浮気問題 調停、裁判への長期化

探偵が承るご依頼において、調停まで持ち込まれることが多くなっています。

以前であれば、浮気がバレたら、素直に認める。

だが、最近はひたすら開き直り、逆ギレをする。

そして調停になっても、ただただ言い訳をくりかえし、調停が長期化する。

例えば、夫の浮気問題。

浮気相手と不倫旅行に行く・・・

だが、夫は友人として一緒に旅行に行っただけと主張する。

ラブホテルから浮気相手と出てきた映像を出されても・・・

カラオケをしていただけと主張する。

家を出て行き、浮気相手の女性と一緒に住んでいる・・・・

だが、ルームシェアをしているだけと主張する。

そのような言い訳を繰り返す夫たち。

そして調停も無駄な回数を重ね、一年以上かかることも珍しくなくなっています。

探偵はハッキリと言います。

浮気がバレて、調停中の夫たちへ。

無意味な言い訳や開き直りをせず、

最後くらいはカッコよく振舞ってくださいね。

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所  苫小牧市ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA