夫婦関係のモラハラに気づいたら、後戻りしない。

例えば、夫のモラハラ。

夫は普段から妻を支配下に置こうとする。

お前は俺がいるから生きていられるんだ・・・・

お前は一人では何もできない女なんだ・・・・

お前は俺のいうことを聞いていればいいんだ・・・・

夫は妻に対して常に支配的で高圧的な態度を取る。

気にくわないことがあると、妻に対して暴言、そして無視をする。

また、モラハラ夫の特徴として、浮気癖がある。

そうして妻たちは勇気を振り絞って離婚を決断する。

だが、中にはそんなモラハラ夫から離れられない妻たちもいます。

俺にはお前が必要なんだ・・・・

お前は俺がいてこそ、生きていられるんだ・・・・

モラハラ夫たちは、どのように妻に言えば、

妻が自分から離れないのかを知っているのです。

そして、妻たちは、再びモラハラ夫の元へ帰っていく。

そして、また夫のモラハラをうけてしまうのです。

このような展開を探偵はたくさん見てきています。

一度目は親や姉妹、友人などが助けてくれた。

でも、2度目は誰も助けてくれない。

自分が好きで戻ったんでしょう・・・・と。

探偵はハッキリと言います。

今、モラハラ夫について悩んでいる奥さんたちへ。

決断したら、後戻りをしてはダメです。

モラハラ夫が優しい夫に変わる事はありません。

(株)アイシン探偵では小樽市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴器発見調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  小樽市ホームページ

浮気離婚問題 「別れない」と決める

夫の浮気が発覚する。

そして、夫は開き直り、妻に離婚を迫ってくる。

その時、妻も夫と同等の収入があれば別だが、

専業主婦であったり、パート勤務の場合、離婚は妻の生活に直結する。

まして子供が幼い場合は、夫からの離婚の要求は未来が絶望的に見える。

でも、ここで妻は1つのことを決めてほしいのです。

それは「納得のいかない離婚は絶対にしない」ということです。

そもそも離婚というものは、浮気をした方が一方的にできるものではありません。

ですから、妻はハッキリと言うのです。

私はアナタの浮気を許しません、そして離婚もしません・・・と。

そして、納得のいかない離婚はしないと決めた後は、

別居をするなり、婚姻費用を請求するなりをすればよいのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気、そして開き直り、離婚を迫ってきた時、

まずは「納得のいかない離婚はしない」と決めてください。

浮気問題の戦いはそれからです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市・小樽市・函館市・旭川市・帯広市・北見市・釧路市・根室市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 興信所  小樽市ホームページ

浮気問題 慰謝料請求は離婚後より離婚前!

例えば・・・・・

妻がとにかく離婚を要求してくる。

毎日、毎日、夫が会社から帰宅すると妻は「離婚してくれ」と言ってくる。

「アナタとは価値観が違いすぎる」

「アナタの親とはこれ以上、付き合えない」

「これ以上、アナタを嫌いになる前に離婚しましょう」

「一度、離婚して互いに考えましょう」

こんなふうに言われ続け、夫はとうとう離婚を承諾する。

だが、離婚後に夫の元に様々な情報が入ってくる。

「奥さんが見知らぬ男性と街を歩いているのを見た」と

友人が教えてくれる。

「男性が運転した黒い車がいつも迎えに来ていたわ」と

近所の奥さんが教えてくれる。

また、妻が離婚後にすぐに男性と暮らし始めたことを知る。

そして、夫は離婚前から浮気をしていたことが分かる。

夫は自分に対しての惨めさと妻に対しての怒りがこみ上げてくる。

探偵はそのようなご相談をたくさん、お受けするのです。

でも、どうすることもできないのです。

仮に離婚した妻に「離婚前の浮気」について、

訴えたところで慰謝料をとることは困難です。

基本的に離婚してからでは遅いのです。

探偵はハッキリと言います。

男(夫)は妻を疑わない、疑いたくない、そして現実を見たくない。

でも、離婚してからでは、全てが遅いのです。

(株)アイシン興信所では
札幌市・小樽市・余市町・函館市・北斗市・旭川市・帯広市・北見市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  小樽市ホームページ

浮気妻が女に変わる時

夫が仕事から帰宅すると小さな子供を夫に預け、遊び歩く妻・・・

子供を実家に預けっぱなしで浮気相手とラブホテル通いの妻・・・

託児所に子供を預け、浮気相手と毎日、パチンコデートをする妻・・・

とにかく子供をないがしろにして浮気三昧の妻が多いのです。

そして、そのような妻たちの夫は子煩悩な人が多いのが救いです。

でもどんなに子供をないがしろにして、浮気ばかりをする妻に対して、

本当に子供のことを大切に思う夫が親権を主張する。

だが、法律は「子供が小さいうちは母親が親権者として適切」と決める。

これは調停でも裁判でも同じです。

離婚後、妻はその浮気相手と同棲する。

そしてその内縁の夫に子供が虐待をされる。

このような不条理がまかり通っているのです。

世の中の調停員と裁判官へ・・・・・・

子供が小さなうちは母親が親権者として適切・・・ などと

画一的な判断は止めなさい。

父親と母親・・・ じっくりとどちらが親権者として適切なのかを考えなさい。

(株)アイシン興信所では
札幌市・小樽市・函館市・旭川市・北見市・帯広市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 ホームページ

小樽興信所 ストーカー調査~登録情報とストーカー

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

ストーカー調査・札幌  事例

札幌市でOLをしているA子さん(25才)から、

当社無料電話相談にご相談いただいた内容は、無言電話についての悩み。

一人暮らしのA子さんの自宅固定電話に

頻繁にかかってくる無言電話に悩んでいるとのこと。

相談員が状況を聞いた結果、現状では我々探偵が調査をするより、

固定電話を非通知電話拒否設定にするようアドバイスさせていただきました。

2週間後、再度、A子さんよりお電話をいただき、

今度は携帯電話に無言電話があったとのこと。

すぐに携帯電話も非通知拒否設定にしたのですが、

その他にも、メールボックスに不審な手紙が入っており、

一方的に自分の想いを書きつづったものであったとのこと。

その手紙には、名前も当然書いておらず、

「いつもあなたのことを見ています」等など。

そこで、当社に調査依頼。 A子さんから、

交友関係、生活状況、通勤経路、など詳細をお聞きいたしました。

まずは、A子さんが出勤してからの自宅マンションの張り込み、

同時にA子さんの通勤時の尾行。

調査結果としては、裕美子さんがよく利用する某レンタルショップのアルバイト店員。

年齢は19才の学生。

A子さんが、同店に会員登録したときの電話番号、住所などを入手したとのこと。

我々の取得した証拠を見て、本人もストーカー行為を認め、

今後は二度とそのような行為をしないことの念書を書かせました。

以後はAさんにそのようなことは起こっていない。

※ ストーカー問題などで悩まれている方の
  解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵社では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・富良野・根室・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵社 小樽ホームページ

興信所 小樽市 浮気問題~二つの孤独の選択

例えば夫の不審な行動。

妻は悩んだ末に浮気調査を依頼する。

やはり結果は夫の浮気が確認された。

妻は一生分の孤独感を感じ、身動きが取れなくなる。

もし離婚になったらどうしよう・・・

あの人には私以外に好きな人がいる・・・

夫の浮気という非常事態により、

妻は耐えきれないほどの孤独感が襲ってくる。

このような展開を探偵はたくさん見る。

この状況を打開する方法は打開する方法は一つです。

分かり切った答えですが

「孤独への恐れの克服」しかないのです。

もし離婚になっても孤独は襲ってくる。

でも浮気をしている夫を黙認することも孤独です。

人は様々なことを恐れます。

病気・・・

失業・・・

貧乏・・・

離婚・・・

失恋・・・

そして孤独も恐れます。

探偵はハッキリと言います。

孤独に対しての選択肢は2つ。

浮気を容認しての孤独を受け入れるのか?

浮気問題と戦って離婚後の孤独を取るのか?

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・函館・北斗・旭川・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 小樽市 浮気問題~寂しさから騙される

近年、探偵に寄せられるご相談の中に

お金に関することが多い。

例えば風俗店やキャバクラで知り合った女性。

自分は難病指定の病気にかかっている・・・

母が病気でお金に困っている・・・

働きながら専門学校に通って生活がたいへん・・・

明日で携帯電話がとまってしまう・・・

友達の保証人になってしまって・・・

様々な理由で女は男のサイフを開けさせようとする。

男は寂しさから女にお金を渡す。

そして翌日から連絡が取れなくなる。

男は女が本当に入院したんだろうか?

母親がなくなったんだろうか? と悩んでしまう。

そして探偵に女の安否の調査を依頼する。

そして男は愕然とする。

自分は騙されていたのだと。

このようなケースが実に多いのです。

お金は魔物です。

誰かを傷つけたる・・・

自分を傷つける・・・

人生を狂わせる・・・

探偵はハッキリと言います。

男は寂しさの中にいて、ふとしたきっかけで女にお金を渡す。

だがお金を出してしまった後にもっと寂しくなるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・函館・旭川・名寄・稚内・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 小樽市 浮気問題~探偵まで遣わせたのは、あ・な・た!

例えば妻の不審な行動。

日曜日は夫に子供を託して外出。

妻は「たまには私も息抜きが必要なのよ」と

朝から外出し、帰宅は夜になる。

夫が「どこに行っていたの」と聞くと「息抜きよ」と怒ってくる。

平日も実家に子供を預けているようだ。

夫は友人などに相談するとみんなが口をそろえて言う。

「浮気しているんじゃないか」と。

夫は悩み考えて探偵に調査を依頼する。

探偵が調査をしてみるとやはり妻は浮気をしていた。

週に何度も実家に子供を預け、浮気相手と密会。

関係もに詰まっているようだった。

夫が妻にその浮気の事実を問いただすと

妻はとにかく夫が探偵まで使って調べてことに激怒する。

「男のくせに探偵まで使って」

「探偵まで使うような人だから嫌なのよ」

「探偵まで使って女の腐ったような人ね」

とにかく全て「探偵を使った夫」が悪いと主張する。

このようなケースは実に多い。

だが本当に探偵までを使って調査した夫が悪いのだろうか?

人はそれぞれの価値観を持っているのだから

妻の考えもその価値観と言えばそうかもしれない。

でも結婚は互いの人生に責任を持つことの約束。

また夫婦という共同体で子供を育てる責任を持つこと。

それを一方の不倫という破壊行為をした方が悪いのか?

それを探偵を使って調べた方が悪いのか?

探偵はハッキリと言います。

「探偵まで使って」と開き直る前に

自分の責任も考えて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・石狩・留萌・稚内・網走・釧路・旭川・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

探偵 小樽 行動調査~出会いの多様化と危険

探偵が若いころの男女の出会いは限られていた。

学生時代の同級生・・・

会社の同僚・・・

友人の紹介・・・

上記の出会いので共通しているのは

互いの情報がある程度、分かっていること。

近年の男女の出会いにおいては

出会い系サイト・・・

結婚相談所・・・

合コン・・・

このような出会いの場合、

交際前の相手の情報が希薄である。

交際はある程度、自由で良いと探偵は思います。

だが結婚は違います。

様々な責任がでてきます。

子供に対しての責任・・・

家庭に対しての責任・・・

社会に対しての責任・・・

やはり結婚前には立ち止まって考える必要があります。

探偵が結婚調査をする場合、様々な視点で見ていきます。

コンビニで買い物をした時などは

買い物を終えて「どうもありがとう」と言えているか?

外食をしたときに「ごちそうさま」と言って店を出るのか?

何気ない態度から相手の「本当」が見えてくるのです。

探偵が結婚調査をするときに心がけることは

100の聞き込みより1の行動調査。

探偵が自分の目で相手を見て何を感じるのか?なのです。

もしアナタが結婚を考えているのなら

相手の何気ないしぐさにその人の本当の姿があります。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 小樽市 浮気の傾向と特徴

小樽の人口は13万人。

ここ数年は人口が減少している。

札幌のベットタウンとしての発展しきれていないのも

要因である。

浮気の傾向としては妻の浮気より

夫の浮気が多い傾向にある。

浮気のパターンとしては

銭函などに点在するラボホテルを利用しての密会が多い。

また札幌市に隣接することもあり、

札幌市内にクルマで移動し、デートなどをする場合もある。

地域密着性が高いので浮気当事者たちの警戒度も高い。

(株)アイシン探偵事務所では
小樽・函館・旭川・帯広・北見・紋別・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。