浮気調査  待つのも辛い

例えば夫の不審な行動。

急に帰宅が遅くなる・・・・

休日に会社に行くと言って出掛ける・・・

コンビニに買い物に行くと2時間は帰らない・・・

飲み会が多くなる・・・

朝帰りをするようになる・・・

子供に関心を持たなくなる・・・ 等など。

そして妻は悩み、迷った末に探偵に調査を依頼する。

当然、探偵は浮気の証拠を得る。

だが、探偵が調査をしている間、妻はひたすら待たなくてはならない。

探偵が調査を進め、判明した事実についての連絡が常に入る。

でも証拠を取り終えるまで待たなければならないのです。

探偵に調査を依頼し、夫の浮気の証拠を得ることは有意義です。

それと同時にその調査が終わるのを待っている間も辛いものです。

(株)アイシン探偵事務所では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

浮気問題  パワハラにすり替える

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

網走市在住のA子さん(33歳)からご依頼をいただいた。

調査内容は夫(Bさん 35歳)の浮気調査であった。

ここ数カ月、Bさんの帰宅時間が極端に遅くなり、休日も外出する。

飲み会も多くなり、朝帰りをするようになった。

何度か、A子さんがBさんに「浮気でもしているの?」と問うのだが、

Bさんは逆ギレをするばかりであった。

Aさんは悩んだ末に当社へ依頼された。

早速、調査を開始する。

すぐにBさんの浮気が確認された。

浮気相手の女性は職場でのBさんの部下 C子さん(28歳)。

なんとC子さんは結婚しており、夫も子供をいたのだ。

探偵はしっかりとした証拠を取り、Aさんにご報告する。

A子さんはその事実をもとにBさんに問いただした。

Bさんは浮気は止めると謝罪した。

そしてA子さんはC子さんと会い、夫との関係を止めるように促した。

C子さんは「分かりました、すみませんでした」と言っていたのだが・・・・

数日後、A子さんとBさんに驚く事実が襲った。

なんとC子さんが会社の上司に

Bさんからパワハラを受けていたと進言したのだ。

「Bさんから強引に関係を迫られた」と泣きながら話したらしい。

結局、会社側はBさんを追及し、懲戒解雇にした。

Bさんにとって今回の浮気の代償はあまりに大きかった。

(株)アイシン探偵では札幌、北海道を拠点に、全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ

浮気問題 浮気相手を自宅に入れる妻

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

北見市在住のAさん(38歳)から妻 B子さん(31歳)の調査を依頼される。

Aさんの仕事は看護師である。

数ヶ月前からB子さんの不審な行動があったらしい。

頻繁に実家に帰ると言っては外泊、飲み会と称しては外出する。

そして先日、妻のスマホを覗き見したらラインで男性とのやりとりが確認された。

早速、調査を開始する。

やはりB子さんの浮気が確認された。

浮気相手の男性 C(27歳)はB子さんが通うフィットネスクラブのインストラクター。

二人は週に何度も会い、密会を重ねていた。

そして驚くことにAさんが夜勤の時は自宅にCを泊らせていたのであった。

調査を終了し、全ての状況をAさんに報告させていただく。

Aさんも自宅に浮気相手を泊らせていた事実に憤慨していた。

Aさんは探偵に言った。

「次の夜勤、家に乗り込みます」と。

4日後の夜勤の日、Aさんは同僚に頼み、夜勤を替ってもらう。

当日、午後5時・・・・ Aさんは夜勤に行くと言って家を出る。

午後8時・・・Cが家にやってくる。

探偵は事前に自宅にマイクをしかけ、Aさんが乗り込むタイミングを確認する。

午後11時・・・スピーカーに声が入る。

どうやら二人がセックスを始めたようだ。

探偵がAさんに「今です」と促す。

Aさんは静かに自宅玄関のドアの鍵を開ける。

やはりドアチェーンがしてある。

探偵がチェーンを切るのを手伝う。

Aさんはゆっくりと寝室に向かう。

何も知らない二人は夢中でセックスをしている声が聞こえてくる。

Aさんが寝室のドアを開け、声をあげた。

「何やっているんだ・・・・」

B子さんとCは状況を理解できないでいたのだが、

その後、Cが慌てて裸で外に逃げていった。

B子さんは開き直り、逆ギレ。

「アンタ、今日は夜勤でしょう・・・」

「なんで急に帰ってくるのよ」と。

3日後、Aさんは離婚を決断し、市役所へ向かった。

(株)アイシン興信所では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所 ホームページ

浮気問題 浮気相手と子を自宅に招く夫

下記調査事例は様々な調査を元に創作したフィクションです。

帯広市在住のA子さん(33歳)から

別居中の夫(Bさん 36歳)の調査を依頼された。

A子さんは2週間前に子供を連れて実家に帰ってきている。

理由は夫が強引に別居を強要してきたことであった。

発端はBさんの不審な行動が続き、A子さんが問いただしたことから始まった。

Bさんは猛然と怒り、逆上した。

「お前のその疑り深いところが嫌なんだ」

「そんなに疑うのなら離婚する」

「とにかく、お前は子供を連れて実家に帰れ」

Bさんは毎日、A子さんに「実家に帰れ」と迫ってきた。

A子さんはいたたまれなくなり、長男(4歳)を連れて、

50キロ離れた実家に帰ったのであった。

探偵は早速、調査を開始する。

調査初日、Bさんが勤務先より出てきて、クルマに乗りこみ、走行を開始する。

探偵はBさんの車を尾行する。

とあるマンションの前にクルマを停めた。

小さな子供を連れた女性がBさんのクルマに乗る。

その後、スーパーでBさんとその女性、子供との3人で夕食の買い物をする。

そしてBさんはその女性と子供を連れて自宅へ帰った。

翌朝、Bさん、女性、子供の3人で家から出てくる。

昨日、その女性と子供を乗せたマンションの前で2人を降ろし、

Bさんは勤務先に到着する。

その後も探偵は調査を続け、様々なことが判明した。

Bさんは何度も女性と子供を自宅に泊めた。

その女性はC子さん(29歳)、そして子供はその女性の長男(4歳)であった。

そしてC子さんはバツ一の女性。

BさんはC子さんとの関係がバレそうになるとA子さんを実家に帰し、

C子さんとその子供を自宅に泊めていたのであった。

探偵はその状況をA子さんに報告させていただいた。

A子さんは憤りをあらわにしていた。

自分を追い出し、そして自分たちの家に浮気相手とその子供を泊らせる。

そして、その子供は自分の子供と同じ年。

A子さんにとってはあまりに受け入れがたい事実だったのであろう。

その後、A子さんは離婚を決断した。

(株)アイシン探偵社では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社 ホームページ

浮気問題 思い出との戦い

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は反省するどころか、開き直り、逆ギレをする。

何度も話し合いをするのだが、一向に夫の態度は変わらない。

妻は離婚も考えるのだが、思い出が襲ってきて決断ができない。

今、目の前にいる夫は浮気がバレて逆ギレをしている。

だが、思い出での中の夫は優しい笑顔をしている。

初めてデートをした時の照れ笑いをしていた夫・・・

プロポーズをしてくれた時の緊張していた夫の笑顔・・・

結婚式でのはにかんだ夫の笑顔・・・

子供が産まれた時、涙を流しながら笑っていた夫・・・

妻は思い出の中の夫の笑顔に苦しめられる。

このようなケースは多いのです。

人生は現在と未来を生きるもの。

そして過去の思い出にすがってはダメだと頭で分かっていても心が苦しい。

夫の浮気が発覚する。

その時、最初に戦う相手は思い出の中の夫なのです。

(株)アイシン探偵(興信所)では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵(興信所) ホームページ

無責任なsexで妊娠

妊娠をしたとたん、彼と連絡が取れなくなった・・・・

付き合っている彼の子供を妊娠したが、彼の住所を知らない・・・・

彼の子供を妊娠したが、彼は結婚結していた・・・・

妊娠し、結婚を約束したが、彼の名前も住所も嘘だった・・・・ 等など。

最近、探偵は無責任なセックスにおいて妊娠をするケースをたくさん見る。

確かにセックスは互いの同意があれば自由なのかもしれない。

だが、妊娠に対して責任が取れないのであれば、避妊は義務である。

避妊・・・ 単純にコンドームをつければよいだけである。

どうして、それができないのか?

どうか・・・妊娠に責任が取れないのであれば、避妊をしてほしい。

無責任な妊娠で中絶・・・それは殺人と等しいのではないだろうか。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所 ホームページ

浮気がバレると人のせいにする傾向

「お前のうるさいところが嫌で浮気したんだ・・・」

「こずかいを少ししかくれないから浮気したんだ・・・」

「お前の料理がまずいから浮気したんだ・・・」

「お前が子供ばかりかまうから浮気したんだ・・・」

「お前が俺を自由にしてくれないから浮気したんだ・・・」等など。

もし、妻の○○が本当に嫌であれば、離婚について話し合えば良い。

だが、浮気がバレタ時に限って

とってつけたように妻に対しての不満を言ってくる。

妻はこのような時、夫の言っていることを真剣に考えても意味はありません。

私が○○だから夫が浮気をしたんだわ・・・ などと考えても、

夫の浮気問題は解決などしないのです。

夫の浮気が発覚し、

夫が「お前の○○が嫌だから浮気したんだ」と言ってきたら、

「そんな話は浮気をする前に言いなさい」と言いきって下さい。

(株)アイシン探偵(興信所)では富良野市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所) ホームページ

浮気問題 相当の覚悟を持って戦う

例えば夫の浮気問題が発覚する。

妻は夫に浮気を問いただすのだが、夫は開き直り、逆ギレ。

このような展開の場合、

妻は「肉を切らせて骨を断つ」覚悟を持つ必要があります。

そこまでしたら噂が広がってしまうわ・・・・

これ以上、夫を責めたら嫌われてしまうわ・・・・ 等などと

妻が躊躇していたら問題は更に泥沼になることが多い。

夫の浮気問題は夫婦の危機であると同時に妻の人生の危機でもあります。

その一大事の時、自らも血を流す覚悟がなければ解決などしません。

夫の浮気問題が発覚。

その時、妻も血を流す覚悟が必要です。

「肉を切らせて骨を断つ」です。

(株)アイシン探偵では岩見沢市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・結婚調査・盗聴調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ

浮気問題  相手にすがれば離れる心

例えば夫の浮気問題が発覚する。

ここで夫が素直に謝罪をし、浮気を止めてくれれば良いのだが、

逆ギレをして開き直るケースも多い。

このような時、妻が夫にすがっていては浮気問題は解決しない。

いくら夫に「アナタの浮気、許しません」と言っても心ですがっていれば、

その言葉は何の意味ももちません。

アナタの浮気、許しません・・・・でも夫には嫌われたくない。

アナタの浮気、許しません・・・・でも離婚されたらどうしよう。

アナタの浮気、許しません・・・・でも怒って家を出ていったらどうしよう。

アナタの浮気、許しません・・・・でも給料を入れてくれなくなったらどうしよう。

夫の浮気・・・・

その時、心で夫にすがっていては、その浮気問題は解決しません。

(株)アイシン探偵(興信所)では滝川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所) ホームページ

浮気問題 意外と知らない妻の事

我々探偵が承る浮気調査は「妻の浮気調査」が多い。

そして妻の浮気において問題となるのが、

家庭のことをあまりに知らない夫たちである。

仮に妻の浮気が原因で離婚をすることになれば、

様々なことを整理しなければならない。

財産分与・・・

保険の名義変更・・・

持家の処分・・・  等など。

だが、家庭のことを全く知らない夫たちが多いのです。

持家の借り入れ金額も返済年数も分からない。

預貯金をしている銀行も分からなければ、預金額なども全く分からない。

何の保険に入っているのかも、保障の中身も分からない。

子供の塾の月謝も分からなければ、通っている塾の住所も知らない。

このように何も知らない夫たちが多いのです。

そして困るのが、財産分与で浮気妻に騙されたまま離婚になるケースです。

本当は数百万円の貯金があるのも関わらず、

妻に「貯金なんかないわよ・・・」と言われ、

離婚をしてしまうケースはかなりあると思う。

妻の浮気問題が発覚する。

夫が最初にすべきことは、家庭の様々なことを知ることです。

特に預貯金は可能な限り調べてください。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 北海道ホームページ