興信所 恵庭 浮気問題~離婚理由「生理的に無理」

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例 

恵庭市に在住の夫 Aさん(43歳)、妻 B子さん(38歳)、

長男(13歳)、次男(9歳)の4人家族。

Aさんはホームセンターの店長として働き、

妻のB子さんはファミリーレストランの正社員として勤務している。

AさんとB子さんは結婚前に同じ職場の同僚として知り合い、結婚して14年目。

結婚後、特に大きな問題も無く普通に暮していたが、

1年前からB子さんの態度が変わってしまった。

B子さんの外出が増え、飲み会と称しては午前1時過ぎに自宅に帰ってきたりする。

自宅にいる時、携帯電話が常にマナーモードになっており、操作ロックもされている。

化粧も派手になり、下着も以前は絶対に身に着けないような

派手な下着を購入するようになったらしい。

AさんもB子さんの行動に違和感を感じていたものの、特に問題にはしなかった。

また、夫婦の性交渉も極端に減っていたそうだ。

一度、Aさんから性交渉を求めたが、

B子さんは「あなたは生理的に無理」と言われたそうだ。

その後、Aさんは今までの感じていた違和感、

また今後についての話し合いもしたそうである。

何度か話し合いをしたが平行線をたどり、

ついにB子さんが家を出たいと言ってきたのである。

その一週間後、子供達を置いて、強引に家を出て行ってしまった。

Aさんに引越し先も教えないままに・・・。

Aさんからの依頼は、B子さんの引越し先の確認と生活状況の調査である。

早速、調査を開始する。

職場からB子さんの尾行調査を行う。

Aさんが札幌市の外れにある、アパートに入っていくのを確認する。

2時間後の午後8時にB子さんの部屋に若い男性が入って行く。

翌朝、その男性とB子さんがそれぞれの車に乗って出掛ける。

男性もB子さんの勤務先に入って行った

その男性は、その店の店長で前年の4月に本部から移動してきた29歳の男性。

その後、B子さんと親密な関係に至ったようである。

調査を進めて行くと、その男性は札幌の出身で、

転勤後に実家へ戻ってきたのだが、

B子さんの部屋でほとんどを過ごしている状況であった。

以上を依頼人の夫 Aさんのご報告をさせていただく。

想定はしていたが、事実を確認したAさんのショックは探偵も痛いほど感じた。

「二人の子供を置き去りにしながら・・・・・・」と言ったAさんの言葉は重かった。

Aさんは当社紹介の弁護士を代理人とし、

妻に対しての慰謝料及び親権、観護権の放棄、その男性にも慰謝料の請求をした。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。
(株)アイシン興信所  恵庭ホームページ

興信所 深川 浮気問題~不倫相手の妊娠

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

深川市在住の夫 Aさん(48歳)、妻 B子さん(38歳)のご夫婦。

妻のB子さんから当社へご相談をいただいた。

Aさんは木材加工の会社を経営しており、

B子さんとは知人を介して知り合い、結婚されて3年目。

Aさんは常に優しく接してくれ、あまり身体の丈夫でないB子さんを気遣ってくれた。

だがここ1年、Aさんの態度が豹変してしまったとのこと。

会社の付き合いと言っては朝帰りが続き、

体調がすぐれないと話しても「病院に行け」と言うだけ。

最近では「お前と結婚しなければよかった」「とにかく別居してくれ」など

全くの別人のようになってしまった。

Aさんの態度の変化の原因が分からなく、B子さんは戸惑うしかなかった。

当社にご相談を頂く2日前にB子さんは函館市の実家に戻ったのである。

相談員がB子さんと数時間にわたりお話をさせて頂き、

夫の態度豹変の原因ならびに別居後の夫の状況調査の依頼となった。

B子さんより夫 Aさんの行動調査ならびに不貞行為の確認調査を承った。

早速、調査を開始する。

Aさんの行動は呆れたものであった。

札幌市にある、スナックに勤める若い女性(27歳)と遊び放題であった。

昼はホテルのランチ、午後からはデパートでブランド品のバックを購入し、プレゼント。

夜はその女性の店に同伴。

帰りも迎えに行き、その女性のマンションに泊まる。

そのような日々の連続である。

仕事は社員に任せ、全く仕事をしていない。

また、その女性のマンションもAさんが購入したものであった。

Aさんが結婚後、仕事の付き合いでお客様に連れられて行ったその店で

接客に付いたのがその女性であった。

以来、Aさんがその女性に夢中になって店に通い、交際が始まったようだ。

以上の結果を妻 B子さんに報告をする。

翌日、B子さんは札幌の自宅に戻り、以前のAさんに戻ってほしいと話し合ったが、

Aさんは全く聞く耳を持たず、逆に興信所まで使ってと怒る始末であった。

翌日も話し合いを持ったが、進展は得られなかった。

B子さんも離婚を決心、当社紹介の弁護士を代理人とし、

Aさんに慰謝料の請求、またその女性にも慰謝料の請求をする。

弁護士が交渉すると、慰謝料の金額に異存は無いし、

女性の慰謝料も自分が払うと申し出る。

一つだけAさんが言ってきたことは、早く離婚を成立させて欲しいとのこと。

とにかく離婚を急ぐのである。

探偵が更に調査をしていくと、なんとその女性は妊娠していたのである。

結局、B子さんの要求した慰謝料金額を支払い、離婚に至った。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
  解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  深川ホームページ

千歳興信所 浮気調査~アリバイ工作

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

夫  Aさん(33歳)、夫 B子さん(35歳)のご夫婦。

Aさんは損保会社の経理部門で勤務、

B子さんは介護士として介護施設にて働いている。

知人の紹介で知り合い、結婚5年目のご夫婦である。

1年前にB子さんから夫 Aさんの浮気調査を依頼された。

その時は会社のパート社員の女性 C子さんとの交際が発覚し、

Aさん、B子さん、そのC子さんとの3人で話し合い、

今後は一切交際しないと、AさんとC子から謝罪を受け、

一応問題の解決に至っていた。

数ヵ月後、再びB子さんからお電話を頂いた。

「あれ以来、数ヶ月は大丈夫でしたが、最近また夫の行動が怪しい」と。

B子さんは仕事柄、当直が週に2度はある。

その当直の時に、Aさんが外泊をしているらしいとのこと。

ベッドの掛け布団は乱れているが、シーツは全くの乱れがない。

浴槽に水滴が残っているが、タオルは濡れていない。

家にいたのを偽装するために寝てもいないのに掛け布団を乱し、

入浴していないのに浴室に水を撒いていたのである。

再度、B子さんから調査依頼を承った。

前回の調査後、B子さんが当社報告書を見せての話し合いだったことから、

Aさんも警戒している可能性が高い。

前回は車で移動していたが、今回は自転車を使っての外出であった。

早速、B子さんの当直の日からの調査開始である。

今回の尾行担当は女性探偵。

女性探偵も自転車を使っての尾行である。

Aさんの乗っている自転車は、妻 B子さんから2ヶ月前の誕生日に、

プレゼントされた高級スポーツ自転車。 

20万円以上したものである。

女性探偵の乗る自転車はホームセンターで購入した

9,800円の折りたたみ自転車である。

探偵の意地で自転車をこぎ続けた。

やはり、たどり着いたのは前回の浮気相手の女性宅であった。

事前に予測待機していた探偵がその女性宅に入るのを撮影する。

Aさんがその女性宅を出たのが翌朝6時30分。

再び自転車に乗り自宅に帰り、着替えをして出勤する。

その後も調査を進めると、AさんとC子さんは勤務終了後、

会社近くで待ち合わせをし、ファーストフード店などでお茶をして別れる。

前回の浮気発覚後も脈々と交際を継続していたようだ。

以上をB子さんに報告をさせていただく。

B子さんも非常に悩んだ末、今回は離婚を決意された。

当社紹介の弁護士が代理人となり、

両名に対しての慰謝料の請求などを行い、離婚に至った。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン興信所  千歳ホームページ

興信所 帯広市 浮気問題~その離婚に「待った!!」

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

北海道・帯広市に在住のAさん(45歳)、妻 B子さん(42歳)、長男 (7歳)、の3人家族。

北海道にも初夏の香りがしてきた6月、

夫 Aさんから当社無料電話相談室にご相談を頂いた。

相談内容は妻 B子さんの浮気についてである。

Aさんは会社員、妻のB子さんも

最近、自宅近くのスーパーへパートに出ている。

パート仲間との飲み会と称して、

週に1度は出掛け、帰りは午前2時を過ぎることもある。

また、妻の使う化粧台の引き出しから、妻の誕生日前日の日付の入った写真が出てきた。

その写真はどこかのホテルで、バースデーケーキを前にして

男性と写っている写真であった。

その日はB子さんにパート先の飲み会と称して出掛け、

帰りは午前2時を過ぎていた。

Aさんからの依頼としては、浮気の確認ならびに

その写真に写っている男性の身元調査である。

翌日から調査開始をする。

調査開始から3日後、Aさんに飲み会があると言っていたB子さんが、

午後4時に自宅を出る。

自宅より100メートルも離れていないところに駐車している車の

助手席に乗り込んだと同時に車が走り出した。

探偵もその車を尾行し、あるアパート前に駐車するのを確認する。

その車から、B子さんと例の写真の男性が降りて、

アパート2階の部屋に入っていく。

その時点で、夫のAさんに報告を入れる。

Aさんがすぐにその現場に来るとのこと。

30分後、Aさんが現場に到着する。

その時である、レースカーテン越しから透けて見えたのは、

男とB子さんがキスをしている情景である。

Aさんは動揺し、その部屋に乗り込みたいと言ったのだが、

辛いお願いではあったが、その状況を撮影するまでの間、

待っていただく。

探偵がカーテン越しにキスをする状況を撮影していると、

なんと男がB子さんの服を脱がしだしたのである。

これ以上、Aさんに我慢をさせることはできないと判断し、

Aさんと探偵がその部屋のドアを叩く。

部屋の中からの応答は一切ない。

Aさんが「B子、いるのは分かっているんだ」「出てきなさい」など

ドア越しに叫ぶも反応はない。

立てこもること2時間。

やっとB子さんがその部屋から出てきた。

探偵の車で、AさんとB子さんを自宅へ送る。

後日、その男性の身元が判明。

39歳、独身。

B子さんとはパート先の仲間との合コンで知り合ったようだ。

その後、Aさんは当社紹介の弁護士を代理人とし、

B子さんに離婚、慰謝料の請求、親権の放棄などで合意。 

その男性には慰謝料の支払いで合意した。

後に、探偵が撮影をするために待っていた、数分間が何時間にも感じたと

Aさんが言っていた・・・。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  帯広市ホームページ

興信所 滝川市 浮気調査~サイトで出会い、そして浮気

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

夫 Aさん(52歳) 妻 B子さん(46歳) 長女(21歳)の3人家族。

Aさんは地方公務員、妻のB子さんはエステ関係の仕事、長女は大学生。

Aさんよりご相談を頂いたのは、北海道にやっと春風が吹き出した5月・・

内容は妻のB子さんの浮気疑惑についてであった。

B子さんの仕事がエステ関係であることから、

以前から服装などの身なりには気を使っていたのだが、

それにしても派手になってきている。

下着も極端に派手になってきたのである。

携帯電話も常に作動ロックがされている。

また、Aさんが印鑑を捜していると、B子さんの名前の通帳が出てきた。

通帳の中身は2年間で400万の積み立てをしていたのである。

家計はB子さんに任せてはいたものの、

ある程度の把握はAさんもしているので、明らかに不明なお金である。

相談員と十分に相談をし、Aさんより

妻 B子さんの行動調査ならびに不貞行為の確認調査を承った。

早速、調査を開始。

B子さんの日常の行動としては、週3日から4日の勤務で午後3時には終わる。

Aさんは週5日勤務で午後6時までの勤務と聞いていた。

調査を進めて行くと、ある日仕事が休みなのか、午後1時に車に乗って出掛ける。

そのまま札幌まで行き、あるホームセンターの駐車場に駐車をし、

店の入り口に立ち、携帯電話を操作している。

その後、一人の男性が現れ、その男性の車であるホテルに入る。

探偵がホテル付近で張り込みを続けると、2時間後にその男性と出てきて、

先ほどのホームセンターに送ってもらう。

その後、B子さんは自宅付近のスーパーに寄り、

夕食の買い物などをして、自宅に帰った。

翌日は仕事を午後3時に終えたB子さんは、

勤務先近くのドラックストアーに車を止め、

昨日と同じように男性が迎えにきて、ラブホテルに行ったのである。

探偵がその後も調査を進めると、調査期間2週間の間に、

述べ11人の男性と同様の行動をしている。

以上の結果を夫 Aさんに報告をさせていただいた。

あまりの状況にAさんも頭を抱えてしまった。

その日、AさんはB子さんと話し合いをしたそうである。

B子さんの話によると、その男性たちは出会い系サイトで知り合い、

援助交際として会っていたようである。

最初のきっかけとしては、勤務先の同僚に出会い系サイトのことを聞き、

いたずらでやっているうちに止められなくなったそうだ。

Aさんは大変に悩んだ末、子供も成人になっていることから、離婚を決意しました。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。
(株)アイシン探偵  滝川市ホームページ

興信所 北見 浮気問題~PTAの浮気

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

Aさん(48歳)妻 B子さん(46歳)長男(13歳)、次男(9歳)の4人家族。

夫のAさんは保険代理店を経営している。

また、中学校のPTA会長を4年間に渡りしている。

妻のB子さんから当社無料相談室にご相談を頂いた。

相談内容は、AさんがPTAの会合といって度々飲みに出掛ける。

最近は午前3時を過ぎることもある。

B子さんがAさんの携帯電話のメ−ルで予測変換を見ると

「愛している」「楽しかったよ」「君のことが」「胸が苦しい」などの言葉が並んでいる。

時折、切ない表情でため息などをつくそうである。

B子さんとしてはやはり正確な状況を把握したいとの事で、依頼となった。

調査開始である。

依頼を頂いたその週の金曜日、

PTAのバザーの打ち合わせと言って、Aさんが出掛けて行く。

午後7時から居酒屋において、Aさんを含めて7人ほどが集まり、

会食をかねての打ち合わせである。

Aさん以外は全て、女性である。

探偵も同じ居酒屋に入り、観察しているとAさんはモテモテの状態。

その居酒屋を出たのが午後10時を過ぎてから。

店の前で解散をしたが、少し歩いた路地で

先ほどの宴会に出席していた30代の一人の女性と合流し、タクシーに乗車。

なんとホテルに行ったのである。

探偵がホテル前で張り込みを続けていると、

3時間後にAさんとその女性が出てくる。

Aさんが自営業のため、日中の行動調査を進めて行くと、

なんと別の女性とホテルに行ったのである。

その女性も先日のPTAの会合に来ていた女性であった。

更にある土曜日、Aさんが出張と言って出掛けたが、

あるドラックストアで女性を助手席に乗せたのである。

その女性も先日のPTAの会合に来ていた別の女性である。

探偵も絶句である。PTAって何?

そのまま車は走り出し、2人で札幌に到着。

あるホテルのツインルームに部屋を取り宿泊。翌日、帰宅する。

登場した3人は全て、家庭のある女性で、PTAの役員である。

以上を妻 B子さんに報告をさせていただいた。

B子さんもあまりの状況に混乱してしまった。

現在、当社紹介の弁護士と離婚にむけて協議中である。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  北見ホームページ

興信所 苫小牧 浮気問題~呆れる言い訳

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

夫 Aさん(39歳) 妻 B子さん(37歳) 長男(10歳)、(長女) (4歳)の4人家族。

妻のB子さんからご相談いただいたのは苫小牧市に初雪が降った11月である。

相談の内容は夫 Aさんの長年の暴力と浮気についてであった。

Aさんは結婚後から多少の暴力はあったものの、最近は日常的になり、

突然、殴るなどの暴力が行われていた。

長男、長女に対しても気に食わなければ暴力を振るう状態である。

また、行動も大変に身勝手で、自宅に帰らないことも多かった。

Aさんの仕事は自営業で、仕事のあるときは収入もあるのだが、

仕事のない時には全く収入のない月も多かったようで、

B子さんがパートに出て、何とか生計を立てていた。

B子さんは色々な意味でご苦労をされていました。

B子さんも精神的に限界になり、具体的な離婚を考えてのご相談であった。

その後、B子さんより正式にAさんの浮気調査を依頼された。

早速調査開始。

Aさんの日常の行動確認を行った。

ある日、Aさんは仕事を終えると、ある一軒家に入って行った。

その日はその家に泊まり、翌日、その家から仕事に行き、

そして仕事を終えて自宅に帰った。

更に調査を進める。

ある日曜日、Aさんが自宅を出て、先日訪問した一軒家に入った。

1時間後、その家からAさん、30代の女性、その両親と思われる4人で出てきて、

Aさんの車に乗り、不動産屋に行き、部屋を借りる契約をする。

その後、家電量販店に行き、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、掃除機などを父親が購入する。

探偵が店内で尾行し、会話を聞いていると、来月の引越しの準備をしているようだ。

その状況に探偵も悩んでしまった。

翌日、妻 B子さんに全ての内容を報告する。

B子さんは今までの我慢もあり、怒りがこみ上げてきたようだ。

B子さんは「私がその家に直接乗り込み、話しをしたい」とのこと。

探偵も了解し、その準備に入る。

Aさんは身長が195センチの大男、そして凶暴である。

翌日、Aさんがその家に行き、ガラス越しに室内の様子を伺っていると、

女性の家族と食事をしているAさんを確認する。

食事も終わり、いよいよ突入である。

Aさんと当社女性スタッフが、B子さんの友人との設定で

その家の呼び鈴を押すことにする。

男性探偵4名を家の外で待機させ、Aさんが暴れた時に備える。

いよいよ、呼び鈴を押すとAさんが家人のように玄関に出てきて、

B子さんの顔を見るなり「帰れ、何しに来たんだ」と怒鳴るが、

玄関の外にいる男性探偵4人を見るなり、

観念したのか玄関から走って外に出て行ってしまった。

その後、その家で、女性、両親と話をする。

その女性はAさんの取引先の資材会社の事務員。

Aさんはバツイチで先妻に子供は無く(本当は2人います)、

母が癌の末期で余命数ヶ月であり(本当はAさんのお母さんはすこぶる元気)、

父はすでに他界している(お父さんも元気です)と話していたようである。

その女性も結婚を望んでおり、女性の両親も結婚には賛成していたようだが、

Aさんが余命少ない母を看取ってから結婚させて下さい

(本当は現在、結婚しているのだから当然、結婚などできない)と言っていた。

女性の父もその話(全部嘘です)に同意し、入籍は落ちついてからにしても、

娘と一緒に住むための準備として、家財購入などのサポートをしていたようである。

B子さんの話を聞いた両親は騙されたと激怒した。

その後、紆余曲折があり、B子さんは当社紹介の弁護士を代理人として、

Aさんに慰謝料、養育費の請求をし、離婚が成立した。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵事務所  苫小牧ホームページ

興信所 伊達 浮気問題~不倫相手から「早く離婚して!」メール

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

夫 Aさん(33歳)妻 B子さん(32歳)長女(2歳)の3人家族。

妻のB子さんより、当社無料電話相談室にご相談をいただいたのは、

北海道も暖かくなってきた6月の頃。

相談の内容は、夫 Aさんからの突然の離婚要求についてである。

Aさん夫婦は結婚8年。

二ヶ月前、Aさんから突然「お前のことはもう愛していない」

「自由になりたい」「この家庭は俺にとっては邪魔なだけだ」などと言い、

離婚を強引に迫ってくる状況。

そして、あろう事か浮気相手の女性は、

夫の携帯電話から妻にメ−ルを送りつけてきたりするような事もあった。

内容としては、『Aさんは私のことが好きなんだから、早く別れろ』という

悪質なメ−ルであった。

その事をB子さんが問い詰めると、Aさんは暴言を吐き、壁を蹴るなど、

威圧するような行為をしたり、B子さんは恐怖の毎日であった。

その数日後からAさんは、朝6時に帰宅するようになり、

着替えをして会社に出勤する。

翌日も翌々日も朝6時に帰宅する日が続く。

B子さんが、夜は何処に行っているかを訊ねると

「家に帰りたくないから車で寝ている」と言い張るのである。

B子さんと十分に打ち合わせをし、夫の行動調査の依頼をいただいた。

早速、翌日より調査開始。

会社から退社後のAさんの尾行を開始する。

会社の駐車場から出てきたAさんの車が到着したのは、

なんと、Aさんの自宅から距離にして数km程しか離れていない、

アパ−トの駐車場であった・・・

そして、そのアパートの2階の部屋に入っていったのである。

1時間後、その部屋から女性と一緒に出てきて、

スーパーに行き夕食の買い物をする。

またその女性は、先ほど探偵が張り込みをしていた

Aさんの会社から出てきた女性であった。

スーパーでは仲良く手をつなぎ買い物をしている状況を確認、

駐車場では、車に乗り込む前にキスをしている。

探偵は調査を進めて行く。

その女性は会社の同僚であり、会社の飲み会をきっかけに親しくなったようで、

Aさんは毎日女性のアパ−トに宿泊している状況を確認する。

現在、当社紹介の弁護士がB子さんの代理人となり、

夫に対しては、離婚及び慰謝料、養育費、財産分与について、

浮気相手の女性に対しては、慰謝料の請求を行っている・・・。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。
(株)アイシン探偵事務所  伊達ホームページ

興信所 富良野 単身探赴任先で疑似家族

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例

Aさん(45歳)、 妻 B子さん(41才)、長男(12歳)、次男(9歳)の4人家族。

夫 Aさんは大手保険会社の支店長。

8月の中旬、妻のB子さんより、当社無料相談室にお電話を頂いた。

今年の4月に夫 Aさんが自宅のある3つどなりの町の営業所に転勤になった。

転勤先の営業所は高速道路を利用することにより、

十分に通勤できる距離である。

会社側も高速道路利用の経費は負担してくれる。

だがAさんは、その町にアパートを借り、単身赴任をしている。

最初は毎週、日曜日には自宅に戻って来ていたが、

だんだんと帰ってこなくなり、最近では月に1度の帰宅である。

また、友人から夫 Aさんの女性関係の噂が耳に入ってきたようです。

そこで当社に夫 Aさんの単身先での行動調査の依頼となった。

早速、調査を開始する。

勤務は午後8時には終わり、その後コンビニなどに寄りアパートに戻る。

特に行動に問題はない。

休日の土曜日、朝から車に乗り出掛ける。

高速道路に乗り、妻の住んでいる町まで行く。 

探偵は妻の待つ自宅に戻ると想定したが、到着したのは、とある団地。

車から降り、その団地2階の家に入る。

数時間後、Aさん、女性、男の子2名の4人で出てくる。

ある大型スーパーの駐車場に到着し、車を降りて店に入る4人。

まるで親子のようである。

子供の年齢も自分の子供と同じような年頃である。

探偵も困惑をする。

その日はAさんが、その女性の家に宿泊をし、

翌日の日曜日の夕方に単身赴任先のアパートに帰った。

妻の待つ自宅には一度も戻らずに・・・・

調査を進めていくと、その女性は

以前の営業所に勤務している、バツイチ 子持ちであった。

なんとその女性の子供達の年は、自分の子供達と同じ年であった。

Aさんは、転勤前からその女性と交際をしており、

転勤を機に交際が、更に深くなっていったようである。

妻 B子さんのショックは大きかった。

浮気だけでも辛いのに、自分の子供達を置き去りにして、

浮気相手の女性と、その子供達と擬似親子関係をしていたのである。

探偵もアドバイスに困ってしまった。

現在は当社紹介の弁護士を通じ、離婚と慰謝料、

相手女性に対しての慰謝料請求を申し立てている。

探偵も非常に辛い調査であった・・・・。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  富良野ホームページ

興信所 伊達 浮気問題~不倫相手は大学生

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

浮気調査事例  

夫 Aさん(36歳) 妻 B子さん(33歳) 長男(11歳) 3人家族。

夫 Aさんからのご相談は妻からの突然の

離婚調停の申し立てについてであった。

B子さんは2年前に一度、浮気をしており、

夫との話し合いで「今後、その男性との交際は一切しない」との合意をしている。

だが、その後の夫婦関係についてはギクシャクしており、

家庭内別居に近いものであったようだ。

また、最近B子さんはパート先の飲み会や残業などが多く、違和感があったようだ。

離婚調停においてのB子さんの要求も非常に一方的で

「養育費は2人の子供に対して合計10万円」

「引越し費用その他の経費として200万円」とのこと。

Aさんと綿密な打ち合わせを行った後、調査依頼となった。

まず、A子さんの行動調査をし、浮気などの不貞行為が無いのか?

また、以前の浮気相手の男性との交際状況。

その中で「奥さんの原因があればその事柄についての明確化および証拠取得」

早速、B子さんの日常の行動調査を開始する。

当初は以前の浮気男性との交際を想定していたが、

その男性はすでに結婚をしており、B子さんとの接触はない。

そこで、継続してB子さんの行動調査を続ける。

気になる点がでてきた。

B子さんがパート先のアルバイトの大学生を頻繁に車で送って行くのである。

また、その大学生の自宅に送って行くと、そのまま自宅に入っていくのである。

勤務が休みの時も、その大学生の自宅に入り浸る状況。

Aさんに「女友達と飲みに行く」と言っては深夜まで大学生の自宅に行く。

大学生の家族は、父、母、本人、弟の4人である。

調査結果としては、B子さんとその大学生は性的な関係も含めて交際をしていた。

探偵も絶句であった。

年齢も13歳離れており、一方は子供が2人もいる主婦、相手は19歳の大学生。

常識的にはありえない組み合わせである。

Aさんは当社紹介の弁護士に委任をし、

B子さんと大学生に対しての慰謝料の請求と子供の親権の要求である。

結果としてB子さんは慰謝料を支払い、

大学生は未成年であり支払い能力が無いため、

親が管理不足の迷惑料としての支払いで合意がなされた。

現在はAさんが実家に戻り、両親の協力を得ながら、長男と暮している。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵社では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・富良野・根室・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵社 伊達ホームページ