浮気調査 次々と愛を語る夫たち

結婚後の1年以内の浮気のご相談が増えています。

1年も経たないうちに浮気をする浮気夫たちに共通することがあります。

それは結婚前「知り合ってすぐに愛を語り始める」ことです。

もう僕は君を愛してしまった

君を愛することが僕の人生なんだ

誰より僕は君を愛しているんだ

そして、その愛を手に入れるとすぐに別の人に愛を語る。

そんな無責任な人はすぐに愛を語る傾向があります。

愛には責任が伴います。

だからこそ、責任のある人は簡単に愛を語らないこともあるのです。

(株)アイシン探偵では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・結婚調査・家出人調査 ほか
様々な調査を承っております。

夫婦の立場が逆転

探偵という仕事は世俗を一番早く感じとります。

近年、もっとも変化を感じたのは、妻と夫の力関係が変わってきていることです。

20年位前夫たちは、まだ家庭の中では家長であり、子供たちも父親には尊敬と畏怖を持っていた。

だが時代は全く変わりました。

夫はひたすらに働き続ける存在。

転勤も当然、家族は一緒には来てくれず、単身赴任があたりまえ。

子供も家庭の中で、父親より母親が強い立場であることを幼いときから認識する。

また、DVも探偵が思うところでは、夫から妻へのDVと同じくらい妻から夫へのDVやモラハラもある。

また、夫の単身赴任中に妻の浮気・・・というケースも増えてきている。

今の社会ではいろいろな部分で夫たちは冷遇されている。

夫婦が離婚になった場合、親権はほぼ無条件で母親(妻)が得ることになる。

どんなに夫が子供を渡してくれと懇願しても法律は「母子優先」という判断をくだす。

また、夫から妻へのDVは警察も社会も対応してくれるが、

逆の場合(妻から夫へのDV)は全く相手にしてくれない状況

そんな夫たちには辛い時代になっているという現実もあるのです。

でも、そんな夫たちにも一つの武器があるのです。

それは「やせ我慢」という絶対的な武器です。

妻が強い時代です。

そして夫たちには辛い時代です。

だからこそ、男には「やせ我慢」という武器があるのです。

(株)アイシン興信所では札幌を拠点に北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・結婚調査・家出人調査ほか
様々な調査を承っております。

浮気の兆候 柔軟剤の臭い

例えば、夫の浮気

いろいろな兆候が出てきます。

スマホを肌身離さずに持ち歩く・・・・

帰宅時間が極端に遅くなる・・・・

飲み会が多くなる・・・・ 等など。

もう一つ、重要な浮気の兆候があります。

それは「ニオイ」です。

探偵が夫の浮気調査を依頼をいただくきっかけとしてニオイが多いのです。

奥さんが夫のスーツをタンスにしまおうとしたとき、自分の知らないニオイを感じる。

女性はニオイに敏感です。

浮気相手の女性の部屋のニオイをつけて夫が帰ってくるのです。

自分の家庭のニオイとそうでないニオイが分かるのです。

夫の浮気の兆候。

それは夫の服についているニオイです。

(株)アイシン探偵事務所では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・結婚調査・盗聴調査・家出人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ

浮気調査 不倫は病気か

探偵は考えます「不倫」は一種の病気ではないだろうかと。

不倫という道徳観も倫理観も失くしてしまう病気。

よく探偵はこんな質問をお受けします。

「夫は浮気をする前は優しく子煩悩な人だったんです」

「それが浮気(不倫)をしてからは、人が変わったように凶暴になったんです」

「そんなふうになるのはなぜなんでしょうか?」・・・・と。

不倫をする前はいつも真面目で家族思いの夫が急に変わってしまう・・・

不倫をする前はいつも笑顔で優しい妻が別人のようになってしまう・・・

このようなお話を探偵は日々うかがいます。

やはり「不倫」という精神的な刺激や性的刺激によって、

本来の人格が麻痺してしまう一種の「病気」と考えると理解しやすい。

また、「不倫」という病気にはすぐに効く特効薬もありません。

不倫は「病気」

アナタの配偶者が不倫という病気になった場合、

その病気を治してあげられるのは、アナタしかいないのです。

(株)アイシン興信所では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵(興信所) 旭川市ホームページ

浮気問題 離婚しても父の権利は主張する

妻の浮気問題において離婚をすることになり、親権についての争いも増えています。

夫としては、妻が浮気をして、子供の親権まで取られることに憤りを感じる。

仮に夫が親権を争って裁判までしても、裁判所は画一的に親権を妻に認める。

妻が浮気をしていようが、離婚の理由が妻にあろうが、

夫の言い分はほとんどが考慮されないのが現実です。

あくまでも「母子優先」が日本においての原則なのです。

テレビニュースなどに交際相手の女性の子供を殺す・・・事件も多発している。

このような事件をなくすためにも、親権者は「母親」が良いのか?

「父親」が良いのか?を調停員も裁判官も十分に判断してほしいと思います。

ですが、現状で夫が子供の親権を妻と争っても親権を得られる可能性はほとんどないのです。

仮にアナタが妻の浮気で離婚を決断、そして親権も妻に渡さなければならない。

そのときには「面会交流」についてキチンと決めておき、子供の異変に気づける体制をとっておくことが必要です。

(株)アイシン探偵では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 旭川市ホームページ

浮気調査 DNA鑑定・親子関係不存在

近年、DNA鑑定が認知され、鑑定費用も低額になってきています。

また、以前ではドイツやアメリカなどに検体を送って鑑定をしていたのだが、

現在は国内で鑑定ができるため、鑑定期間も1週間くらいに短縮された。

そして、探偵もDNA鑑定に関わることも増えてきています。

DNA鑑定の結果には2つのどちらかが記載される。

1.生物学的親子関係が認められる。

2.生物学的親子関係がない。

短い文章で端的に鑑定結果書には書かれている。

仮に2の場合、父親のショックは想像を絶するだろう。

今まで自分の子供だと思っていた気持ちに対しての挫折感。

妻が自分を裏切り、浮気相手とセックスをした証であること。

このような現実は確実に増えてきています。

今、浮気をしている奥さんたちへ。

「どうせバレないわ」などと安易に浮気相手の子供を妊娠する。

これは絶対に許されないことです。

どうしても、浮気相手の子供を授かりたちのであれば、

まずは離婚をしてください。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・身辺調査・結婚調査・不倫調査・家出人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ

夫の浮気を自分のせいにしない

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は逆ギレをして、開き直る。

このとき、自分を責めてしまう奥さんも多い。

きっと自分が至らないから、夫は浮気をしたんだわ・・・

私が子供にばかり気が向いていたから、夫が浮気をしたんだわ・・・

夫の浮気という直面しがたい現実が襲ってきたとき、

奥さんたちは自分の「せい」にしようとする。

自分のせいにした方が、今の現実(夫の浮気)から逃れられる気がする。

でも、夫の浮気問題を自分のせいにしていても、浮気問題は解決しません。

結婚はお互いの人生に責任を持つことの約束です。

そして、当然のことながら、浮気はダメ・・・なのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題を自分のせいにしていても、浮気問題は解決しません。

「アナタの浮気・・・許しません」と言える自分になることが大切です。

(株)アイシン探偵事務所では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・身辺調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 旭川市ホームページ

不倫相手の素の顔

例えば、職場の若い女性と不倫を始める夫。

夫はその若い女性に夢中になり、妻に離婚を迫ってくるありさま。

ある時、探偵は夫と浮気相手のデートに密着する。

車で隣の町までドライブデートである。

名所に到着し、車から降りる夫と女性。

終始、その女性はニコヤカな笑顔でいる。

女性   「エー、きれいな景色ですね」

      「一度、ここにきてみたかったの」

      「本当にうれしいわ・・・・」

夫    「僕も君と時間を過ごせてうれしいよ」

女性   「私もよ・・・・」

売店で小さなクマのヌイグルミを夫が女性に買ってあげていた。

女性   「カワイイ・・・・ありがとう」

そんな会話をしている。

そして、夫はその女性の自宅付近のコンビニまで送ってデートは終了。

その女性は、夫の車が見えなくなるまで手を振っていた。

その後、おもむろにバックからタバコを取り出し、立て続けに2本のタバコを吸う。

きっと夫の前ではタバコを吸わない可愛い女性を演じていたのだろう。

深く深く、タバコの煙を吸い込み、ブファーと鼻から煙を出していた。

そして、コンビニの店内に入り、焼肉弁当とビール、つまみのサラミを買う。

レジでお金を払うときも、店員さんに千円札を投げつけるように払っていた。

さっきまで、小さなクマのヌイグルミを

「カワイイ」と言っていた女性と同じとは思えない。

アナタは浮気相手の本当の姿を知っていますか?

恋愛は化かし合い・・・・とは言うものの、

枯葉が小判に見えるのが不倫関係なのです。

(株)アイシン興信所では
札幌・小樽・函館・室蘭・苫小牧・千歳・滝川・帯広・釧路・根室  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ

結婚したら変わってくれるのか?

結婚は人生の大きな決断であり、究極の自己責任の判断となります。

できるだけ失敗しない結婚をしたいと誰もが考えます。

そして、探偵として強く言えることがあります。

「人」は結婚では変わらない・・・ことです。

結婚前は荒れた生活をして、ギャンブルと酒にあけくれていた男性。

そして、ある女性とめぐり合い、結婚する。

男性は人が変わった様に真面目な家庭人になっていく・・・。

ドラマなどの物語ではよくある展開ですが、現実はめったにありません。

特にギャンブル癖は結婚しても変わりません。

また、探偵としてみていると、浮気をする人はギャンブルをする傾向が高い。

特に浮気夫はパチンコをする。

ギャンブル、特にパチンコ依存症で家庭崩壊をしたケースはたくさんあります。

結婚は人生の大きな決断、そして自己責任です。

できることなら失敗したくない。

その点でいえば「ギャンブルをする人」と結婚は避けるべきです。

また、浮気をする人はギャンブルをする傾向があることも事実です。

(株)アイシン探偵社では
札幌・小樽・函館・室蘭・苫小牧・千歳・旭川・帯広・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ

「不幸」比べより「幸せ」比べ

依頼人のE子さんは45歳、結婚23年。

ご主人の浮気問題や相手女性の妊娠などがあり、

E子さんは離婚を決断された。

浮気をしている夫、なぜ私がこんな目に合うの?・・・・

私は世の中で一番、不幸な人間よ・・・・

これからの人生、不幸しかないわ・・・・ 

E子さんは今、置かれている自分の「不幸」を

思い浮かべてはため息をついていたそうだ。

そんなとき、テレビ番組で病気と闘いながら必死に生きる女性がいることを知る。

日々、生きることに全力で立ち向かっていく姿に感動し、今の自分を反省したそうだ。

私なんか、まだまだ戦いきっていない・・・・

私には、まだまだ働ける健康な体があるわ・・・・

私には、自分を支えてくれる子供たちや、両親、友人などがたくさんいるわ・・・・

そんな自分の幸せを考えると涙が出てきたそうだ。

そして、E子さんは強く思ったそうです。

「今の状況は確かに辛い」

「夫という信じていた相手に裏切られたことは悲しい」

「それでも、私は幸せに包まれているわ」

「自分の不幸をくらべずに、幸せをくらべて生きていこう」・・・・と。

そんなE子さんに探偵も学びました。

「不幸くらべ」より「幸せくらべ」

(株)アイシン探偵では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・失踪人調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川市ホームページ