興信所 根室 浮気問題~苦労と幸せは一体

私は探偵という仕事を通じて

依頼人や相談者の方々に

たくさんのことを学ばせて頂きました。

そして学ばせて頂いたことの一つに

苦労と幸せは対極のものではないということです。

例えば裕福と貧困・・・・

独身と既婚・・・・

背が高い人と背が低い人・・・

やせている人と太っている人・・・

これは全て対極のものです。

ですが苦労と幸せは対極ではないのです。

苦労をしてこの仕事を成し遂げて幸せ・・・

大変な苦労をして結婚できたから幸せ・・・

頭金を貯金するのに苦労したけど家を持てて幸せ・・・

離婚の時は苦労したけど今は本当に幸せ・・・

今、アナタが苦労をしているのであれば

それは幸せの種を植えているのです。

今の苦労にくじけないでください。

もうすぐ幸せの花が咲くのです。

探偵はハッキリと言います。

苦労は幸せと一体なのです。

苦労があるからこそ幸せもあるのです。

(株)アイシン探偵事務所では

苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・旭川・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 帯広 浮気妻、「ラブホテルでカラオケ何が悪い」と居直る

当社がご依頼いただく浮気調査において

ここ5年くらいは圧倒的に妻の浮気調査が多いのです。

また妻の浮気の場合、夫の浮気より大胆である。

また浮気妻の言い訳も大胆である。

ある調査での話。

妻の不審な行動が続き、

ご主人から浮気調査を依頼される。

探偵が調査を進めるとやはり浮気の事実が確認できた。

ある日、奥さんが不自然な理由で外出をする。

探偵が追って行くと奥さんは浮気相手と合流し、

そのままホテルへ入った。

探偵がその状況をご主人に伝える。

ご主人はそのラブホテルへ来て、探偵と合流した。

その後、妻とその浮気男がラブホテルから出てくる。

ご主人が妻に駆け寄り、問いかけた。

「いったい、何をやっているのだ」と。

妻は顔色一つ変えず

「ホテルでカラオケをしていて何が悪いの」と開き直る。

浮気男はオロオロしているが妻は平然としていた。

その後の夫婦の話し合いもつかず、

調停から裁判になり、離婚に至ったのだ。

浮気妻は行動も言い訳も大胆な傾向があるのです。

(株)アイシン探偵事務所 では

釧路・根室・帯広・富良野・芦別・赤平・札幌・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 網走 浮気・不倫問題~現実を認める勇気

よくあるご相談の一つです。

奥さんの浮気調査をご相談される。

探偵が奥さんの状況をお聞きする。

「妻は実家に帰ると言って外泊をするのです」

「だが妻の実家に連絡をすると

妻は実家に帰っていないのです」

妻のメールを見ると

「またホテルに誘ってね」と男に送信していました。

「何かと言えば離婚を要求してくるのです」

そしてご主人は探偵にこう言いました。

「妻は浮気をしているのでしょうか?」と・・・

この状況に至ってもご主人は奥さんを信じたいのだろう。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題の解決は

現実を受け止めることから始まるのです。

目をつぶっていても何も解決はしないのです。

(株)アイシン探偵事務所では

札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・札幌・旭川・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 釧路 浮気・不倫問題~絶対に妥協しない

配偶者の浮気で離婚を検討している方へ。

信じていた相手の裏切りに戸惑う。

自分自身で悩みぬき、離婚を決断する。

その後の流れとしては

1.夫婦間での話し合い

2.調停での話し合い

3.裁判での決着

ここで大切なことがあります。

アナタが配偶者に浮気をされ、

離婚をするのであればアナタが被害者であることです。

その被害者であるアナタが

相手に離婚条件の要求をすることになるのです。

その要求において最初から妥協してはダメです。

強気な要求をすることです。

・親権についての要求

・養育費の金額

・慰謝料の金額

・財産分与について

上記の事柄においてはある程度、

様々な要因に元ずいた相場があります。

ですが夫婦間においての交渉は

アナタが強気な要求をすることによって

その要求がスタートになって行くのです。

最終的にアナタが妥協をしたとしても

最初の要求が高ければ妥協案もそれに比例してきます。

探偵はハッキリと言います。

配偶者に浮気をされ、離婚を決断したのであれば

強気な要求をして下さい。

「離婚の原因はアナタの浮気なのです」と

強く主張してください。

(株)アイシン探偵事務所では

函館・北斗・室蘭・千歳・恵庭・札幌・江別・釧路・根室 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 北見 浮気問題~気づく幸せ

探偵がよく聞く言葉として

「何をやっても毎日が楽しくない」

だが毎日を楽しく生きることなどできることだろうか。

探偵がある依頼人のご主人に言われた一言が思い出される。

このご主人から依頼をいただいた内容は

奥さんの浮気調査であった。

探偵が調査を進めるとやはり奥さんの浮気が確認された。

紆余曲折があり、ご主人は離婚を決意。

そしてこのご主人は

8歳と11歳の男の子を引き取り、離婚された。

その後、探偵がご主人と会った時、このご主人は言われた。

「毎日が時間に追われて生きています」

「朝は子供たちの朝食を作り、仕事に向かいます」

「夜はスーパーによって買い物をして夕食作り」

「掃除と洗濯は日曜日にまとめてやります」

「今は幸せを感じる時間さえありません、

でも幸せって一生懸命に生きた日々を振り返って

感じるものですよ」・・・

探偵はこのご主人に本当の幸せというものを教わりました。

(株)アイシン探偵事務所では

札幌・恵庭・千歳・苫小牧・函館・旭川・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 別海町 不倫の果ての結婚は何故不倫で終わる

長年探偵という仕事をさせていただき、

実感することがあります。

不倫の末の結婚は不倫で終わることです。

例えばある女性が妻子ある男性と恋に落ちる。

その男性はその時の奥さんと離婚を画策する。

自分の浮気をバレナイようになんとか離婚を成立させる。

その後、その女性は男性と結婚をした。

数年後、この男性は離婚を切り出してきた。

「性格が合わない」

「お互いに憎しみ合う前に離婚しよう」

「君のことを好きだからこそ離婚したいんだ」等など。

不自然な理由をならべ、離婚を強要してくる。

調べてみるとやはりこの男性は不倫をしていた。

不倫は繰り返すのです。

何も神様が因果応報を与えたわけではありません。

理由は簡単です。

この男性は本来、人間として持つべき責任感が

欠落しているのです。

一度、家庭を捨てる人間は何度も捨てるのです。

探偵はハッキリと言います。

誰かから奪った恋愛はまた誰かに奪われるのです。

(株)アイシン探偵事務所では

旭川・帯広・北見・釧路・根室・札幌・恵庭・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 中標津町 浮気問題~気持ちで負けない

配偶者の浮気で悩んでいる方へ。

例えば夫の浮気問題が発覚する。

探偵に浮気調査を依頼し、証拠を得る。

だが浮気問題との戦いはここからなのです。

浮気の証拠をもとに夫と話し合いをする。

だが夫は開き直りと逆ギレ。

「探偵まで雇ってどういうつもりだ」

「お前のそういうところが嫌なんだ」

「そこまでするのなら離婚だ」

「裁判でもなんでもすればいいだろう」

そこでアナタの心が負けてしまえば

この浮気問題は解決しません。

「もし離婚になったらどうしよう」

「これ以上、夫を責めたら殴られるかもしれない」

「裁判になったらどうしよう」等など。

だが相手を怖がっていてはどうしようもありません。

浮気の証拠がいくらあっても無駄です。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題と戦うために一番に必要なもの。

それはアナタの負けない心。

そして相手に対しての怖さの克服です。

(株)アイシン探偵事務所では

帯広・北見・紋別・網走・釧路・根室・札幌・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 名寄 浮気問題~別居の心構え

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレと開き直り。

そこで選択肢は3つ。

1.当面、話し合いを続ける。

2.別居をしてみる。

3.離婚を前提に決着をつける。

ここで別居をする場合の心構えですが

まずは「離婚の覚悟」です。

別居をすることの意味はアナタを裏切った夫に対して

アナタ自身の覚悟を見せることなのです。

「アナタが反省をしないのであればこのまま離婚」

「私がいない生活をしてみなさい」

「家庭を失うことを想像してみなさい」等など。

探偵はハッキリと言います。

覚悟を持たない別居など意味のないことです。

「いざとなったら離婚」の

覚悟があってこその別居なのです。

(株)アイシン探偵事務所では

室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・滝川・旭川・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 北見市 浮気問題~事実婚の場合

最近、当社において事実婚においての

浮気調査のお問い合わせが多い。

例えば事実婚をしている夫(?)が浮気をしてるらしい。

浮気証拠を取って慰謝料を請求し、離婚(?)したいと。

ここで考えなくてはならないことは事実婚においての

浮気での慰謝料が請求できるのか?です。

事実婚においての「法的保護」については

法曹界においても学説が確立していません。

ある学説では事実婚においても

扶養の義務があるとするもの。

また一方では当事者が自分の意思で婚姻(結婚)

しないにもかかわらず、婚姻制度上の保護は

矛盾するとの考えもある。

いずれにしても事実婚においての慰謝料請求は

ケースバイケースと考えた方が良い。

仮に裁判になった時の争点は

1.当事者間(夫・妻)に実質的婚姻の意識があったのか。

2.事実婚の実態的状況(周りからの認識)。

3.担当判事の主観

いずれにしても不確かなものである。

探偵はハッキリと言います。

事実婚はやはり不確かな関係なのです。

どちらかが別れを切り出しても

「恨みっこなし」と割り切ることが必要です。

(株)アイシン探偵事務所では

苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 札幌市 浮気問題~効果的な別居

夫の浮気が発覚する。

その後、夫は開き直りと逆ギレを繰り返す。

夫婦の話し合いも平行線をたどる。

そこで次の選択肢を考えることになる。

離婚・・・・

調停・・・・

親類縁者を交えての話し合い・・・

そして別居・・・・

もしアナタが別居を試みるのであれば

どのようなタイミングで別居をするのかです。

その答えは「突然」です。

別居は離婚の選択の次に覚悟を必要とします。

夫が更なる開き直りをするのであれば

離婚もじさない覚悟で行わなければ効果はありません。

私は○月○日に家を出ていきますと

夫に告げて家を出る。

ある日、夫が帰宅すると妻と子供がいない。

どちらが夫にとっては衝撃的だろうか。

探偵はハッキリと言います。

別居を試みるのなら覚悟が必要です。

これ以上、相手が開き直るなら「離婚」の覚悟です。

そしてその覚悟(別居)の宣戦布告は突然に行うのです。

(株)アイシン探偵事務所では

室蘭・函館・北斗・札幌・江別・岩見沢・釧路・根室 他

北海道全域で様々な調査を承っております。