妻の浮気で離婚 財産分与は発生する

例えば、妻の浮気問題が発覚する。

妻は開き直り、逆ギレをする。

紆余曲折があり、夫は離婚することを決断する。

そして、夫は月に6万円の養育費と妻に300万円の現金を持たせての離婚となった。

離婚時にお金に関して決めることは3つ。

1.慰謝料
  相手方に有責性(浮気・DVなど)などがある場合。

2.養育費 
  仮に妻が浮気をしての離婚であっても養育費の金額は関係ありません。

3.財産分与
  結婚してからの築いた資産は完全に折半です。

上記の場合、妻の浮気問題において妻が夫に支払う慰謝料が200万円。

そして、預貯金が1000万円あった場合、まずは財産分与で妻が500万円。

そこから自分の浮気の慰謝料200万円を引いて、300万円を離婚時に受け取る。

そして、夫は毎月、養育費として6万円を支払い続ける。

法律の上では当然のことであるが、夫としてはやりきれない。

一生懸命に働いて家族と暮らしている。

そして、妻の浮気が原因で離婚になる。

子供と離れ離れになり、養育費を送り続ける。

妻には300万円のお金を持たせる。

法律上は論理が通っていても、心情的には夫は不条理である。

上記のような例を探偵はたくさん見てきています。

妻が浮気・・・ そして妻に300万円を渡して離婚になる。

法律的には夫はその不条理を受け入れるしかないのです。

※当然ながら、夫の浮気の場合も同じことが言えます。

(株)アイシン探偵では函館市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・失踪人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 函館市ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA