弟子屈町 興信所 浮気問題・離婚の準備

浮気が原因での離婚の準備について。

配偶者の浮気。

アナタは感情が先行し、

相手の開き直りに怒りがピークに達し、勢いで離婚。

例えば離婚後に浮気の慰謝料を

請求しても基本的には無理です。

離婚前にいろいろな取り決めをしなくてはなりません。

「財産分与」

「親権」

「養育費」

「面接交渉」などなど
探偵の視点でお話しますと

結婚の10倍、離婚は大変な作業を要します。

難航するようであれば調停ならびに弁護士を考えてください。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

札幌・江別・岩見沢・美唄・帯広・旭川・函館 他

 

北海道全域で調査を承っております。

栗山町 興信所 浮気問題と覚悟

今日は浮気問題で悩んでいる方の覚悟の話。

相手の浮気などで悩み、

怒りや不安に押しつぶされせうになったとき、

覚悟を持っていただきたい。

一生を誓いあって結婚をした夫婦。

自分だけを見てくれていた相手が

他人を見ている。

不安になり相手にすがってしまう。

「離婚なんか怖くないわ」

と口では言っていても

一人になってしまうかもしれない不安が

自分を襲ってくる。

だけど、そんなときだからこそ

離婚の覚悟を持ってください。

離婚を回避するための離婚の覚悟。

自分の覚悟が決まっていないと

相手も身勝手な言い分を

通そうとしてきます。

自分の覚悟は相手にもわかります。

浮気問題の話し合いは真剣勝負です。

いざとなったら離婚。

その覚悟が勝負の分かれ目になります。

浦幌町 興信所 浮気問題・浮気の対処方法

今回は問題を小さくしない方法について。

例えば夫婦間で浮気問題が

起こった場合に夫婦二人で

話し合ってもラチがあきません。

できるなら夫、妻の両親にも

話し合いに入ってもらい、

今後についての協議をする。

問題を小さくしようとすると

その問題は長引き、大きな問題に

発展してしまいます。

あえて、問題を大きくすることに

よって小さく収めることもできる場合が

あります。

そして、納得するまで話し合ってください。

極端に言えば裁判は所詮、

第三者(裁判官)がスタンダードに

決めるだけです。

だとしたらお互いが声がかれるまで話し合ってください。

お互いのわがまま、言い訳なども

含め声に出して相手に伝えてください。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

旭川市・帯広市・釧路市・根室市・札幌市・函館市 他

 

北海道全域で調査を承っております。

池田町 興信所 浮気問題・浮気の対処方法

浮気の対処について。

相手が浮気をしている。

夫婦であれば、相手の言葉やしぐさで

分かるものです。

そんな場合、相手の性格や

その時点での状況によって対処方法を

考えることが必要です。

仮に探偵社に調査を依頼した場合、

不貞(浮気)証拠取得や

浮気相手の身元・素性など

全て調べることができます。

その上で離婚を考える前に夫婦の再構築を

検討していただきたいです。

一つの方法として、然るべき証拠が

ある場合において、弁護士を使って

浮気相手に対して「交際中止勧告」を

してみることもできます。

また、婚姻費用を取り決め、

当面の別居をしてみることも

検討してみてはどうでしょう。

相手の浮気で怒り、不安などで

すぐに離婚を考えるのではなく

再構築を試みてほしいです。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

江別市・岩見沢市・美唄市・砂川市・札幌市・函館市 他

 

北海道全域で調査を承っております。

厚岸町 興信所 浮気問題・戦うのはあなたです

離婚や浮気で悩んでいる方に

我々、探偵社の調査は非常に有意義な

ものであるのは確かです。

ただ、その前にその問題と戦う覚悟を

アナタが持つ必要があります。

例えば調査を行い、相手の浮気証拠を

取得したとします。

その証拠はアナタにとって大きな

武器になります。

ただその武器を使って先頭で戦うのは

アナタなのです。

当然、我々探偵も協力しますし、弁護士を

使って交渉をさせることもできます。

だけど、その先頭に立つのはやはりアナタです。

相手と戦うというよりも、

その問題と戦うのです。

希望という道を切り開くのです。

絶望することも泣くこともできます。

だけど未来の笑顔のために戦ってください。

アナタを守れるのはアナタ自身です。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

恵庭市・北広島市・江別市・岩見沢市・札幌市・釧路市 他

 

北海道全域で調査を承っております。

大空町 興信所 浮気問題・法律の話

離婚や浮気問題などの

火事紛争における法律の話。

まず、法律は平等ても被害者や弱者の

見方ではありません。

法律は法律を知っている人の見方なのです。

平等についてお話しますと離婚をして

子供の親権を母親が取得し、子供を育てる場合、

母子手当が支給されます。

ですが、逆の場合においては

父子手当などはありません。

また、妻ならびに夫が親権を争った場合、

裁判所の審判は慣例的に母親に親権をつけます。

離婚裁判においてもやはり、

法律を上手に運用する側に優位な判決がでます。

弁護士に全て任せっきりになるのではなく、

当事者であるアナタも法律を学ぶ必要があります。

なにも六法全書を読むということではありません。

インターネットなどで関連する記載を

読むだけで良いです。

最初は何を書いているか分からなくとも

いろいろと読んでいるうちに理解できてきます。

離婚や浮気で悩まれている方へ。

人生において命がけで頑張ることは

何度もないはずです。

今、ガンバルときです。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

札幌市・小樽市・江別市・岩見沢市・帯広市 他

 

北海道全域で調査を承っております。

足寄町 興信所 問題から逃げない

当社には毎日、様々な問題で

悩まれている方からのご相談をいただきます。

「夫の浮気」

「妻の家出」

「夫の暴力」

「妻の借金」などなど。

時にどうしてよいのか

分からないこともあると思います。

ですが、問題から逃げると更に

問題は大きくなります。

あえて、問題を先送りすることもあると思います。

そんなときも「あえて」なのです。

問題から逃げることと、

あえて先送りにすることとは違います。

アナタはアナタが思っているより強い人です。

また自分を守ってあげられるのも自分です。

逃げないで下さい。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

帯広・釧路・根室・旭川・札幌・函館 他

 

北海道全域で調査を承っております。

興信所 音更町 浮気調査・探偵の力量

我々、探偵が行う浮気調査は

単純に対象者を尾行、張り込みなどをし、

行動を確認するだけの単純なものではありません。

依頼人の調査目的に添った

客観的証拠所得を行います。

例えば、離婚を前提にする場合において

浮気をしている配偶者に慰謝料を請求する。

そのためには浮気相手との「継続的不貞行為」

を証明します。

そのためには継続性(一定期間及び複数回の接触)を

証明しなければいけません。

浮気問題や離婚問題は当事者間においいて

話し合いが付かなければ最終的に

訴訟になります。

最後は裁判官の判断が全てになります。

裁判官がどのような判決を出すのかは

我々、探偵の証拠をどのように捕らえるのか?

がやはり重要になります。

そのためには調査で判明した事実を

調査目的に沿ったものにする必要があります。

いわゆる「事実強調」です。

何を強調するのかが重要です。

そのような技術は各探偵社の

力量に差が出るところですね。

恵庭 興信所 自分のホンネ

配偶者の浮気や離婚などで悩んでいる時、

まず考えていただきたいことが

「自分のホンネ」です。

信じていた相手に裏切られ、自分のプライドが傷つく。

アナタを心配する人たちがアナタに声をかけてくれる。

アナタはつい、傷ついている自分の心を隠そうと

自分のホンネと違うことを言ってしまう。

例えば、絶対に離婚をしたくないのに、

他人の前では「早く慰謝料を取って離婚したいわ」

などと言ってしまう。

アナタを心配する人たちはアナタの希望がそうだと思い、

アナタが本当は望んでいないのに

どんどん離婚の方向に進んでしまう。

被害者のアナタはこんな時だからこそ、

自分のホンネを出してください。

それがワガママなものでもかまいません。

浮気問題と戦うためには

まず自分の望むホンネを確認する。

また、アナタを心配し、協力してくれる人たちに

そのホンネを伝えてください。

自分の本当のホンネは自分にしかわかりません。

小樽 興信所 浮気の証拠はあなたの武器です。

浮気調査においてのその証拠の使い方。

浮気調査を行い、配偶者の浮気証拠を得る。

まずは相手にその浮気事実を元に話をします。

浮気をした配偶者はアナタがどこまでの

証拠を得ているのかを必死に聞いてきます。

だが、その段階で探偵社の報告書を

相手に見せることは駄目です。

相手はその証拠を見た段階でその言い訳を考えます。

浮気証拠は最終的なアナタの武器になります。

相手が開き直り、どうしても裁判をしなければ

ならないときに使います。

裁判の時ですら、その証拠を全て出しません。

相手が裁判で嘘の答弁書を出してきたときに

その嘘を暴くために使っていくのです。

相手と話し合いをするときは

「全て知っている」を繰り返してください。

相手は必死に何を知っているのかを

聞いてきますが無視をしてください。

ただ、一時は好きになって結婚した相手です。

お互いの話し合いで解決できるのが望ましいのですが。