浮気がバレても逆切れ三昧

《浮気夫の逆ギレのパターン》

俺はもともと結婚なんかしたくなかったんだ・・・・

君が結婚してくれと言ったから結婚しただけだ・・・・

俺が浮気をしようが、お前になんの関係があるんだ・・・・  

僕は浮気をする前から離婚を決めていた、だから彼女に何の罪もない・・・・

《浮気妻の逆ギレのパターン》

アンタの給料が安いから浮気したのよ・・・・

アナタは子育てを何も手伝ってくれなかったでしょう・・・・

そもそも、アナタのことを私は好きじゃないのよ・・・・

他の男とセックスをしたくらいでうるさいことを言うアンタが嫌なのよ・・・・

自分の浮気がバレルと無茶苦茶な論理で逆ギレをする浮気当事者たち。

でも、結婚はお互いの人生の責任を持つことの約束です。

仮に無茶苦茶な論理で逆ギレをするくらいなら、

そもそも結婚などしなければよいだけです。

今、自分の浮気がバレて逆ギレをしている人たちへ。

アナタの配偶者はアナタと結婚しなければ、別の幸せな人生があったのですよ。

逆ギレをする前にそのことを考えてください。

探偵はハッキリと言います。

浮気がバレて逆ギレをする人は絶対に結婚などしない方がよいのです。

一生、自由人で遊びまわってください。

(株)アイシン探偵(興信所)では岩見沢市を含め、北海道全域で
浮気調査・不倫調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所)  岩見沢市ホームページ

浮気離婚問題  夫婦間での不平等

探偵という立場で夫婦間の問題をみていると、圧倒的に夫(男)が不利です。

1.親権について

例えば、妻の浮気で離婚する夫婦。

夫は浮気をするようなだらしない妻に子供を渡したくない。

また、妻の浮気相手の男に虐待でもされたら・・・と子供の親権を主張する。

でも、妻も親権を主張する。

このような状況で妻と夫が互いに親権を主張した場合、ほとんどが妻の圧勝。

調停でも裁判でも基本的な考えは「母子優先」です。

妻が不貞を行い、家庭というものを破壊しても、基本的にその点は考慮されない。

また、いくら夫が父親として適正があっても、

妻が母親として不適格であっても、調停員も裁判官も一律的な判断をする。

2.DVについて

探偵は夫から妻のDVより、妻から夫のDVの方が多いと実感しています。

ですが、世の中は妻から夫へのDVについては全く無関心です。

警察も夫から妻へのDVについては反応してくれるが、

妻から夫へのDVの場合は「ただの夫婦ケンカ」として全く相手にしてくれない。

3.養育費について。

仮に妻が子供の親権を取り、観護者になった場合、夫は養育費を払う。

ですが、逆の場合はなかなか難しい。

夫が親権を取り、観護者になった場合、妻の支払い能力がないと、

養育費を払ってもらえないケースが多い。

探偵はハッキリと言います。

夫婦間の問題では、圧倒的に夫(男)は不利です。

その点を夫たちは十分に想定して戦わなくてはなりません。

(株)アイシン興信所では岩見沢市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

昭和の浮気、平成の浮気

例えば、夫の浮気。

妻は戸惑い、悩む。

そして、妻は夫がいつか自分や家族の大切さに気づいてくれると思うようにする。

夫にうるさいことを言わず、ひたすら良い妻を演じる。

でも、良い妻を演じている間に夫の浮気が深みにはまっていきます。

昭和の時代なら、家族の大切さに気づいて家庭に戻ってくる夫・・・などがいました。

でも、平成の時代、そのパターンはほとんどありません。

妻が良い妻を演じている間、夫の浮気相手が妊娠する。

そして、夫は妻に強引に離婚を要求してくる。

今の時代、このような展開が実に多いのです。

探偵はハッキリと言います。

良い妻を演じている間に夫の浮気は更に深くなります。

夫婦の関係において、ダメなものはダメなのです。

アナタの浮気は許しません・・・と言い切ることが必要です。

(株)アイシン探偵事務所では岩見沢市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 岩見沢市ホームページ

無責任な浮気

例えば48歳の妻子のいる男性が28歳の独身女性と5年間、不倫関係を続ける。

ここで法的責任としては、男性とその女性が男性の妻に対して発生する。

その女性はその男性の妻に慰謝料を払わなければならない。

また、離婚する場合は男性(夫)は妻に慰謝料を払う。

でも、探偵はこの男性は浮気相手の女性に対しても

道義的な責任があるのではないか?と思う。

確かに不倫は互い(男性も女性も)の倫理観のなさが原因です。

だが、このように20歳も歳が離れているケースなど、

やはり年上である男性に責任が重いと思うのです。

探偵はいつも思うことがあります。

妻子がいながら、自分より一回り以上若い女性と不倫をする男性は

相手の人生を軽んじてはいないだろうか。

自分と不倫をしている間の相手の人生の時間・・・に対しての責任もあると思うのです。

今、妻子がいながら、若い女性と浮気をしている夫たちへ。

妻に対しての責任、そして浮気相手への責任・・・・

その責任はいずれアナタがとらなければならなくなります。

(株)アイシン探偵では
函館・北斗・小樽・札幌・岩見沢・美唄・旭川・芦別・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  岩見沢市ホームページ

浮気問題 体質改善

幸福体質・・・・・ 幸運を呼び寄せる習慣を身に着けている人。

不幸体質・・・・・ 不幸を呼び寄せてしまう、不幸へ進んでしまう人。

上記のことではありません。

どんなに辛い状況におかれても、幸福と思う人が「幸福体質」 

どんなに恵まれた状況のおかれても、不幸と思う人が「不幸体質」

数年前に夫の浮気と暴力で離婚されたS子さん。

収入はわずかな養育費と掛け持ちでしている2つの仕事。

働きづめの毎日と子育ての苦労。

でも、S子さんは言われる。

本当に毎日が幸せです・・・・と。

日々の子供たちの成長を感じることの幸せ。

子供たちの寝顔を見ることの幸せ。

大変だけど、やりがいのある仕事ができることの幸せ。

決して強がりではなく、心から日々、幸せを感じながら生きているS子さん。

探偵は一度、S子さんに聞いたことがあります。

「S子さんは幸せを感じることが上手なんですね」

S子さんは一瞬も考えもせずに答えられた。

「私は幸せを感じるのが上手なのではく、本当に幸せなのです」

「毎日、子供たちと暮らせ、仕事させてもらえる」

「贅沢はできませんが、キチンと毎日、ご飯が食べられる」

「これは本当に幸せなことです」

「世界には毎日、大変な生活をしている人がたくさんいるんですよ」

そして、S子さんは「幸せのおすそ分け」として

決して多くはない収入の中から、いろいろなところに募金をされている。

S子さんはどんな状況におかれても、

幸せを感じることのできる「幸福体質」なのです。

でも、逆にどんなに恵まれた環境で生活していても、

不平不満を言い続ける人。

そして、どんな幸福にも感謝をしない「不幸体質」な人もおられる。

せっかくの人生・・・・

「不幸体質」で生きるより、「幸福体質」で生きて生きたいですね。

(株)アイシン探偵では
札幌市・岩見沢市・滝川市・歌志内市・赤平市・芦別市・釧路市  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所  岩見沢市ホームページ

浮気調査 いつからでも幸せ体質になれる

探偵は仕事を通じ、たくさんの人と関わらせていただきます。

そして、「幸福体質」と「不幸体質」な人がいることに気づきました。

幸福体質・・・・・ 幸運を呼び寄せる習慣を身に着けている人。

不幸体質・・・・・ 不幸を呼び寄せてしまう、不幸へ進んでしまう人。

上記のことではありません。

どんなに辛い状況におかれても、幸福と思う人が「幸福体質」 

どんなに恵まれた状況のおかれても、不幸と思う人が「不幸体質」

数年前に夫の浮気と暴力で離婚されたS子さん。

収入はわずかな養育費と掛け持ちでしている2つの仕事。

働きづめの毎日と子育ての苦労。

でも、S子さんは言われる。

本当に毎日が幸せです・・・・と。

日々の子供たちの成長を感じることの幸せ。

子供たちの寝顔を見ることの幸せ。

大変だけど、やりがいのある仕事ができることの幸せ。

決して強がりではなく、心から日々、幸せを感じながら生きているS子さん。

探偵は一度、S子さんに聞いたことがあります。

「S子さんは幸せを感じることが上手なんですね」

S子さんは一瞬も考えもせずに答えられた。

「私は幸せを感じるのが上手なのではく、本当に幸せなのです」

「毎日、子供たちと暮らせ、仕事させてもらえる」

「贅沢はできませんが、キチンと毎日、ご飯が食べられる」

「これは本当に幸せなことです」

「世界には毎日、大変な生活をしている人がたくさんいるんですよ」

そして、S子さんは「幸せのおすそ分け」として

決して多くはない収入の中から、いろいろなところに募金をされている。

S子さんはどんな状況におかれても、

幸せを感じることのできる「幸福体質」なのです。

でも、逆にどんなに恵まれた環境で生活していても、

不平不満を言い続ける人。

そして、どんな幸福にも感謝をしない「不幸体質」な人もおられる。

せっかくの人生・・・・

「不幸体質」で生きるより、「幸福体質」で生きて生きたいですね。

(株)アイシン探偵では
札幌市・岩見沢市・滝川市・歌志内市・赤平市・芦別市・釧路市  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  岩見沢市ホームページ

離婚、養育費の問題

何らかの事情で離婚をする夫婦。

慰謝料・・・・>

財産分与・・・・

養育費・・・・

慰謝料や養育費は離婚時にある程度、清算できるのだが、

養育費は子供が成人になるまでの長い期間で履行されるのもです。

実際に決められた養育費がキチンと最後まで払われるケースは稀である。

夫が仕事も辞め、引越しをして逃げてしまうケース・・・・

離婚の原因となった浮気相手と結婚し、子供が産まれたといって

減額請求の調停を起こしてくるケース・・・・

仕事が変わり、収入が減ったので養育費は払わないと開き直るケース・・・・

通常、離婚した場合、妻が親権者となる。

だが、上記のような様々なケースで養育費を払ってこない夫が多いのです。

そのような場合、養育費を上手に払わせる方法は

別れた夫に対して、常に父親であることの自覚を持たせることです。

そのためには子供に定期的に面会させる必要があります。

「浮気をして、離婚になったのだから、夫に子供を会わせない」といって

子供を夫に会わせないと、夫は父親としての自覚がなくなります。

ですから、定期的な面会は養育費を上手に払わせるためにも必要なのです。

もう1つ・・・・

嘘でもよいから、夫に対して感謝の言葉を伝えることです。

アナタが養育費を払ってくれるから、助かるわ・・・・

あの子がいつもパパに会いたがっているわ・・・・

アナタも大変な中で養育費を捻出してくれて、ありがとう・・・・

男は単純な生き物です。

そんなふうに言われると、頑張って養育費を払うぞ・・・と思う。

絶対に養育費など払わないぞ・・・とうそぶく夫も中にはいます。

でも、そうでなければ、

「子供に会わせる」ことと、「感謝をしておだてる」ことが

養育費を上手に払わせる方法です。

(株)アイシン探偵では
札幌市・小樽市・函館市・岩見沢市・赤平市・富良野市・釧路市  他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

妻の浮気と黒い企み

例えば、妻の不審な行動が続く。

頻繁に実家に帰るといっては外泊する。

女友達とのカラオケに行くといっては朝帰り。

ある日、夫が妻に「お前、浮気でもしているのか?」と聞く。

妻は逆ギレをして「そんなわけないでしょう」と怒鳴る。

数日後、仕事から帰宅すると妻が出て行っていた。

妻の荷物もなくなっている。

夫はすぐに妻の実家や友人に連絡をするが、「分からない」と答える。

その後、夫は警察に家出人捜索願を出しに行くのだが・・・・

警察官は夫を睨み付けるような目で対応してきた。

警察官  「奥さんの家出人捜索願は受理できません」

       「奥さんの居場所は警察は把握しています」

       「でも、アナタにそれを伝えることはしません」

そして警察官は夫に言うのです。

警察官  「奥さんの居場所を無理に探してはなりませんよ」

だが、探偵が調べてみると、妻は浮気相手の男性のところで同棲をしている。

おそらく、妻は家を出る前に警察署に行き、夫からDVやモラハラをうけているなど、

自分に都合のよいストーリーを作り上げて、警察に言っておく。

夫が「家出人捜索願」を出せないようにしておく。

そして、警察署に夫が来たら、多少のプレッシャーをかけさせるように仕組んでいるのです。

探偵はハッキリと言います。

警察を悪用する浮気妻が多いのです。

もし、アナタがそのような状況に陥った場合は、

探偵や弁護士などの専門家に相談して下さい。

自分で安易に動いてしまうと妻の思う壺になってしまいます。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・岩見沢・三笠・砂川・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

興信所調査 弱者を装い離婚を企む妻

例えば、妻の不審な行動が続く。

頻繁に実家に帰るといっては外泊する。

女友達とのカラオケに行くといっては朝帰り。

ある日、夫が妻に「お前、浮気でもしているのか?」と聞く。

妻は逆ギレをして「そんなわけないでしょう」と怒鳴る。

数日後、仕事から帰宅すると妻が出て行っていた。

妻の荷物もなくなっている。

夫はすぐに妻の実家や友人に連絡をするが、「分からない」と答える。

その後、夫は警察に家出人捜索願を出しに行くのだが・・・・

警察官は夫を睨み付けるような目で対応してきた。

警察官  「奥さんの家出人捜索願は受理できません」

       「奥さんの居場所は警察は把握しています」

       「でも、アナタにそれを伝えることはしません」

そして警察官は夫に言うのです。

警察官  「奥さんの居場所を無理に探してはなりませんよ」

だが、探偵が調べてみると、妻は浮気相手の男性のところで同棲をしている。

おそらく、妻は家を出る前に警察署に行き、夫からDVやモラハラをうけているなど、

自分に都合のよいストーリーを作り上げて、警察に言っておく。

夫が「家出人捜索願」を出せないようにしておく。

そして、警察署に夫が来たら、多少のプレッシャーをかけさせるように仕組んでいるのです。

警察を悪用する浮気妻が多いのです。

もし、アナタがそのような状況に陥った場合は、

探偵や弁護士などの専門家に相談して下さい。

自分で安易に動いてしまうと妻の思う壺になってしまいます。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・岩見沢・三笠・砂川・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

妻の浮気 自分のホンネ

近年、探偵が関わる案件において、夫の浮気より、妻の浮気が多い。

そして、妻の浮気で苦悩するたくさんの夫たちを見ています。

夫たちの多くは妻の浮気という現実を受け入れられない。

そして、自分の本音が分からなくなってしまう。

浮気をした妻を許せるわけがない・・・・と「離婚する」と公言してしまう。

だが、いざ離婚の話が進むと夫は戸惑ってしまう。

本当は離婚なんてしたくない・・・とやっと自分の本音に気づく。

でも、その時にはもう遅いのです。

探偵はハッキリと言います。

今、妻の浮気問題に直面している夫たちへ。

まずは自分の本当の「本音」を確かめてください。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  岩見沢ホームページ