夫婦の立場が逆転

探偵という仕事は世俗を一番早く感じとります。

近年、もっとも変化を感じたのは、妻と夫の力関係が変わってきていることです。

20年位前夫たちは、まだ家庭の中では家長であり、子供たちも父親には尊敬と畏怖を持っていた。

だが時代は全く変わりました。

夫はひたすらに働き続ける存在。

転勤も当然、家族は一緒には来てくれず、単身赴任があたりまえ。

子供も家庭の中で、父親より母親が強い立場であることを幼いときから認識する。

また、DVも探偵が思うところでは、夫から妻へのDVと同じくらい妻から夫へのDVやモラハラもある。

また、夫の単身赴任中に妻の浮気・・・というケースも増えてきている。

今の社会ではいろいろな部分で夫たちは冷遇されている。

夫婦が離婚になった場合、親権はほぼ無条件で母親(妻)が得ることになる。

どんなに夫が子供を渡してくれと懇願しても法律は「母子優先」という判断をくだす。

また、夫から妻へのDVは警察も社会も対応してくれるが、

逆の場合(妻から夫へのDV)は全く相手にしてくれない状況

そんな夫たちには辛い時代になっているという現実もあるのです。

でも、そんな夫たちにも一つの武器があるのです。

それは「やせ我慢」という絶対的な武器です。

妻が強い時代です。

そして夫たちには辛い時代です。

だからこそ、男には「やせ我慢」という武器があるのです。

(株)アイシン興信所では札幌を拠点に北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・結婚調査・家出人調査ほか
様々な調査を承っております。