易な許しはしない

例えば夫の浮気が発覚する。

当初、夫は開き直っていたのだが、その後、妻に謝罪をする。

妻は悔しさや怒り、悲しみを自分の中でのみ込み、

夫を許し、離婚ではなく、夫婦の再構築を試みた。

数ヵ月後、再び夫の浮気が発覚する。

このようなケースは実に多いのです。

人は一度目の裏切りも悔しく、悲しいが

二度目の裏切りはもっと悔しく、悲しい。

そして一度目に許してしまった自分させも許せなくなる。

浮気問題は夫婦の重大危機です。

また浮気の関係も簡単に切れないケースも多い。

やはり一度目の浮気が発覚した場合、

別居をするなり、十分な話し合いの時間を持つ必要があります。

『安易な許し』は『二度目の裏切り』につながります。

(株)アイシン探偵では
函館・北斗・伊達・室蘭・登別・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

赤平 興信所 浮気調査~いつからでも逆転勝ち

探偵は仕事を通じ、たくさんの人の人生を垣間見ます。

そして思うことがあります。

人生はオセロゲームだと・・・

白を幸福、黒を不幸。

オセロは黒が多いゲーム展開も

最後の一手で白が増えて逆転する。

人生のそのような展開を探偵はたくさん見る。

夫の浮気とDVで悩み続けた妻。

ある時、離婚を決断する。

実家に戻り、パートの仕事をみつけて子供と暮らす日々。

数年後、これ以上良い男性はいないのではないかとう人と

巡り合い、そして結婚。

妻の浮気に10年、悩み続けた男性。

浮気を問いただしても逆ギレと開き直り。

夫は子供が就職するまではと離婚せずにいた。

ある年の4月、子供が無事に就職が決まり離婚を決断。

夫はその後、会社を辞めて実家に戻った。

そして猛勉強をして4年後に司法書士の資格を取った。

このような例は本当にたくさんあるのです。

人生というゲームを途中で投げ出さなければ

人生の逆転はあるのです。

探偵はハッキリと言います。

人生は最後まで分からない。

今、アナタの人生のオセロ盤に黒が多くても大丈夫です。

最後の一手で全て白に変わるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 赤平 浮気問題~一日を大切に生きる

あるご主人からの依頼

奥さんが急に子供を連れて家を出て行った。

その後、周りから奥さんの浮気話が耳に入ってくる。

周りの人たちも気を使い、今まで黙っていたようだ。

ご近所の方は

『いつも午前中に男性のクルマが迎えに来ていましたよ』

友人は『奥さんが男と歩いているのを見かけたよ』等など。

ご主人は事実関係を確かめたいと探偵に依頼された。

探偵が調査をしてみると

奥さんは子供を連れて男のマンションで生活をしていた。

やはり、噂話に出てくる男であった。

紆余曲折があり、ご主人は

小学生の子供を引き取り、離婚した。

ご主人は毎日、大変だったようだ。

朝6時に起きて朝食を作り、子供を送り出して出社。

仕事が終わると子供を学童保育所に迎えに行く。

夕食を作り、掃除、洗濯をする。

寝るのは夜の12時過ぎになる。

男が子育てをしながら仕事をしていくのは大変であった。

探偵は一度、ご主人に問いかけた。

『離婚して今、どうお考えですか?』と。

ご主人は『考えている暇はありません』

『過去を考えると暗くなります、

毎日がスタートだと思っています』

そして最後に『僕は毎日が元旦なのです』

探偵は学びました。

人生、楽しいことも辛いこともあります。

だが毎日がスタートだと思えば気持ちが楽しくなること。

人生は毎日、元旦なのです・・・・・・・・

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

赤平市 探偵事務所 浮気問題~選択は3つ

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレと開き直り。

それじゃ、離婚すればいいだろう・・・・

俺はお前と離婚するからな・・・・

俺の浮気をする前からお前とは離婚を決めていた・・・

浮気と離婚は関係ないからな・・・・

夫はとにかく『離婚』をちらつかせながら

妻に逆ギレを繰り返してくるのであった。

妻はすっかり委縮してしまう。

だが妻は勘違いをしています。

夫に浮気という有責性があるのであれば

「離婚する」・「離婚しない」などの選択権を夫は持っていません。

選択権は全て妻にあるのです。

妻は夫の浮気においての不貞行為により

離婚を請求でき、なおかつ裁判においても認められます。

また逆に夫の有責性により

「有責配偶者からの離婚請求は認めない」との判例によって

妻は離婚を拒否することができます。

そして妻は離婚するか、しないかの保留をすることもできます。

探偵はハッキリと言います。

夫が浮気をした場合、

アナタには3つのスイッチが与えられました。

『離婚する』スイッチ

『離婚しない』スイッチ

『保留』スイッチ

ですから何も焦り、不安になることはないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
北広島・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・札幌・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

赤平市 興信所 浮気調査~女は強い生物

探偵の視点から言うと圧倒的に女性です。

ある本に書いてありましたが、神様は先に女を作られた。

次に男を作ったのだが

先に作った女が全てにおいて能力が高い。

神様はあまりにバランスが悪いので、男に腕力を与えた。

現実もそうである・・・・・

妻の浮気、夫の浮気など様々な夫婦間の問題などで

女性は常に前を向いて考えるが男性は過去にすがる。

女性の立ち直る期間を1とすると男性は10かかる。

女性はリアリストで男性はロマンチスト・・・・

生きる力は圧倒的に女性が強いのです。

また夫婦間の問題において法律も

女性に優遇される傾向がある。

こう考えていくと男性に勝ち目は無い・・・・

だが神様は弱い男に一つの武器をさずけました。

「やせ我慢」と言う武器です。

やせ我慢の後ろ姿を見せつけることができるのです。

映画の中の高倉健のように・・・・

赤平市の浮気調査、所在調査、行動調査など
お気軽にご相談下さい

(株)アイシン探偵事務所 では
札幌・室蘭・函館・北斗・旭川・紋別・釧路・芦別 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

探偵 赤平 浮気調査~別居、離婚の脅えと戦う

配偶者の浮気疑惑。

 


 

悩みに悩んで探偵社に調査依頼を決意する。

 


 

だがその前にやらなければならないことは「脅えとの戦い」です。

 


 

例えば「相手に対しての恐れ」

 


 

「離婚に対しての恐れ」

 


 

「1人になることの恐れ」

 


 

「収入がなくなることの恐れ」

 


 

「家を出なければならなくなるかもしれない恐れ」

 


 

探偵に調査依頼をして証拠を得る。

 


 

相手に対して責任や謝罪を求める。

 


 

ですがアナタに色々な恐れがあると、

 


 

次の一歩が踏み出せないのです。

 


 

せっかくの浮気証拠もアナタが恐れを克服しない限り、

 


 

何の役にも立ちません。

 


 

アナタが最初に戦うべきものは

 


 

「浮気問題」や「アナタを裏切った相手」ではなく

 


 

アナタ自身の「 恐れ」 なのです。

 


 

(株)アイシン探偵事務所 では

 

苫小牧・室蘭・登別・函館・札幌・旭川・北見・帯広・釧路 他

 

北海道全域で様々な調査を承っております。

 


 

無料電話相談 011−784−2977

 


 

当社ホームページ

 

http://www.ms-aishin.com/

興信所 赤平市 浮気の言い訳~「一緒に寝たがBまでだ」とは・・

浮気がバレタ時の言い訳の話。

探偵に浮気相手とホテルから出てくるところを撮影された夫。

「カラオケをしていただけ」

「マッサージをしていただけだ」

「相談に乗っていただけ」

「パンツは脱いでいない」

「Bまでしかしていない」

「○○○は入れていない」

呆れるような言い訳の数々・・・・

また夫に浮気がバレタ妻の言い訳。

「アナタがしてくれないから」

「SEXはしたが心はアナタを愛してる」

「一回しかしていない」

「感じなかった」

「お風呂に一緒に入っただけ」

これまた呆れる言い訳の数々・・・・

また携帯電話に浮気相手との裸の写真を保存しておいて、

それを妻に見つかると

「芸術だ」と意味不明の言い訳・・・・

さすがの探偵も言葉を失ってしまう言い訳があるのです。

 

 

赤平市の浮気調査、盗聴調査、所在調査は

(株)アイシン探偵・興信所へお気軽にご相談下さい。

探偵 赤平 浮気調査~浮気発覚からその後・・・

探偵社に配偶者の浮気調査を依頼する。

浮気の状況を確認し、証拠を得る。

例えば夫の浮気。

妻が夫に浮気事実を知っていることを告げる。

当初は言い訳と弁解を繰り返す。

「お前は頭がおかしくなったのか、お前の妄想だ」

「仲の良い友人でいろいろな相談相手に過ぎない」

その後、多少の確信部分を告げると

「ホテルには行ったがSEXはしていない」

「ホテルでカラオケをしただけ」

言い訳と弁解に詰まると今度は開き直り。

「お前の目的はなんだ」

「金が目的なのか」

「とにかく出て行け」

妻は話し合いの余地がなくなり

裁判になる。

裁判はあくまでも公のものです。

全く関係のない傍聴人が興味を持ってアナタ方の裁判を見に来る。

当然、小さな町では噂が広まる可能性は高い。

夫は社会的立場も信用もなくしてしまい、

浮気相手は「いつも不倫してるんだって」と噂話の主人公。

被害者の妻だって噂話の登場人物である。

全ての当事者が傷つくのです。

浮気にも最低限のルールがほしいですね。

一度は好きになった相手と最後は裁判にしかならない。

できるのなら浮気をした方は謝罪し、

裏切られた方は前向きに今後を考える。

浮気の結末は裁判ではなく、話し合いで解決したいものです

 

赤平市の浮気調査、盗聴調査、所在調査は

(株)アイシン探偵・興信所へお気軽にご相談下さい。