浮気問題 答えの出ない悩み

探偵は悩み、苦悩されているたくさん方のご相談をお受けします。

配偶者の浮気問題や離婚問題、身内の失踪や家出などなど。

そして思うことがあります。

答えのでないことに悩まれている方がじつに多い・・・と。

悩むことは、非常に精神力を消耗します。

だからこそ、答えのでないことに悩まないでほしいと思います。

例えば・・・・夫の浮気が発覚する。

妻は一生懸命に悩む。

どうしてこんな男(夫)と結婚したのだろう・・・・

どうしてあの時、仕事を辞めて専業主婦になったのだろう・・・・

どうしてマンションなど買ってしまったんだろう・・・・

こんな男(夫)と出会わなければ良かった・・・・ などと悩んでしまう。

でも、答えの出ないことをいくら悩んでも仕方がありません。

どうしてこんな男(夫)と結婚したのだろう・・・といくら悩んでも、

現実は何一つ変わりません。

だからこそ、悩むのであれば、答えのでることに悩んでほしい。

離婚をしようか? 今はこのまま様子を見ようか?

離婚した場合、一人親手当て(母子手当て)の金額は?

夫の浮気相手の女性を訴えるべきか? 

子供の親権はどうなるのだろう?

離婚した場合、自分はどんな仕事ができるのだろうか?

どうせ悩むのなら、答えの出ることで悩んでほしいと思います。

探偵はハッキリと言います。

「過去のこと」や「悩んでも答えのでないこと」に悩んでも、

今の現実は変わりません。

悩むのなら答えの出ることに悩んでください。

(株)アイシン興信所では
釧路市・根室市・富良野市・芦別市・砂川市・美唄市・札幌市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  札幌ホームページ

浮気問題 別居の原因をハッキリさせる

例えば妻の不審な行動が続く。

だが、夫は妻に対して何も言わない。

まさか?妻が浮気をしているはずがない・・・と現実を見ようとしない。

実際、このような状況に遭遇している夫たちは多い。

でも、妻が何かしらの理由をつけて別居や実家に帰った場合、

夫はやはり決断をしなければなりません。

見たくなくとも現実を見極め、対処をしなければなりません。

別居後、妻の浮気の事実を夫が知る。

だが、別居が長期になっていれば、妻は必ず同じ言い訳をします。

「彼との関係は別居をしてから・・・・」

「既に婚姻関係が破綻している」と。

ですから、妻が強引に別居を進めた場合、夫も決断しなければなりません。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気疑惑・・・・そして別居。

そのような状況になった場合、夫は現実を見る決断をしてください。

(株)アイシン探偵事務所では
富良野・帯広・紋別・網走・釧路・根室・札幌・千歳・苫小牧・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  帯広ホームページ

浮気問題 離婚しない決断

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをしてくる。

お前とは浮気をする前から離婚を決めていたんだ・・・

お前がちゃんと家事をしないから俺は浮気をしたんだ・・・

お前とは性格の不一致だから離婚するんだ・・・

お前の料理がまずいから離婚するんだ・・・ 等など。

浮気がバレタのなら離婚してしまえ・・・と妻に離婚を強要してくる。

妻は毎日、毎日、夫に離婚を迫られて悩み、戸惑ってしまう。

まるで浮気をした夫より、

離婚を承諾しない自分が悪いように言われ続ける。

実際、このような展開にいたっている奥さんたちは多いのです。

そんな奥さんたちはまず「離婚しない」と自分自身で決めていただきたい。

法律上、有責配偶者(浮気をした方)からの離婚要求などは

基本的に認められません。

また、一方的に「性格の不一致」といって離婚が認められることもありません。

ですから、夫が浮気をし、開き直り、逆ギレをして離婚を要求してきても、

妻はキッパリと「私は離婚をしません」と宣言すればよい。

夫が何を言ってきても、繰り返し「私は離婚をしません」と言うのです。

夫がどうしても離婚をしたければ、

妻の納得のいく条件を提示し、妻が承諾しなければ離婚は成立しないのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚する。

まずは「私は離婚などしません」と夫に言い切ってください。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所  北海道ホームページ

浮気で変貌する夫

例えば・・・夫の浮気が発覚する。

夫は、まるで人が変わったようになってしまう。

今まで休日は必ず子供と過ごしていた夫なのにまるで子供に関心がなくなる・・・

今までは「小遣いは必要なときにくれればいいよ」と言っていたのに、

急に「金、金、金」とお金を出せといってくる夫・・・

「僕は本当に幸せだよ」と言ってくれていた夫が

最近は「お前との生活は地獄だ」と離婚を迫ってくる・・・

妻は、あまりの夫の豹変に戸惑い、訳が分からなくなってしまう。

だか、これは「訳が分からない」ことでもなんでもないのです。

浮気で人格が変わってしまったのです。

人は生きていくうえで何事にも優先順位があります。

まず家庭が大事、そして仕事も大事、また健康も大切にしなければ、と考える。

だが、「浮気という刺激」であらゆる優先順位の1番目が

「浮気」になってしまうのです。

ですから、今、浮気をしている夫は妻が知っている夫とは

別の人間だと思って対応する必要があります。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚する。

「夫はどうしてこんなに変わってしまったの」と戸惑うよりも、

今、浮気をしている夫は

自分の知っている夫とは別人と思って対応してください。

(株)アイシン探偵事務所では
滝川・深川・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  滝川ホームページ

浮気離婚問題  手放して掴む幸せ

例えば・・・・

夫のことで悩んでいるA子さん。

夫はDVの傾向があり、酒癖も悪く、浮気も何度もある。

また仕事も長続きがせず、A子さんが仕事を掛け持ちして生計を立てている。

だが、Aさんは必死で夫と離婚しないように頑張り続けている。

B子さんは妻子ある男性と不倫をしている。

その男性は「もう少しで妻とは離婚できるからね」と

3年以上、同じことを言ってくる。

ある時、その男性が別の女性と不倫しているとの噂を聞く。

その噂を聞いたB子さんは更に必死でその男性の心をつなぎとめようとする。

妻の浮気で悩んでいるCさん。

Cさんの奥さんは何年も浮気をしている。

Cさんはその事実を知りながら、離婚を避けたいと黙認している。

探偵は今の「不幸」を必死につかんでいる人たちを見ます。

今、その「不幸」を手放せば・・・・と探偵は思ってしまう。

探偵はハッキリと言います。

今、アナタが必死でつかんでいるものは「幸せ」ですか?

(株)アイシン探偵事務所では
稚内・紋別・網走・釧路・根室・札幌・恵庭・伊達・函館・北斗 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  恵庭ホームページ

浮気問題 無責任な男のセリフ

不倫ドラマの中で必ず出てくる言葉が『妻とは必ず離婚するよ・・・』

そのようなドラマでは妻は悪妻として表現され、

不倫相手の女性はけな気な女性として描かれる。

だが、考えてみてほしいのです。

『妻とは必ず離婚するよ・・・』との言葉ほど無責任な言葉はない。

結婚は互いの人生に責任を持ち合うことの約束。

その約束を自分の浮気という勝手な行動で反故にしようとする。

そして不倫相手の女性には「妻とは必ず離婚するよ」と言って

気持ちをつなぎとめようとする。

だから、妻とは必ず離婚するよ・・・などという男を

絶対に相手にしてはいけません。

探偵はハッキリと言います。

妻とは必ず離婚するよ・・・などという男は絶対に無責任な人です。

そんな無責任な人に騙されてはいけません。

(株)アイシン探偵では
札幌・小樽・余市・江差・函館・北斗・歌志内・赤平・芦別・富良野 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  小樽ホームページ

浮気問題 毎日変わる態度の訳

例えば夫の浮気疑惑。

だが、夫の態度が毎日、変わる。

ある日は会社から帰宅するなり、妻にベタベタとくっついてくる。

そして「今週の日曜日はみんなでお出掛けしよう」と言ってくる。

だが、次の日は態度がいっぺん。

「俺はお前とはもう結婚生活は続けられない」

「早く離婚してくれ」と言ってくる。

妻は毎日、変わる夫の態度に困惑してしまう。

でも、これは簡単な原理です。

浮気相手の女性の「ツンデレ作戦」の結果です。

浮気相手の女性は妻のいる男性に対して、

常に自分に気持ちを向けようと必死です。

ある時は「私にとってアナタが全てなの・・・・」と甘えてくる。

そうされた夫は、自宅に帰ってくると妻に対して離婚を迫ってくる。

また、ある時は「来週は友達と旅行に行くから会えないわ」と気を持たせる。

そんなふうに言われた夫は不安で家に帰ってきて妻に甘えてくる。

簡単に言えばこのような夫は浮気相手に「ツン」とされれば

家に帰って妻に甘えてくる。

浮気相手に「デレ」とされれば、家に帰ってきて妻に離婚を迫ってくる。

探偵はハッキリと言います。

毎日変わる夫の態度に振り回されてはダメです。

その原因は浮気相手の「ツンデレ」なのです。

(株)アイシン興信所では
札幌・岩見沢・三笠・芦別・富良野・帯広・釧路・根室・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  富良野ホームページ

浮気問題 事実を受け入れ前向きになる

調査が進むある日、依頼人K子さんと今後の打ち合わせのためにお会いした。

K子さんからの依頼は夫の浮気調査である。

ほぼ夫の浮気の実態が判明し、

最終的な方向性について探偵も一緒に考えさせていただいていた。

探偵はK子さんとお話をしていて、

明らかにK子さんの言葉が変わっていると感じた。

全ての言葉が前向きになっていたのです。

探偵はK子さんにお聞きした。

探偵    「K子さん、明るく、前向きになりましたね」

K子さん  「そうですか」

        「でも、一つだけ心がけていることがあるんです」

探偵     「それは何ですか?」

K子さん   「どうして・・・を言わないことにしたんです」

K子さんはある本の中に「どうしてを言わない」ということが書いてあったそうだ。

何か自分に不都合なことがあった時、

「人はどうして・・・」と何かの責任にしてしまう。

でも、それはかえって自分を苦しめてしまうと作者は書いていたのだ。

その本を読んだその日からK子さんは「どうして」を言わないと決めたそうだ。

この夫と結婚を決めたのも自分・・・と全てを受け入れることにした。

今の現実を受け入れると前向きに考えられるようになったそうだ。

どうして・・・を言わない。

探偵も今後、まねをさせていただこうと思います。

(株)アイシン探偵事務所では
千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・士別・名寄・稚内 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  苫小牧ホームページ

浮気問題  怪文書の犯人は・・・

例えば夫 Aの浮気が発覚する。

相手は夫の職場の同僚女性 B子であった。

だが、妻は子供がまだ幼く、離婚はしない・・・と決断する。

当初、夫は浮気相手の女性にコントロールされ、離婚を迫ってきた。

妻は辛抱強く、何度も夫と話し合った。

夫も徐々に冷静になっていた。

数日後、夫の会社の社長宛に怪文書が届く。

アナタ会社の女性社員B子はAと不倫をしている・・・・

Aの奥さんはその関係に非常に悩んでおられる・・・・

B子はそれでもしつこくAに付きまとっている・・・

その他、当事者たちしか知らない内容のことが延々と書かれていた。

当然、AとB子は社長に呼ばれ、厳重に注意をされる。

Aは考える・・・・ いったい誰がこんな手紙を社長に送ったんだ・・・・と。

そしてAは一つの答えを出す。

犯人は「妻だ・・・・・・・・」と。

「Aの奥さんはその関係に非常に悩んでおられる」

「B子はそれでもしつこくAに付きまとっている」等と書くのは妻しかいない・・・。

だが、探偵はこのような展開にたくさん関わってきていますが、

たいていの場合、このようなケースの手紙の送り主はB子です。

いわゆる「自爆攻撃」である。

明らかに自分が一番悪いような内容の手紙を書き、

自分をあえて責められる立場に追いやり、Yの同情をかい、

Aが自分の妻を疑うように仕向ける。

実際、このようなケースは多いのです。

探偵はハッキリと言います。

不倫をばらす怪文書が届く。

その怪文書で一番に責められている人物がその手紙を書いた「犯人」です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・士別・名寄・稚内・紋別・網走・釧路・根室・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  千歳ホームページ

結婚調査  結婚は慎重に

結婚詐欺と言えば、結婚をちらつかせて、金品を搾取する詐欺のこと。

だが、最近は本当に結婚する結婚詐欺も増えているのです。

例えば・・・・

ネットのコミニティーサイトでA子さんと知り合ったBさん。

数ヶ月間、ネット上でのやり取りを重ね、実際にデートすることになった。

BさんはA子さんに一目ぼれ。

その後、何度もデートを重ねる。

数ヵ月後、BさんはA子さんにプロポーズをする。

A子さんの答えはイエス・・・・

結婚式はA子さんの強い希望でしないことになった。

Bさんは二人で住むマンションを購入し、結婚生活がスタート。

だが、BさんはA子さんの結婚前のことも親のことも何も知らない。

A子さんの話では

「両親は九州に住んでいて、母親が入院している」

「だから、私の両親には結婚後、母が退院してから会いましょう」

「1年前に北海道に来たのだが、それまでは九州で仕事をしていた」

「北海道には友人もいない」 等など。

結婚後、A子さんはBさんに言った。

A子さん  「私たちの結婚は愛を大切にしていきましょう」

       「どちらかの愛がなくなったら傷つけあわずに離婚しましょう」

       「だから、この離婚届をお守りかわりに書いておきましょう」

Bさんは不思議に思ったが、A子さんの言うとおりにした。

入籍して一ヵ月後、A子さんは書き置きの手紙を残し、いなくなった。

手紙には「今でありがとう」

「アナタへの愛がなくなりました」 「だからこの家を出て行きます」・・・と。

そして、Bさんが独身時代に貯めていた1千万円のお金を

持って出て行ったのだ。

Bさんは翌日、役所に行って確認したら、離婚届けが出されていた。

唖然とするBさん・・・

そして初めてA子さんの戸籍を見たBさんは更に唖然とした。

Aさんは産まれも育ちも北海道。

そしてBさんと知り合う一年前に離婚していたのだ。

BさんはA子さんの元夫と会った。

話をすると元夫もBさんと同じであったのだ。

やはり、突然に家を出て行き、離婚届けを出され、

貯金も持っていかれていたのだ。

実際にこのようなケースが多いのです。

本当に結婚する・・・・結婚詐欺にご注意。

(株)アイシン興信所では
札幌・江別・岩見沢・砂川・滝川・深川・旭川 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  江別市ホームページ