浮気問題 離婚しても父の権利は主張する

妻の浮気問題において離婚をすることになり、親権についての争いも増えています。

夫としては、妻が浮気をして、子供の親権まで取られることに憤りを感じる。

仮に夫が親権を争って裁判までしても、裁判所は画一的に親権を妻に認める。

妻が浮気をしていようが、離婚の理由が妻にあろうが、

夫の言い分はほとんどが考慮されないのが現実です。

あくまでも「母子優先」が日本においての原則なのです。

テレビニュースなどに交際相手の女性の子供を殺す・・・事件も多発している。

このような事件をなくすためにも、親権者は「母親」が良いのか?

「父親」が良いのか?を調停員も裁判官も十分に判断してほしいと思います。

ですが、現状で夫が子供の親権を妻と争っても親権を得られる可能性はほとんどないのです。

仮にアナタが妻の浮気で離婚を決断、そして親権も妻に渡さなければならない。

そのときには「面会交流」についてキチンと決めておき、子供の異変に気づける体制をとっておくことが必要です。

(株)アイシン探偵では札幌を拠点に、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 旭川市ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA