離婚問題 お金があれば幸せなのか?

探偵は仕事を通じ、色々なことを学ばせていただきます。

そして、「お金」についても探偵なりに考えさせてもらう。

探偵は「お金」については「幸福の種」であり「不幸の種」だとも思っています。

どの花が咲くのか?はお金についての捉え方しだい。

お金がないことの不幸も当然にあります。

でも、お金に価値を与えすぎてしまう不幸を探偵はたくさん、見てきています。

例えば・・・・

夫は大手企業に勤めている。

年収は非常に高い。

でも、夫は常に女性関係にだらしない。

基本的に家庭で食事を取ることもなく、子供にも無関心。

夫婦での会話も全くない。

また、妻が女性関係について、問いただすと、

「お前には関係ないことだ・・・」と暴言、時には暴力も振るう。

子供たちも父親が家にいるときは萎縮している。

完全に夫婦、家族としては壊れている。

だが、奥さんは離婚をしようとしない。

夫の収入が高いため、離婚による生活レベルの低下を避けたいのである。

仮に、この夫の収入が「普通」であれば、奥さんも離婚を決断し、

子供たちと優しい時間を過ごすことの選択ができたかもしれない。

このようなケースを探偵はたくさん、たくさん、見てきています。

「お金」はないことの不幸も確かにあります。

でも「お金」に必要以上に価値を与えてしまう不幸もあります。

探偵はハッキリと言います。

「お金」がないことの不幸には人は敏感です。

でも「お金」があるがゆえの不幸に気づかない人も多いのです。

(株)アイシン探偵社では北海道全域で
浮気調査・素行調査・失踪人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵社  紋別市ホームページ

彼は既婚者 助手席にチャイルドシート

例えば・・・ ある女性

交際して5年、知り合ったきっかけは、以前、働いていた職場のお客さん。

彼の仕事は電気関係の仕事、出張も多く、仕事も終わるのが遅い。

だから月に2度くらい、不意に連絡が来て、待ち合わせ。

彼女がクルマで彼の指定するパチンコ店やコンビニなどに迎えに行く。

食事に行き、そしてホテル。

その後、彼は都合の良いところでクルマを降りる。

このような関係が5年も続いている。

彼は病気の母親と暮らしていて、自分の家にはよべない・・・。

自分の会社も「電気関係・・・の仕事」と言ってごまかす。

結婚について聞くと、「仕事が落ち着いたら、結婚しよう」と言う。

ある時彼から電話が来て、デートすることになった。

彼の指定したスーパーの駐車場に迎えに行く。

彼が軽自動車から降りて自分のクルマに向かってくる。

彼女はその時、初めて彼のクルマを見たのだった。

彼のそのクルマにチャイルドシートが付いていた。

彼女はその瞬間、何もかもが分かったような気がした。

今までの不自然な交際・・・自分が騙されていることに気づいた。

彼女は全てを知りたいと探偵に彼の身元調査を依頼した。

探偵が調べてみると唖然・・・・

彼は彼女と知り合った時に既に結婚をしていた。

仕事も出張の多い電気関係の仕事ではなく、定時に仕事が終わる公務員。

そして、聞いていた名前も本名ではなく、年齢も違った。

つまり、何もかもが嘘だったのだ。

彼は母親が病気で治療費がかかる・・・と言っていたため、

デート代(食事、ホテル)は全て彼女が払っていたのだ。

彼にとっては「都合の良い女」だったのだろう。

このようなケースを探偵はたくさん、見るのです。

そして、これは決して極端な例ではないのです。

探偵はハッキリと言います。

アナタは、彼のことをどこまで知っていますか?

(株)アイシン探偵では札幌市全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵 江別市ホームページ

浮気問題 心の浮気

例えば・・・・

普段、家でパソコンを使わないHさん。

仕事で勤務中はずーとパソコンで仕事をしているHさんは、

帰宅後はパソコンを使わないと決めていた。

どうしても、何かを調べる時は、自分のスマホで簡単に済ませていた。

ある日、帰宅後、どうしてもパソコンで資料を揃えなくてはならなくなり、

奥さんのパソコンを借りた。

奥さんは買い物に出かけていた。

そして、何気に「フェイスブック」を除き見ると、

ある男性とメールのやりとりが確認された。

Hさんはそのメールをさかのぼり、確認した。

どうやらその男性は、奥さんの高校の同級生。

今は仕事で海外に住んでおり、3年後には日本に帰ってくる予定。

2年前から、フェイスブックで出会い、

ここ1年間は燃え上がっているやりとりであった。

奥さん  「私はアナタと再開するために生きてきたんだと思う」

男性   「僕が今まで独身でいたのも同じだよ」

奥さん  「私はもうアナタと歩む人生しか考えられない」

男性   「僕が日本に帰ったら結婚しよう」

奥さん  「ハイ・・・その言葉が今の私の支えです」  等など。

メールの全てを確認したが、どうやらまだ二人は直接には会っていない。

Hさんはそのメールのやりとりを見て、愕然としてしまう。

このようなケースは実際に多い。

ここで問題になるのが、このような「心の浮気」と「未来の浮気計画」を

法律的に解決できるのだろうか?である。

仮にHさんが奥さんに離婚を求めることはできるだろうし、

奥さんもその離婚要求を拒まないだろう。

だが、その男性に対して慰謝料が請求できるのか?

かなり難しいと思われる。

「心の浮気」に対してどう対処すればいいのか?

これについては探偵もハッキリと言えません。

結論を出せるのは当事者のアナタしかいないのです。

(株)アイシン探偵社では
札幌市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・登別市・室蘭市・伊達市・函館市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  登別市ホームページ

電磁波調査 生活環境での電磁波

最近、探偵のご相談において

「電磁波」についてのものが多くなっています。

当社においては専用調査機材を用いての調査を承っておりますが、

問題なのは、電磁波による人体的影響の論件が確立されていません。

つまり、「WHOによる健康リスク評価」も

短期的な電磁波の影響についての数値は出しているが、

長期的な影響については未知数な部分も多い。

電磁波による「癌」の誘発においても、

関連を裏づけするほどの統計が足りない。

また、電磁過敏症における頭痛、めまい、体調不良などの

科学的根拠が確立されていない。

体調不良などで電磁波の影響を視野に入れておられるのなら、

まずは、アナタの生活環境において、

どの程度の電磁波があるのかを測定し、考えていくことになります。

当社は北海道全域で電磁波測定の調査を承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

(株)アイシン探偵では
札幌・千歳・恵庭・苫小牧・登別・伊達・室蘭・ 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  伊達市ホームページ

浮気離婚問題 慰謝料ばかりに囚われない

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

だが、夫は逆ギレ、そして開き直る。

俺は浮気をする前から離婚を決めていたんだ・・・・

お前が悪いから俺は浮気をしたんだ・・・・

調停でも裁判でもすればいいだろう・・・

このような展開は多い。

そして、このような場合に妻が離婚を決断した場合、

「慰謝料」にとらわれすぎないでほしいのです。

自分を裏切った夫に対して「慰謝料」の償いをさせることは重要です。

ですが、離婚をする際、様々なお金についての取り決めをします。

慰謝料の他にも、財産分与、養育費、等など。

慰謝料の金額にこだわり過ぎて、

財産分与や養育費の取り決めがおざなりになってしまう。

これは避けなければなりません。

一般的な流れでいえば、養育費の金額が

最終的に一番、大きなものになります。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚・・・そして離婚を決断する。

その際、慰謝料の金額にこだわりすぎて、

財産分与や養育費についての取り決めがおざなりになってはダメです。

「慰謝料」「養育費」「財産分与」の3つのお金について考えてください。

(株)アイシン探偵では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  石狩市ホームページ

養育費 その場限りの言葉にはのらない

探偵は色々なご相談を伺います。

そのご相談の中には「元夫に騙された・・・」とのご相談があります。

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

何度も話し合いをした結果、夫婦は離婚をすることになる。

夫は「俺が悪いんだから慰謝料も養育費も払うよ」と約束をする。

妻はその言葉を信じて、離婚をした。

だが、離婚後、夫は「そんな約束をした覚えはない」とうそぶく。

そのようなご相談が実に多いのです。

中にはそんなふうに妻を騙し、

離婚後、すぐにその浮気相手の女性と結婚する夫たちもいる。

このようなケースに陥った場合、どうすればよいのか?

元夫に調停を起こし、養育費や慰謝料の要求をする方法になるのだが、

でも、本来は離婚前に行わなければならないことであり、

離婚後に要求をしても妻が納得のいく結果になることはない。

やはり、離婚前に慰謝料や養育費の支払いについては

公正証書などで決めておくことが重要です。

探偵はハッキリと言います。

僕は君の言うとおりに「慰謝料」も「養育費」も払うよ・・・

その約束、騙されていませんか?

(株)アイシン興信所では
札幌市・登別市・室蘭市・伊達市・函館市・旭川市・北見市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北斗市ホームページ

浮気問題  本当に婚姻関係の破綻?

例えば・・・

夫の不審な行動が続く。

帰宅が極端に遅くなり、また不自然な外泊も増える。

そして、自宅に帰ってこなくなる。

奥さんが夫のケイタイに電話をすると

「友達のところに泊まっている」と開き直る。

奥さんが迷い、悩んだ末に探偵に調査を依頼する。

調査をするとすぐに夫の状況が判明する。

浮気相手の女性のところに寝泊りをして、

当たり前のように会社に出勤している。

探偵の報告を受けて、奥さんが浮気相手のところに夫を迎えに行く。

夫は平然とあきれる言い訳をしてくる。

「いまさら何しに来たんだ」

「既にお前とは婚姻関係が破綻しているんだぞ」

「だから、俺には何の責任も発生しないんだ」と。

きっとネットで「婚姻関係の破綻」などの言葉を覚えたのだろう。

実際、このようなケースが多いのです。

婚姻関係が破綻していた・・・・

婚姻関係の破綻後の浮気は慰謝料を払わなくても良い・・・

別居が長ければ離婚が成立する・・・ など、

自分に都合の良い記事を読みあさる浮気当事者たち。

だが、実際の法律はそんなに都合よくできてはいません。

婚姻関係の破綻・・・についても自分が浮気をする。

そして妻と離婚したくなったから「婚姻関係が破綻している」などと

認められるわけがありません。

探偵はハッキリと言います。

今、浮気をしている当事者たちへ。

婚姻関係が破綻している・・・ などと開き直る前に

結婚という互いの人生に責任を持つことの約束を

破ったことの責任を取りなさい。

(株)アイシン探偵事務所では
帯広・釧路・根室・旭川・滝川・岩見沢・江別・札幌・三笠  他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所  三笠ホームページ

浮気離婚問題  手放して手に入る幸せ

探偵はコンビニのドーナツにハマッテいます。

毎日、午後のおやつはそのドーナツが定番です。

先日も調査現場に向かう途中、札幌某所のコンビニに

そのドーナツを買いに入る。

そのコンビニのオーナーのTさんは以前、ご依頼をいただいた方。

奥さんの浮気調査のご依頼であった。

Tさんは二人の子供を引き取り、離婚をされた。

Tさんは基本的に深夜に店に出ているが、

その日は日中なのに店に出ていた。

Tさん    「高橋さん、久しぶりですね」

探偵    「珍しいですね、日中に店に出ているなんて」

Tさん    「へ・へ・へ ゴールデンウイークは、

        なるべくバイトさんを休ませているんですよ」

       「いつも高橋さんのブログ、読んでいますよ」

       「相変わらず、忙しそうですね、へ・へ・へ」

探偵    「忙しくさせてもたっています」

Tさん    「へ・へ・へ フ・フ・フ」

探偵    「Tさん、なんか嬉しそうですね・・・」

Tさん    「へ・へ・へ 分かりますか、フ・フ・フ」

       「実は再婚したんですよ・・・へ・へ・へ」

そう言ってTさんは「○○さん、ちょっと来てください」と

店内で働いている奥さんを紹介してくれた。

清楚な感じの綺麗な女性であった。

Tさんの経営しているコンビニにパートで働きにきていた奥さんに

一目ぼれしたTさんが店長(オーナー)としての役職をフルに使って

アタックを続けたらしい。

そして去年の10月、めでたく入籍をしたそうだ。

Tさん   「人生、諦めなければ幸せになれるんですね、へ・へ・へ」

探偵    「Tさんのことブログに書きますよ」

Tさん   「フ・フ・フ、いいですよ、へ・へ・へ」

なんとも幸せそうなTさんでした。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・素行調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北広島ホームページ

浮気離婚問題  弁護士無料相談

例えば夫の浮気問題に直面している奥さんが

市役所の弁護士の無料相談に行ってみた。

無料相談の時間は20分。

奥さんが弁護士に現在の状況を伝えるのに10分。

弁護士が一般的な回答をするのに10分。

そして20分の相談時間が終わってしまう。

あくまでも無料相談での弁護士の回答は一般論での回答です。

奥さん   「浮気をしている夫から慰謝料をとって離婚したいんです」

弁護士  「それはできますよ」

奥さん   「養育費は毎月6万円くらいはとりたいです」

弁護士  「それくらいは大丈夫ですよ」

奥さん   「夫の浮気相手の女性も訴えたいのです」

弁護士  「それも可能ですよ」

       「今日はこれで時間です、ご苦労様です」

これで無料相談は終わる。

だが、無料相談で弁護士が話してくれることはあくまでも一般論なのです。

慰謝料を請求するにしても、夫が浮気を認めなければ、裁判になる。

裁判になれば、浮気を証明する客観的な証拠が必要です。

当然、夫の浮気相手を訴える場合も同様です。

養育費も夫の年収によって「養育費の算定表」である程度は決められている。

だが、夫に借金があった場合や持ち家の支払いなど、

個々の状況によって全く変わってくるケースもある。

いずれにしても、離婚問題などの家事紛争事案は

個々の状況によって違うのです。

ですから、弁護士無料相談などの短時間の相談では

現実とは違う解釈をしてしまいます。

弁護士に相談する場合はやはり、短時間の無料相談ではなく、

有料になるが、ある程度の時間を使って個別相談をお勧めします。

また、弁護士への相談は必ず複数の弁護士に相談することが必要です。

複数の弁護士に相談することによって、その弁護士のスキルが分かり、

良い弁護士を見つけることができます。

(株)アイシン探偵事務所では
苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・岩見沢・深川・芦別・赤平 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  岩見沢市ホームページ

浮気離婚問題 知識に伴う行動が重要

例えば妻の浮気が発覚する。

だが、夫はその事実を知りながら、立ち止まってしまう。

まずは浮気の証拠を固めるのが先決だ・・・

自分が親権をとるにはどうすればよいのだろう・・・

できることなら離婚は避けたい・・・

妻の浮気相手の男にどのように対応していけばよいだろう・・・

男(夫)は妻の浮気という事実をなかなか現実として受け入れられない。

そして、まずは知識を得ようといろいろと調べはじめる。

ネットで検索すると様々な記事や言葉が書かれている。

「有責配偶者」「慰謝料」「財産分与」「「婚姻関係破綻」

「親権は母子優先」「婚姻費用」「離婚調停と離婚訴訟」 等など。

夫は一生懸命に記事を読みあさるのだが、なかなか理解できない。

また、同じことを書いているはずなのに「記事」ごとに答えが違う。

そのように妻の浮気に速やかに対処せず、知識を得ようのしている間に

妻の浮気が深くなっていく。

探偵はこのような事態に陥ってしまう夫たちをたくさん見ます。

確かに妻の浮気の対処方法の知識を得ることは悪いことではありません。

でも、同時に妻の浮気問題の対処において、速やかな対処も重要です。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気が発覚する。

その時、夫は知識を得ようとどんどん頭でっかちになってしまう。

そして頭が重くなり、行動がとれなくなる。

それではダメ・・・・です。

妻の浮気においては最低限の知識と速やかな対応で臨んでください。

(株)アイシン探偵では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・千歳・苫小牧・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  網走ホームページ