興信所 砂川市 浮気問題~キッカケは妻と変わらない

夫の不審な行動が続く。

不自然な外出、極端に職場からの帰宅が遅くなる。

妻は夫が浮気をしているのだろうと考える。

だが夫の浮気相手が誰なのか全く見当がつかない。

探偵は様々な浮気調査を通じての経験から言うと、

妻と知り合ったきっかけと同じパターンで

浮気相手と知り合っている可能性が高い。

例えば妻とは出会い系サイトで知り合ったとしたら、

浮気相手と出会い系サイトで知り合っている。

妻と合コンで知り合ったとしていたら、

浮気相手と合コンで知り合っているのかもしれない。

妻とフェイスブックで知り合ったのなら

浮気相手とも同じくフェイスブックで知り合っている可能性がある。

いずれにしても人は成功体験をベースに行動する。

妻とあるきっかけで知合い、そして結婚に至った。

それは夫にとっては一つの成功体験なのです。

だからまた女性と知り合うために同じ行動を取るのです。

探偵はハッキリと言います。

今、夫が浮気をしている可能性がある場合、

自分が夫とどう知合ったのかを思い出してください。

そこに夫の浮気相手のヒントがあるのかもしれません。

(株)アイシン探偵では
札幌・旭川・名寄・士別・留萌・稚内・富良野・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

興信所 稚内 浮気問題~裁判所は絶対的正義ではない

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気がバレルと客ギレをして開き直る。

妻は悩んだ末に離婚を決断する。

だが夫との話し合いは一向に進まない。

妻は調停を申し立てるが、調停においても夫の開き直りは変わらず、

結局、調停も不調になる。

そして離婚裁判に持ち込めれる。

妻は裁判になれば裁判所が夫を裁いてくれると期待する。

だが裁判所は絶対正義ではありません。

探偵は当社で承った案件についての裁判は全て傍聴する。

そして明らかにやる気のない裁判官と遭遇する。

双方の答弁書も陳述書も

ほとんど読み込んでいない裁判官は傍聴していれば分かるものです。

極端な言い方になるが、

裁判官の中には「所詮、離婚問題」との感覚もある。

裁判所は絶対的正義ではありません。

アナタの悔しさや辛さをくみ取って裁いてくれる場所ではないのです。

だからこそ離婚裁判に勝つためには

入念な準備、戦い抜く覚悟などが必要なのです。

(株)アイシン調査会社では
札幌・長沼・南幌・恵庭・千歳・函館・旭川・帯広・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン調査会社  ホームページ

紋別 興信所 浮気調査~愛は重いもの

最近、愛が軽くなっているのを探偵は感じる。

彼女とは別れる・・・ 僕は君のことを愛しているんだ・・・

もう君のことを愛していない・・・

俺と離婚してくれ・・・ 僕は彼女のことを愛してしまったんだ・・・

愛を軽く語り、そして自分の身勝手を「愛」という言葉で正当化する。

だが本来、愛は重いもの。

責任や義務という重いものを背負って「愛」は成り立つものです。

親が子供を愛するということは子供に対しての責任を持つこと。

愛する人と結婚をすることは家族に責任と義務をもつことを覚悟すること。

愛を語ることはすごく重いことだと思うのです。

だが簡単に愛を語る人はその重さを知らない。

例えば妻子のある男性。

ベットの上で不倫相手に愛を語る。

「僕はもう君しか愛せない」と。

そして妻と子供を捨て、その不倫相手と結婚をする。

数年後、その男性はまた別の女性に愛を語る。

このような展開を探偵はたくさん見るのです。

愛を軽く考えている人は次々に愛を語ってあるく。

探偵はハッキリと言います。

愛は責任と義務を背負って語るものです。

軽い気持ちで「愛」を語るべきではないのです。

(株)アイシン探偵では
旭川市・帯広市・釧路市・根室市・札幌市・恵庭市・函館市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

当社ホームページ
http://www.aishin-tantei.com/

興信所 網走 浮気調査~モラルの低い弁護士

例えば夫の浮気が発覚。

夫は開き直り、逆ギレ。

そして夫は妻と小さな子供を残し、家を出ていく。

妻は悩んだすえ、夫に対し婚姻費用の調停を申し立てる。

その後、調停で婚姻費用の金額は決まった。

妻は夫が家庭に戻ってくれることを願いながら日々を過ごしていた。

数ヵ月後、妻に夫の弁護士から一通の書面が届く。

・夫が女性と交際した時期はすでに夫婦関係が破たんした後であり、

 慰謝料などの支払い義務は一切、発生しない。

・別居になった理由は妻のヒステリーにあり、全ての責任は妻にある。

・妻は夫に対して300万円の慰謝料を払え。

要約すると上記のことが書いてあった。

夫の弁護士は夫の浮気は婚姻関係が破たんした後だから罪ではない。

そして妻がヒステリーで夫は苦痛を受けたから

妻が夫に300万円を払えと言ってきているのである。

この弁護士は法律の素人である妻の無知に付け込み、

まずはプレッシャーをかけるためにそのような書面を送ってきたのだろう。

ただ弁護士は法律家である以上、

そのようなやり方はモラルに反するのではないだろうか。

探偵はハッキリと言います。

素人相手にいきなり強引な書面を送るのはやめなさい。

アナタ達は黒を無理やり白にするのが仕事ではないのですよ。

(株)アイシン探偵では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・旭川・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

興信所 美瑛 浮気がバレて言った答えは

例えば夫の浮気が発覚する。

妻は「彼女とはきちっと別れて」と何度も夫に言うのだが、

夫はノラリクラリと答えを出さない。

数日後、夫が妻に真顔で話をする。

「僕は君か?彼女か?の結論はだせない」

「だから彼女とも別れる、君とも離婚する」

「そして一人になる・・・」と。

そして夫は家を出ていく。

だが夫は浮気相手の女性の家で同棲をしていた。

実際にこのようなケースは多いのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚する。

夫が「彼女とも別れる、君とも離婚する」

「そして僕は一人で生きていく」と言ってきたらそれは嘘です。

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・江差・函館・旭川・名寄・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所 芦別市 浮気問題~連日、車中泊の真実とは・・

例えば夫の不審な行動が続く。

帰宅時間が極端に遅くなり、不自然な外出も増える。

妻が夫に問いただすと夫は逆ギレ。

そんなに俺を信じれないのか・・・

お前のそういう疑り深いところが嫌なんだ・・・ 等など。

そして次の日から夫は家に戻って来なくなる。

妻が夫に連絡すると

仕事が終わったらクルマで寝ている・・・一人で少し考えたい・・・と話す。

妻はその話を聞いて自分が責めすぎたからと夫を心配する。

このような展開に直面している方もいるのではないでしょうか。

だがほとんどの場合、夫はクルマで寝ていません。

浮気相手の家のベットでゆっくりと寝ています。

探偵はハッキリと言います。

俺はクルマの中で寝ている・・・

少し一人で考えたいんだ・・・

これは嘘です。

浮気相手の家のベットでゆっくりと寝ているのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・千歳・函館  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

興信所 苫小牧市 浮気問題~寂しさからの出会いは注意

例えば妻の浮気が発覚。

紆余曲折があり、夫は離婚を決断する。

このような場合、男は寂しさに弱い。

また一度家庭を持った男はそれがどんなに辛い生活であっても

失うと寂しさで押しつぶされそうになる。

そんな時、一人の女性と知り合う。

そして寂しさのあまり、すぐにその女性と結婚をする。

このような展開は実際に多い。

だが寂しさの中で出会う恋には落とし穴が多いのも事実です。

本来であれば相手の見える部分も

「寂しさ」というメガネで見えなくなっている。

だが「寂しさ」のメガネで相手を良く見えないまま結婚し、

また離婚をしてしまうケースもまた多いのです。

そして男は寂しさのスパイラルに入り込んでしまう。

探偵はハッキリと言います。

寂しい時には結婚しない。

まずはその寂しさを乗り越えるところから始めてください。

(株)アイシン探偵社では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  ホームページ

興信所 赤平 浮気問題~浮気と親権

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は何度も妻と話し合いを持つが、話し合いは平行線をたどる。

結局、夫婦は離婚をすることになる。

妻の慰謝料は財産分与の一部で相殺。

家財、持家の処分なども決まる。

だが最後まで結論が出なかったのが「親権」であった。

妻も夫も親権は自分が・・・と。

その後、調停で親権を決めることになる。

このような展開は多い。

だが調停員も裁判官も

「子供が小さいうちは母親が親権者」との固定観念がある。

だが探偵は親権者を決める時は

もっと個々のケースによって考えるべきだと思う。

夫に浮気がバレルと逆ギレをして離婚。

その後、すぐに子供を連れてその時の浮気相手の男性と同棲。

だが子供が邪魔になり、施設へ入れる母親・・・

子供を引き取って離婚した妻。

だがその後、彼氏ができて子供を実家に預けっぱなしにする母親・・・

果たしてこのような母親が親権者として適切なのだろうか?

探偵は父子家庭で日々、がんばっているお父さんをたくさん見る。

毎日、保育園児のキャラ弁を悪戦苦闘しながら作るお父さん・・・

子供を引き取るため、仕事も変えてがんばっているお父さん・・・

このような父親たちも現実にはたくさんいるのです。

探偵はハッキリと言います。

調停員も裁判官も

子供が小さいうちは母親という固定観念は捨てるべきです。

子供にとってお父さんとお母さんの

どちらが適任なのかを十分に考えて下さい。

(株)アイシン探偵では
札幌・砂川・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・根室・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ

興信所 釧路 浮気問題~移り気の癖は繰り返す

例えば妻子ある男性と知り合った女性。

彼女はどんどんその男性に魅かれていく。

結局、その男性は妻と離婚し、その女性と結婚をする。

彼女は妻と子供には申し訳ないと思いながらも

「彼は私を選んでくれた」と心の底では思っていた。

だが数年後、彼はまた別の女性のもとへはしってしまう。

そして彼女は彼と離婚をする。

このような展開は非常に多いのです。

誰かから奪ったものは誰かに奪われる・・・・

これは神様の罰というものではありません。

理由は簡単です。

その彼は簡単に家庭を捨てる無責任な男性であることが原因です。

彼女と知り合った時、家族に責任を感じている男性であれば

当然、彼女を選ぶことはない。

探偵はハッキリと言います。

家庭を捨てる人は次の家庭も簡単に捨てる。

「奪ったものは奪われる」の理由はそこにあります。

(株)アイシン探偵では
函館市・北斗市・札幌市・江別市・旭川市・帯広市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ

興信所 音更町 浮気は浮気。では済まない

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレ、そして開き直る。

妻は今の状況を受け入れるために自分に言い聞かせる。

「きっと夫は今に家庭に戻ってくるわ」

確かに昔の浮気はそのような傾向があったのだろう。

だが最近の傾向をみていると「今に家庭に戻ってくる」と思っているうちに

状況が悪化してしまうことが多い。

・夫が生活費を入れなくなる。

・その後、夫が家を出ていく。

・そして浮気相手と同棲を始める。

・夫が「既に婚姻関係は破たんしている」と離婚調停を申し立てる。

・浮気相手の女性が夫の子を妊娠する。

仮にそのような展開になってしまうと「今に家庭に戻ってくるわ」と

待っていても夫の浮気が進んでしまうだけです。

ですから「今に家庭に戻ってくるわ」の対応にはリスクがあるのです。

探偵はハッキリと言います。

やっぱり夫婦の基本は「ダメなものはダメ」です。

「私はアナタの浮気、許しません」と大きな声で叫んでください。

(株)アイシン探偵では
苫小牧市・室蘭市・伊達市・函館市・札幌市・旭川市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 ホームページ