興信所 三笠市 浮気問題~言われるままにならない

配偶者の浮気問題に直面している方へ。

相手の開き直りと逆ギレ。

当事者間での話し合いがつかない。

そうなってくるとアナタはその後の相手方との交渉を

弁護士にお願いすることになる。

だがここで大切なことがあります。

弁護士にまかせっきりにすることはダメです。

弁護士は様々なことを勘案し、話をまとめようとする。

時には依頼人の気持ちより、

話のまとめやすさを優先する。

また弁護士の中には依頼人の望むことが

時間のかかることだとすると、

『それは法律的には認められない』と

言ってくるケースもある。

また明らかにやる気のない弁護士もいる。

いずれにしても弁護士選びは慎重にして下さい。

そして委任する弁護士が決まったなら

ハッキリと自分の望む方向性を伝えて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では

釧路・根室・富良野・芦別・赤平・砂川・札幌・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 三笠市 夫の浮気問題~夫の親には相談しない

例えば夫の不審な行動が続く。

帰宅時間が極端に遅くなり、

日曜日も仕事と言って外出する。

また平日も外泊することも多くなる。

妻が何度か夫に話をするが

夫は取り合わないどころか逆ギレと開き直りをしてくる。

妻は悩みこんでしまう。

近くに住んでいる夫の母親はその妻の様子を見て

心配して話をしてくる。

義母   『最近、痩せて顔色も悪いけどどうしたの?』

妻 『夫が浮気をしているみたいです』

義母  『話し合ったの?』

妻    『全然、取りあってくれません』

義母  『私から言ってあげようか?』

妻    『私、探偵に頼んで調べてもらいます』

義母  『そうなの、これからも私に相談してね』

妻   『ありがとうございます』

その後、妻から当社にご相談をいただく。

夫の現在の行動状況や

義母に相談した経緯などをお聞きする。

探偵は少し困惑してしまう。

義母に話した「探偵に頼む」である。

義母が夫に既に「探偵に頼む」ということを言っている可能性がある。

妻には義母に「探偵に頼むのを止めました」と

言ってもらったのだが・・・・

その後、探偵が調査を進めて行くと

やはり夫の様子が変であった。

浮気相手のマンションに入る時も、

あたりを見回し、物陰に隠れながら入って行く。

やはり「調べられているかも」と感じている行動であった。

もし浮気調査を考えているのなら

夫の両親には相談しない方が良い。

また夫の両親はもし裁判になったら、

相手側の立場になります。

敵か味方かで言えば「敵」になるのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題を夫の両親に相談してはダメです。

(株)アイシン探偵事務所では
帯広・北見・紋別・網走・釧路・根室・旭川・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011−784−2977

興信所 三笠 浮気問題と戦うためには「折れない心」

アナタが配偶者の浮気で悩んでいる時、

一番に必要なものは、

探偵による浮気の証拠・・・・

法律的知識・・・・

お金・・・・   ではありません。

一番に必要なものはアナタの折れない心と強い意志です。

信じていた相手の裏切り。

それは結婚する時には想定していなかった非常事態です。

その非常事態においては

やはりアナタの折れない心が必要です。

例えば夫の浮気が発覚する。

いくら浮気の証拠を取りためてもアナタの強い心がなければ

相手に立ち向かってはいけません。

夫に「アナタの浮気証拠があるのよ」と言って

夫が「それじゃ調停でも裁判でもすればいいだろう」と

言われる。

それでアナタの心が折れてしまえば負けです。

「私はアナタの浮気は許しません」と

言えることが重要なのです。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題の解決で浮気の証拠は二番目です。

一番に必要なものはアナタの折れない心です。

(株)アイシン探偵事務所では

赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・札幌・稚内・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

探偵 三笠 「俺はヤクザに追われてる」と女性を騙し続けた男

ある女性からの依頼。

「ヤクザに追われている彼を助けてほしい」と。

内容は5年前、彼から

「トラブルをおこして、ヤクザに追われている」

「少し旅に出る」

「トラブルが解決したら結婚しよう」と言われたそうだ。

そしてその後も一年に数回、彼から連絡が入る。

「明日の6時、狸小路の3丁目で待っている」

「その時に50万円、貸してほしい」 等など。

そのたびに彼女はお金を工面して貸していた。

彼女から彼の携帯電話に連絡しても基本的にでない。

たまに電話がつながっても

「今はまずい、またこちらから電話する」と

焦りながら話をしてくる。

彼女はいつも彼のことを心配していた。

そのような状況で5年が経過したらしい。

探偵が調査を開始。

そして色々な情報が集まった。

だが、おかしい・・・・・

○○団地に数年前から住んでいる・・・・・

5年前に結婚したらしい・・・・・

子供が4歳・・・・・・

やはり探偵の推測が当たった。

彼女は騙されていた。

探偵が調査を続けると全ての詳細がつかめてきた。

当時、彼は彼女と今の奥さんと二股交際をしていた。

その後、今の奥さんと結婚が決まった。

彼女には「ヤクザに追われ、旅に出る」と言って姿を消す。

だがお金に困ると彼女にお金を借りるために連絡を寄こす。

全く呆れた話である。

「なぜそんな嘘に騙されていたの」と思う人もいるかもしれない。

だが恋愛には「信じたい願望」があるのです。

他人が聞くとすぐに嘘とわかることも信じたい、信じる。

そんなことも恋愛の一部なのかもしれません。

だから、なおさら探偵は許せません。

探偵はハッキリと言います。

恋愛感情を利用しての詐欺などするな・・・・・

(株)アイシン探偵事務所では

苫小牧・室蘭・函館・北斗・札幌・旭川・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所(探偵)三笠 浮気問題~今を生きるということ

配偶者の浮気で悩んでいる方へ。

信じていた相手の裏切りに

怒りや不安、挫折感、焦りなど

色々な感情がアナタに押し寄せる。

そんな時だからこそ、今を生きてください。

優しかったころの相手との思い出にすがりながら

過ごす日々はやはり今を生きていません。

また、今は相手の浮気に目をそむけて

仮面夫婦の状態で過ごす日々も

やはり今を生きていません。

アナタが「今」を生きることは楽なことでありません。

だがアナタが命を授かったことの意味があるのです。

探偵はハッキリと言います。

人生は「今」の連続なのです。

アナタが生きるのは過去でも未来でもないのです。

アナタが生きるべきはやはり「今」なのです。

三笠市の浮気調査、所在調査、行動調査など
お気軽にご相談下さい

(株)アイシン探偵事務所 では
札幌・江別・岩見沢・砂川・美唄・滝川・旭川・名寄 他
北海道全域で様々な調査を承っております

興信所 三笠市 浮気・離婚問題~因果応報

浮気や離婚などで悩んでいる方へ。

なぜ、自分がこんな辛い目に合うのか・・・

行き場のない思いがさらに自分を苦しめる。

いっそ因果応報と開き直ってみてはどうでしょう。

自分を裏切った相手と結婚を決めたのは自分と・・・

因があって果になる。

原因があってその結果が出る。

意外と今の辛さを自分のせいにしてしまうと

楽になることが多いのです。

また因果応報は今後のアナタの未来も創るのです。

これからは自分の幸せの未来を創る因を

重ねて生きてみてはどうでしょうか・・・

三笠市の浮気調査、所在調査、行動調査など
お気軽にご相談下さい

(株)アイシン探偵事務所 では
札幌・室蘭・函館・北斗・旭川・紋別・釧路・芦別 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 三笠市 浮気問題~こんな時こそ、男のやせ我慢

日本の法律では男女平等を謳っています。

だが現実には明らかに男が不平等を強いられています。

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は悩んだ末に離婚を決意する。

だが調停でも偏った考えの調停員たちは妻のかたを持ちたがる。

「 奥さんが浮気した原因はご主人にもあったはずよ 」など等。

冗談じゃない・・・・

妻が他の男とHしていた原因が夫にあるはずがない。

浮気は浮気なのだから。

また親権を争っても、原則として妻が優位である。

夫が一生懸命に仕事をしている間、

妻は子供を放っておいて男とラブホテルに行っている。

だが裁判になると判で押したように

子供が小さなうちは母親が親権者としての判決が出る。

母子手当てはあっても父子手当てはない。

探偵の視点から言えば弱者が妻であるとの認識は逆なのです。

どこまでいっても男は納得できないのです。

私は依頼人のご主人によく申し上げることがございます。

「 男はやせ我慢が美学です 」と

相手に自分のやせ我慢の後姿を見せる。

映画の中の高倉健のように・・・・

(株)アイシン探偵事務所 では

 

室蘭・伊達・登別・函館・札幌・旭川・北見・釧路 他

 

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 赤平市 浮気問題~もう一人の戦う相手・・

配偶者の浮気問題で悩んでいる方へ。

例えば夫の浮気問題。

夫は浮気がバレルと強引に離婚を迫ってくる。

アナタの人格を全否定するような理屈をこじつけてくる。

「お前とは離婚する。浮気と離婚は関係ない」

「お前と暮らす人生は考えられない」

「お前の作る食事はもう二度と食べたくない」などなど。

アナタは強引な夫に怒りを感じ、

夫と戦うことを覚悟する。

だが忘れてはならないのはもう一人の敵である。

アナタの夫と浮気をしている女性である。

その女性は自分が表に出ることもなく、

したたかにアナタの家庭を破壊しているのです。

その女性も自分自身の言い訳として

「たまたま好きになった相手に家庭があっただけ」

「家庭を壊すつもりはないわ」

「自分の夫にすら愛されない妻が悪いのよ」

等々、自分の論理武装をしているのでしょう。

夫と戦うことを後回しにしても、

アナタはまずその浮気相手の女性と戦うのです。

自分の家庭を守れるのはアナタしかいないのです。

 

赤平市の浮気調査、盗聴調査、所在調査は

(株)アイシン探偵・興信所へお気軽にご相談下さい

探偵 三笠 浮気調査~不倫の結末

私が長く調査業に従事して思うことは

不倫の結末はやはり不幸であること。

アナタが好きになった相手に家庭があった。

相手は家庭を捨てて、アナタを選んでくれた。

そしてアナタはその人と新しい家庭を手に入れた。

テレビドラマではこれが最終回でハッピーエンド。

だが我々、探偵が見る現実にはまだ続きがある。

その人は何年後かにまたアナタと出会ったように

新しい恋に落ちてしまう。

そしてアナタを捨てて行く。

安易に家庭を捨てる人間は何度も家庭を捨てます。

不倫の結末はやはり不幸な現実が多いのです。

 

三笠市の浮気調査、盗聴盗撮調査、所在調査は

(株)アイシン探偵・興信所へお気軽にご相談下さい。

 

三笠 興信所 浮気問題 調査後からのこと

配偶者の浮気発覚。

そして探偵社に調査を依頼する。

配偶者の浮気証拠を得る。

だがこれでゴールではないのです。

裏切った配偶者に慰謝料と離婚の要求をする。

その時、相手がそれを認めてアナタの要求する慰謝料を

支払えば良いのですが、

なかなか想定通りにはいきません。

弁護士に委任し、交渉継続をするのか?

訴訟に持ち込むのか?

身内の第三者を入れて話し合う?

またアナタが離婚を望まないのであれば

その証拠を元に浮気相手に交際中止ならびに慰謝料の請求。

配偶者が開き直っている場合、

別居を試みて、婚姻費用の請求をする。

夫婦円満調停の申し立て等々。

浮気証拠はアナタに取って強力な武器になります。

その武器をどう使うかを考えなくてはなりません。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

千歳・恵庭・札幌・岩見沢・滝川・旭川・帯広・釧路 他

 

北海道全域で様々な調査を承っております。