浮気離婚問題  偽装離婚の罠

妻から「偽装離婚」を持ちかけられる。

妻   「来年、子供も小学校入学だから、お金がかかるわ」

     「だから、離婚してお金を貯めましょう」

     「私は一人親手当てを貰いながら、生活するわ」

     「アナタはその間、一生懸命に貯金して」

夫   「ウーン でも一人で生活するのは寂しいよ」

妻   「大丈夫・・・形だけは引越しするけど、毎日ここに来るわ」

夫   「分かった・・・・そうしよう」

数日後、妻が離婚届けを持ってきた。

夫はその離婚届けを書いて妻に渡す。

そして、翌日、夫が家に帰ると妻も子供もいない・・・家具も何もない。

妻に電話をするが、もう解約されていた。

更に翌日、夫が市役所に行って確認すると、離婚届けが出されていた。

その後、夫の元に様々な話が入ってきた。

「家に男がクルマで迎えに来ていたわよ・・・・」

「お前の奥さんが男と歩いているところを見たよ・・・・」

「一年前から浮気をしていたよ・・・・」

妻は浮気をしていた。

その浮気がバレないうちに夫との離婚を画策する。

そして、離婚して貯金しましょう・・・・と離婚を承諾させる。

探偵は、このようなご相談をたくさんお受けする。

だが、この作戦は妻の完全勝利である。

離婚が成立してしまえば、どうにもならないのです。

探偵はハッキリと言います。

今、アナタの妻が「離婚して貯金しましょう・・・・」と

言ってきたら、それは妻の罠です。

(株)アイシン探偵事務所では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  美唄 ホームページ

DV問題 男より女が弱いの思い込み

DVというと、夫が妻に暴力をふるうものと思われがちですが、

当然、夫から妻へのDVはあります。

でも、探偵は妻が夫に対してのDVの方が多いのでは・・・と感じています。

機嫌が悪いと夫に灰皿を投げつける妻・・・・

イライラする・・・と言って夫を後ろから蹴りつける妻・・・・

寝ている夫の顔に冷たい水を浴びせる妻・・・・

また日々、夫に暴言を浴びせる妻もいる。

夫から妻へのDV被害であれば、社会の対応も整備されている。

警察はすぐに夫に対し、注意や警告をする。

裁判所は夫に排除勧告や接見禁止などの命令をだしてくれる。

だが、妻から夫へのDVの場合、警察も裁判所もなかなか対応してくれない。

男は強者、妻は弱者という概念があるため、

妻の暴力を夫は阻止できるでしょう・・・・となるのです。

でも、妻に何も言えず、妻の暴言と暴力をうけている夫はたくさんいるのです。

探偵はハッキリと言います。

世の中、妻から夫へのDVは多いのです。

社会はもっとその現実に対応しなければなりません。

(株)アイシン探偵では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  美唄ホームページ

実家で静養のはずが、浮気相手と同居

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

岩見沢市在住のAさん(38歳)から、

別居中の妻 B子(28歳)さんの調査を依頼される。

ご夫婦は結婚して6年目、まだ子供はいない。

ある時、AさんがB子さんから言われた。

「最近、どうも調子が悪いと思って心療内科に行ったらうつと診断されました」

「少し、実家で暮らして病気を治したい」と。

Aさんは大切なB子を心配し、実家に帰ることを承諾した。

そして、Aさんは日常の生活を切り詰め、

毎月、B子さんに10万円のお金を送金していた。

最初はB子さんから頻繁に連絡が来ていたが、

だんだんと電話もメールも来なくなる。

Aさんが電話をしても電話に出ない。

Aさんは心配になり、B子さんの実家に行ってみる。

だが、B子さんの両親は、何かよそよそしい。

「B子は今、お友達のところに泊まりに行っているのよ」と

B子さんの母親が言う。

何か?違和感を感じたAさんは探偵にB子さんの素行調査を依頼された。

結果は・・・・・・・・・・・・・・

心療内科に行ってうつと診断された・・・嘘

実家で暮らして病気を治したい・・・・嘘

とにかく、全てが嘘であった。

B子さんは実家に帰ってはおらず、Cという男性(25歳)と同棲していた。

そして実家の親にも「Aさんの浮気に悩んでいる」と

ありもしない話をでっち上げていた。

探偵の報告を聞いたAさんは怒りを通り越して「唖然」としていた。

AさんはB子さんと浮気相手のCに慰謝料を請求し、離婚を決断した。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見・結婚調査 など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  美唄市ホームページ

浮気問題 安易に離婚話に乗らない

例えば・・・・夫婦喧嘩をしたとき、つい離婚届けを書いてしまう。

数年後、妻の不審な行動が続く。

それを夫が問い詰めると妻は逆ギレをして実家に帰ってしまう。

数日後、夫の元に市役所から離婚確認の書面が届く。

どうやら妻が数年前に書いた離婚届けを

勝手に市役所に出してしまったのだ。

このようなケースは決して少なくないのです。

では、このような場合、夫はどうすればよいのか?

結論から言えば、裁判をする他に方法がありません。

そして、裁判で離婚無効を勝ち取るのは容易なことではありません。

いずれにしても、安易に離婚届けを書くのはダメです。

昔、書いた離婚届けが役所に出されてしまう。

そして、離婚が成立する。

このようなケースが実際に少なくないのです。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  美唄ホームページ

浮気相手と口を揃えて言い訳

浮気相手の男性と口を揃えて言い訳をしてくる。

「私は浮気なんかしていないわよ」

「仲の良いただの友達よ」

「ホテルへ行っていたのも、カラオケをするためよ」等などと。

そして、浮気相手の男性にも、同じように言い訳をさせる。

「僕はアナタの奥さんと浮気などしていません」

「仲の良い友達関係です」

「ホテルにはカラオケをするために行きました」と。

ほぼ一字一句、同じ言い訳をしてくるケースが多い。

妻とその浮気相手が口を揃えて言い訳をしてきた場合、

必要以上にとりあうのはやめてください。

妻の浮気が発覚する。

妻とその浮気相手が口を揃えて言い訳をしてきた時は

「これ以上、アナタたちの言い訳を聞きません」と言いきって下さい。

そして、速やかに弁護士を介入させることを検討してください。

(株)アイシン興信所では美唄市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所 美唄ホームページ

浮気がバレると、逆ギレは当たり前

例えば夫の浮気・・・・・

以前であれば、浮気がバレた夫はとにかく妻に平謝り。

「許してくれ・・・」と妻のゴキゲンをとったものだった。

だが、今はとにかく逆ギレをする夫が多い。

俺は浮気をする前から離婚は考えていたんだ・・・

お前のそういう疑り深いところが嫌いなんだ・・・

とにかく離婚しろ・・・

文句があるのなら調停でも裁判でもすればいいだろう・・・ 等など。

また浮気がバレた妻の逆ギレも呆れる。

男友達とラブホに行ったくらいでガタガタ言わないでよ・・・

最後まではヤッテないわ・・・

一回くらい浮気したからってうるさいこと言わないでよ・・・

アナタがセックスが弱いからじゃない・・・ 等など。

ある意味、女性(妻)たちの方が逆ギレがスゴイ。

探偵は思うのでが、結婚は互いの人生に責任を持つことの約束です。

その約束を浮気という形で破壊した方は

逆ギレをする前に謝るべきだと思うのですが・・・・

(株)アイシン興信所(探偵)では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所(探偵) ホームページ

興信所 美唄 妻の浮気の兆候

配偶者の浮気の対処については基本的に早い段階でする方が良い。

そして浮気をすると色々な部分で兆候が出てくる。

妻の浮気の兆候で夫が一番、分かりやすいのが「実家に帰る」です。

例えば・・・・

お母さんの具合が悪いので今日、実家に行ってくるね・・・

お父さんを病院に連れて行くから実家に行くね・・・

おねーちゃんが実家に帰ってくるから私も実家に行くわ・・・

お母さんと買い物に行ってくるね・・・・  等など。

そして妻は実家の母親に子供を預けて浮気相手と密会をする。

夫も妻が実家に行くことに文句は言いづらい。

探偵はハッキリと言います。

妻が実家に行く回数が極端に増えた場合、

それは浮気の兆候かもしれません。

(株)アイシン興信所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・旭川・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北海道ホームページ

興信所 美唄市 浮気問題~妻の浮気と怯える夫?

妻の浮気が夫の浮気より多いのは

何度かこのブログで書いています。

また浮気妻の傾向としては「とにかく開き直る」こと。

アンタが嫌だから浮気したのよ・・・

別に私が誰と遊ぼうがアンタに関係ないじゃん・・・

じゃ離婚すればいいでしょう・・・

とにかく夫のことを「アンタ」「オマエ」「テメー」などと

恫喝するのです。

そして夫はとにかく妻に怯える。

離婚になったらどうしよう・・・

自分に収入だけでは暮らせない・・・

家を出て行ったらどうしょう・・・

とにかく夫は妻を怖がり、そして怯える。

古い人間の私としては首をかしげてしまうが

これが今の若年夫婦の典型的な傾向の一つなのです。

探偵はハッキリと言います。

ガンバレ、日本の男たち・・・

ガンバレ、日本の夫たち・・・

(株)アイシン探偵事務所では
岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・札幌 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 美唄市 浮気問題~この子誰の子?

先日ワイドショーを見ていると

父親からのDNA鑑定が増えていると特集をしていた。

実際に自分の子供ではないとの結果もあることに

コメンテーターが驚いていた。

だが探偵からすれば珍しいことではない。

近年、DNA鑑定が普及し、身近になってきたことが要因である。

そしてもう一つ、妻の倫理観の低下も考えられる。

あまりの身勝手な妻の浮気に

夫も「もしかしたら」と思うのであろう。

そして鑑定では「親子ではない」結果も増えてきている。

例えば結婚する前に複数の男性と交際している。

妊娠が分かると一番、安定している男性を選び、結婚する。

また浮気相手の男性の子供を身ごもる。

血液型を確認すると夫と同じ血液型。

そして子供を産む決断をする。

たくさんのことが想定されるが

いずれにしても夫には受け入れがたいことである。

DNAの普及が良いことなのか?そうでないのか?は

明言できないが、やはりDNA鑑定には覚悟が必要です。

何年も育て、愛した子供が自分の子供ではないと

知った時の気持ちは探偵も想像できないほど辛いものだろう。

(株)アイシン探偵事務所では
旭川・帯広・北見・網走・釧路・富良野・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 美唄市 浮気・離婚問題~無傷で終わる戦いなど無い

例えば妻の浮気が発覚する。

妻は開き直り、逆ギレ。

浮気問題は夫婦間にとって重大な選択を迫られる。

離婚になった場合の親権の問題・・・

持家がある場合の処分の問題・・・

養育費の問題・・・

夫は数々の苦渋の選択をしなければならない。

だが浮気という問題を解決するためには

夫も血を流す覚悟が必要です。

逆ギレと開き直りをしている妻に対して

自分の血が流れるのを恐れていては勝てません。

血を流す覚悟で浮気問題の骨を断って下さい。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題はたいへんな戦いになります。

血を流す覚悟があってこそ戦えるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
苫小牧・室蘭・函館・北斗・札幌・留萌・稚内・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。