単身赴任中の浮気

近年は夫が転勤になった場合、単身赴任が普通になってきています。

探偵が子供の頃は「転校生」が多かった。

だが最近は、子供が小学校に上がるとお父さんたちは単身赴任をする。

そして、なかには浮気をしてしまうお父さんたちもいる。

妻たちは信頼していたのに・・・・と落胆する。

浮気をする夫が悪いのは当然です。

でも、妻たちも「信頼」という「無関心」でいた場合も多い。

知らない土地で新たな仕事で疲れきって働いている夫たち。

そんな夫たちに妻たちは信頼しているから・・・・と何日も連絡をとらない。

せめて「おやすみなさい」くらいのラインはしてほしいものです。

単身赴任で夫が不倫・・・・・・

当然、浮気をした夫が悪い。

でも、妻たちも信頼という無関心で夫たちを放置してしまわないでほしい・・・。

単身赴任で壊れる夫婦関係。

でも、やっぱりその被害者はいつも小さな子供たちです。

(株)アイシン探偵社では札幌を拠点に北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・結婚調査・家出人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所 函館市ホームページ

浮気は繰り返す

例えば、妻子ある男性と恋に落ちてしまう女性。

そして、女性は妻子からその男性を奪ってしまう。

男性は妻と強引に離婚し、その女性と結婚する。

女性は自分が選ばれた・・・・と妻と子が不幸になってしまうことに目をそらす。

だがその男性は数年後、また不倫をする。

女性は数年前に男性の妻が味わった辛さを自分も味わうことになる。

また、その男性も最後は誰にも相手にされず、孤独の人生を歩む。

このようなケースは本当に多いのです。

やはり人生には「道理」があるのだ・・・と探偵は実感します。

もし、アナタが妻子ある男性と出会った場合、

それは本当の出会いではありません。

本当の出会いは誰も不幸にせず、まして奪うものではありません。

(株)アイシン探偵では札幌を拠点に、北海道全域で
素行調査・家出人調査・ストーカー調査・盗聴調査・結婚調査他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 函館市ホームページ

拠点に

浮気調査 納得しないうちは離婚しない

例えば夫の浮気問題が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

文句あるなら離婚すればいいだろう・・・・

今離婚するなら、養育費を払ってやる・・・・

誰のおかげで生活ができていると思っているんだ・・・・

妻は夫の理不尽な理屈で追い込まれてしまう。

ですが、どんなに夫が理不尽な理屈を言ってきても、

最終的に妻が納得がいかなければ離婚しなければ良いのです。

法律の基本的な考えは『有責配偶者からの離婚請求は認めない』

つまり、浮気をしている身勝手な夫からの離婚要求は認められないのです。

夫がどうしても離婚したければ、妻の納得のいく条件を提示してくるまで

離婚をしない・・・・そのような作戦もあります。

夫の浮気問題が発覚する。

そして夫が強引に離婚を迫ってきた場合、言い切ってください。

納得のいかないうちは離婚しません・・・・・と。

(株)アイシン探偵では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・素行調査・結婚調査・家出人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

浮気・離婚問題 弁護士の選任

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

紆余曲折があり、妻は法律的な決着をつけることを決断する。

そして、弁護士を探す。

このような展開は多い。

病院は「内科」「整形外科」「泌尿器科」「眼科」「歯科」があるように、

弁護士もそれぞれ得意な科目があります。

法務(会社関係)を得意とする弁護士・・・

債務関係(借金や自己破産)を得意とする弁護士・・・

相続関係を得意とする弁護士・・・

家事紛争(夫婦間の離婚や慰謝料)を得意とする弁護士・・・

でも、弁護士事務所は病院と違って内科とか整形外科などと書いてしません。

そこでどうやって自分の問題を得意とする弁護士を探すのか? です。

中には離婚などの家事紛争案件をほとんどやったことのない弁護士もいます。

やはり、離婚問題や夫の浮気相手を訴える場合などは、家事紛争に精通している弁護士を選びたい。

弁護士を選ぶときには、複数の弁護士と会ってみることをお勧めします。

それも、無料相談などの簡易的な相談ではなく、相談料を払って有料相談を申し込むのです。

数人の弁護士と会うと、アナタの問題に対して得意としているのか?が分かってきます。

また、弁護士とは「相性」があります。

この弁護士さん、話しにくいな・・・・

この弁護士さんは自分の気持ちをあまり理解してくれないな・・・・ 等と

感じるようであれば、その弁護士はアナタと「相性」が良くないのです。

仮に裁判までなれば、長期戦になります。

長い間、その弁護士と一緒に戦わなくてはなりません。

だからこそ、弁護士選びは慎重にしなければなりません。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題や離婚問題に直面している方へ。

弁護士を選ぶときには、複数の弁護士に会い、

この弁護士さんにお願いしたい・・・と思える人を選んでください。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・不倫調査・身辺調査・素行調査・結婚調査・家出人調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 函館市ホームページ

妻の浮気で離婚 財産分与は発生する

例えば、妻の浮気問題が発覚する。

妻は開き直り、逆ギレをする。

紆余曲折があり、夫は離婚することを決断する。

そして、夫は月に6万円の養育費と妻に300万円の現金を持たせての離婚となった。

離婚時にお金に関して決めることは3つ。

1.慰謝料
  相手方に有責性(浮気・DVなど)などがある場合。

2.養育費 
  仮に妻が浮気をしての離婚であっても養育費の金額は関係ありません。

3.財産分与
  結婚してからの築いた資産は完全に折半です。

上記の場合、妻の浮気問題において妻が夫に支払う慰謝料が200万円。

そして、預貯金が1000万円あった場合、まずは財産分与で妻が500万円。

そこから自分の浮気の慰謝料200万円を引いて、300万円を離婚時に受け取る。

そして、夫は毎月、養育費として6万円を支払い続ける。

法律の上では当然のことであるが、夫としてはやりきれない。

一生懸命に働いて家族と暮らしている。

そして、妻の浮気が原因で離婚になる。

子供と離れ離れになり、養育費を送り続ける。

妻には300万円のお金を持たせる。

法律上は論理が通っていても、心情的には夫は不条理である。

上記のような例を探偵はたくさん見てきています。

妻が浮気・・・ そして妻に300万円を渡して離婚になる。

法律的には夫はその不条理を受け入れるしかないのです。

※当然ながら、夫の浮気の場合も同じことが言えます。

(株)アイシン探偵では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・失踪人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 函館市ホームページ

結婚調査  相手の恋愛癖を見極める

世の中、電車を乗り換えるように恋愛を乗り換える人がいます。

人を好きになり、その相手と恋愛に発展すると、すぐに別な人を好きになる。

このような人と関わってしまうと、当然ながら不幸になってしまう。

例えば、アナタが彼女のいる男性と知り合う。

彼はアナタに言います。

「僕はやっぱり君が好きだ・・・・」と。

そして、アナタは彼と結婚をする。

結婚後、まもなく彼は浮気を始める。

彼は常に恋愛を乗り換えていないと気がすまない人なのです。

探偵はこのような話をたくさん、たくさん聞いてきました。

電車を乗り換えるように恋愛を乗り換える人が世の中にはいます。

そのような人とはできることであれば、関わらないほうが良いです。

(株)アイシン探偵事務所では釧路市を含め、北海道全域で
浮気調査・身辺調査・不倫調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 函館市ホームページ

結婚していると何故モテる?

例えば、浮気を繰り返す夫。

夫は自分のことを「モテル男」といつもうそぶいている。

「俺はいつ、離婚してもいいんだ」と妻に言ってくる。

妻が何度も、夫に浮気を問いただすが、逆ギレをするだけ。

妻は、まだ子供を幼く、ひたすら夫の浮気を我慢している。

その後、子供が小学校を卒業し、妻は離婚を覚悟し、子供を連れて家を出る。

当初、夫は妻が家を出て行って、より自由になれると喜んだ。

だが、夫は妻が出て行ったとたんに、自分がモテナクなっていることに気づく。

今までは妻がいることの余裕・・・

家庭があることの余裕・・・

妻も働いてくれていたことによる収入の余裕・・・

夫は妻がいてくれていたことによる余裕を

自分はモテルと勘違いをしていたのだ。

そのことに初めて気づいた夫は愕然としてしまう。

探偵はこのようなケースをたくさん見てきました。

俺ってモテルんだよ・・・とうそぶいているアナタ。

それは妻がいてくれるからこそですよ。

妻に完全に捨てられてから、それを気づいても遅いのです。

(株)アイシン興信所では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

浮気問題 八つ当たりできることの幸せ

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

そんな夫に対して妻は悩み、戸惑ってしまう。

そして、妻は友人や両親に夫のことを相談する。

両親は、そんな夫とは離婚するしかない・・・と助言する。

友人は、別居をして離婚について話し合いを進めたら・・・と助言する。

でも、妻は理屈では夫と離婚までの覚悟を持たなければ・・・と

思いながらも、その覚悟を持てないでいる。

そんなとき、妻は心配する両親や友人に八つ当たりをしてしまう。

離婚なんてそんな簡単なことじゃないわよ・・・・

私の本当の気持ちを分かりもしないで・・・・

私が一番、辛いのよ・・・・ 等などと自分の行き詰った感情をぶつけてしまう。

実際にこのようなジレンマに陥っている奥さんたちも多い。

でも、自分を心配してくれる人がいることや、

八つ当たりを受け止めてくれる人がいることは、本当に幸せなことです。

探偵はハッキリと言います。

自分が辛いとき、世の中には「自分を心配してくれる人」や

「八つ当たりができる人」が誰もいない人もいるのです。

だからこそ、八つ当たりができる人がいることの幸せを感じてください。

(株)アイシン探偵社では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

あなたもモラハラな夫婦関係かも・・

最近、探偵が関わらせていただく案件にDV、モラハラが絡んでいることが多い。

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

でも、奥さんは夫が怖くて何も言えない。

夫は普段から気にくわないことがあれば、妻を殴る。

また、普段から妻のことを怒鳴りちらす。

当初、妻はそんな夫に対して憤りを持っていたのだが、

だんだんと「自分が悪いから殴られる、怒鳴られる」と思い込んでいく。

このような心理状況に追いこめれている奥さんたちは多い。

このようなDVやモラハラなどの対応は

第三者に今の自分の状況を話すことが大切です。

自分はあきらかにDVの被害者である・・・・

自分はあきらかに夫のモラハラをうけている・・・・

まずは客観的に自分の置かれている状況を判断する必要があります。

探偵はハッキリと言います。

今、夫にDVをうけている奥さんたちへ。

私が悪いから殴られるの・・・の考えは間違っています。

まずはそのことを知ってください。

(株)アイシンでは
札幌・小樽・余市・函館・北斗・旭川・帯広・北見・釧路・根室  他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

夫婦問題 不利なのは男性か

探偵という立場で夫婦間の問題をみていると、圧倒的に夫(男)が不利です。

1.親権について

例えば、妻の浮気で離婚する夫婦。

夫は浮気をするようなだらしない妻に子供を渡したくない。

また、妻の浮気相手の男に虐待でもされたら・・・と子供の親権を主張する。

でも、妻も親権を主張する。

このような状況で妻と夫が互いに親権を主張した場合、ほとんどが妻の圧勝。

調停でも裁判でも基本的な考えは「母子優先」です。

妻が不貞を行い、家庭というものを破壊しても、基本的にその点は考慮されない。

また、いくら夫が父親として適正があっても、

妻が母親として不適格であっても、調停員も裁判官も一律的な判断をする。

2.DVについて

探偵は夫から妻のDVより、妻から夫のDVの方が多いと実感しています。

ですが、世の中はまだ妻から夫へのDVについては全く無関心です。

警察も夫から妻へのDVについては反応してくれるが、

妻から夫へのDVの場合は「ただの夫婦ケンカ」として全く相手にしてくれない。

3.養育費について。

仮に妻が子供の親権を取り、観護者になった場合、夫は養育費を払う。

ですが、逆の場合はなかなか難しい。

夫が親権を取り、観護者になった場合、妻の支払い能力がないと、

養育費を払ってもらえないケースが多い。

夫婦間の問題では、圧倒的に夫(男)は不利です。

その点を夫たちは十分に想定して戦わなくてはなりません。

(株)アイシン興信所では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  函館市ホームページ